ネットサービス・アプリ 医療・医薬・福祉

注目のAgeTech領域第一号案件・シニア向け暮らしの相棒サービス「もっとメイト」のMIHARUに出資

Z Venture Capital株式会社
Z Venture Capital株式会社(以下、ZVC)は、このたび「もっとメイト」を提供する株式会社MIHARU(以下、MIHARU)による第三者割当増資の引受を行いましたので、お知らせいたします。




【「もっとメイト」のご紹介】
「もっとメイト」は、シニアの孤独感解消と自尊心向上を目的とした暮らしの相棒サービスです。自宅訪問型でユーザーに対し個別対応を行うことによって、お一人お一人の潜在的なご要望を引き出し実現させていきます。孫世代の若いスタッフが定期的にお客様のお宅を訪問し、ご要望に合わせたオリジナルプログラムを作成、暮らしがもっと豊かに楽しくなるサポートをします。サポート内容は、スマートフォンやパソコンなどのデジタル支援やお話相手など多岐にわたります。
利用されているお客様から、「ちょっと出来のいい孫ができたみたい」「若いお友達ができた」「⽼後に光が差し込んだ!」とのお声をいただいております。

【出資の背景と目的】
今回ZVCのAgeTech(高齢者向けテクノロジー)領域の第一号案件として、MIHARU社に投資いたしました 。高齢者向けITサービスの可能性に関する従来の議論においては、高齢者のITリテラシーの低さゆえに利用が進まないとする考え方が支配的でした。高齢者のIT利用率が年々高まると共に、コロナ禍の影響でデジタル化が一足飛びに進展した現在は、従来普及の困難であったAgeTechサービスがついに開花するタイミングだと考えています。
領域自体の可能性に加え、サービスのプラットフォームとしての拡張性、ミッションドリブンな経営者である赤木氏のお人柄も投資の決め手となりました。

【関係者からのコメント】
・赤木円香(MIHARU 代表取締役)
当社は「シニアのわくわくを創造する」をミッションに掲げ、年を重ねるごとに前向きになれる新たな超高齢化社会を実現させたいと思っております。到底一人では難しく、一緒に伴走いただけるパートナーを探す中で、Z venture capitalさんと出会いました。弊社が運営する暮らしの相棒「もっとメイト」の価値と可能性を信じ、同じ目線で未来を構想してくださる堀さん・岡本さんに出資いただけることを大変光栄に思います。決して、簡単な道のりではありませんが、一人でも多くのシニアのお客様の笑顔を引き出せるように邁進してまいります。

・堀 新一郎(ZVC 代表取締役社長)
Z Venture Capitalでは今後の注力投資領域として、AgeTech(シニア世代向けテクノロジー)を掲げています。赤木さんにお会いし、シニア世代の暮らしを豊かにしたいという情熱に心動かされました。赤木さんを始めとするMIHARUメンバーによるシニア向けサービスのUPDATE、応援しています!

・岡本紫苑(ZVC プリンシパル)
MIHARU社へ投資をさせていただいた理由は、市場の成長性に加え、「もっとメイト」が若年層×シニアのマッチングプラットフォームとして大きな可能性を秘めていると感じたためです。同社スタッフは高齢者の最も身近な暮らしの相棒となり、他社には把握できないニーズやデータを収集することができます。コンシェルジュサービスそのものは一見アナログですが、ヒューマンタッチなサービスを軸に、テクノロジーを活用した効率化や付加サービス提供による事業拡大が可能だと考えています。
CEOの赤木氏は、ご自身の体験に基づき強い理念を持って創業された起業家です。持ち前の明るさと愛されキャラで、必ずや日本中のシニアにわくわくを届けてくれることと思います。MIHARU社と共に時代の先駆けとなるAgeTechサービスを創り、超高齢化社会に突入する日本をUPDATEしていけるよう、Zホールディングスグループ一丸となって伴走させていただきます!

【会社概要】
・MIHARUについて
商号:株式会社MIHARU
代表取締役:⾚木円香
所在地:東京都渋谷区神宮前3-37-1-1108
URL:https://www.miharu-inc.jp/

・Z Venture Capitalについて
Z Venture Capitalの前身であるYJキャピタルは、2021年4月にLINE Venturesと合弁し、Z Venture Capital に商号変更しました。Zホールディングス株式会社のCVC(コーポレートベンチャーキャピタル)として、将来性のあるスタートアップの支援をグローバルで行っています。
代表: 堀 新一郎
本社: 東京都千代田区紀尾井町1-3 東京ガーデンテラス紀尾井町 紀尾井タワー
URL: http://zvc.vc/
企業プレスリリース詳細へ
PR TIMESトップへ
本コーナーの内容に関するお問い合わせ、または掲載についてのお問い合わせは株式会社 PR TIMES ()までご連絡ください。製品、サービスなどに関するお問い合わせは、それぞれの発表企業・団体にご連絡ください。

関連記事(PRTIMES)