広告・マーケティング 医療・医薬・福祉

生殖補助医療技術の市場規模、2027年には4億6380万米ドル到達予測

株式会社グローバルインフォメーション
株式会社グローバルインフォメーションは、市場調査レポート「生殖補助医療(ART)および子宮卵管造影(HSG)用カテーテル市場:市場規模・シェア・新型コロナウイルス感染症(COVID-19)の影響分析(2021年~2027年)HSGカテーテル、生殖補助医療(採卵針、マイクロピペット、その他)」(iData Research Inc.)の販売を8月3日より開始いたしました。 【 当レポートの詳細目次 】 https://www.gii.co.jp/report/ida1010051-assisted-reproduction-technology-hsg-catheter.html




生殖補助医療技術(ART)とHSGカテーテルの市場規模は、今後確実に増加し、2027年にはそれぞれ4億6380万米ドルと、1710万米ドルに達すると予測されています。

生殖補助医療技術市場では、Cooper Surgical、Cook Medical、Vitrolifeがシェアの大部分を占めています。同様に、HSGカテーテル市場では、Cooper Surgical、Cook Medical、Argon Medicalの主要3社が市場を占めています。この市場は、70カ国以上を対象とした、卵子採取針、マイクロピペット、胚移植用カテーテル、生殖用メディアなどの分野が含まれます。生殖用メディアの市場に関しては、培養、操作、精子調製、凍結・解凍用メディアに細分されます。

生殖補助技術機器は、市場には存在していましたが、一般化してきたのは最近です。この市場における、生殖補助医療機器の価格は、実施されたサイクル数に結びついています。そのため、体外受精(IVF)や顕微授精(ICSI)の患者一人当たりの価格は、居住国や年齢などいくつかの条件によって異なります。HSGカテーテルについても、販売本数の増加と平均販売価格の上昇により、市場の拡大が見込まれています。COVID-19の影響により、これらのサービスの多くのタイムラインは変化しています。

体外受精、卵細胞質内精子注入、卵子回収の手順数

生殖補助医療技術とHSGカテーテル市場は、体外受精、細胞質内精子注入、卵子回収の手順数に基づき分析されています。

生殖補助医療市場に関する考察

生殖補助医療機器の最大市場は、アジア太平洋地域で、西欧地域がこれに続きます。これらの地域では、少子化対策の一環として、体外受精が行われています。セグメント別では、再生メディア市場が最大でした。

HSGカテーテル市場の洞察

HSGカテーテルの最大市場は、北米でした。アジア製のカテーテルが市場に参入したことにより、平均販売価格は安定しています。今後、処置率の向上により販売本数の増加が見込まれています。しかし、COVID-19の影響で生殖補助医療の施術数が減少していることから、HSGカテーテル市場はいくつかの困難に直面することになると予測されます。


【 無料サンプル 】
当レポートの無料サンプルは、こちらからお申し込みいただけます。
https://www.gii.co.jp/report/ida1010051-assisted-reproduction-technology-hsg-catheter.html

【本件に関するお問合せ先】
販売代理店 株式会社グローバルインフォメーション
TEL:044-952-0102(9:00-18:00 土日・祝日を除く)
E-mail:dbm@gii.co.jp
URL:https://www.gii.co.jp

【株式会社グローバルインフォメーション 会社概要】
1995年の創立以来、海外市場調査レポートの販売を通じて企業のグローバル展開を支援しています。世界6カ国に拠点を持ち、海外の提携調査会社250社以上が発行する調査資料約10万点をワンストップでご提供。市場情報販売のグローバル・リーディングカンパニーを目指し、企業ならびに社会の発展に寄与すべく、お客様にとって真に価値ある情報をお届けしています。

創立:1995年
所在地:215-0004 神奈川県川崎市麻生区万福寺1-2-3 アーシスビル7F
事業内容:市場調査レポート/年間契約型情報サービスの販売、委託調査の受託、国際会議/展示会の代理販売
市場調査レポート/年間契約型情報サービス:https://www.gii.co.jp
委託調査:https://www.gii.co.jp/custom_research/
国際会議/展示会:https://www.giievent.jp/partnering.shtml
企業プレスリリース詳細へ
PR TIMESトップへ
本コーナーの内容に関するお問い合わせ、または掲載についてのお問い合わせは株式会社 PR TIMES ()までご連絡ください。製品、サービスなどに関するお問い合わせは、それぞれの発表企業・団体にご連絡ください。

関連記事(PRTIMES)