企業向けシステム・通信・機器 医療・医薬・福祉

【サービス導入事例:埼玉県さいたま市様】全国初となる感染症予報の実証実験を実施。市公式LINEでインフルエンザ予報を発信

株式会社日立社会情報サービス

株式会社日立社会情報サービス(代表取締役 取締役社長:松谷 淳/以下、日立社会情報サービス)は、流行予測AIを活用し、医療機関を中心としたさまざまなデータに基づき地域別の感染症流行予報を提供する「感染症予報サービス」を販売しています。このたび、本サービスの埼玉県さいたま市(以下、さいたま市)様における導入事例を当社Webサイトに公開しましたので、是非ご覧ください。

導入事例(埼玉県さいたま市様)
https://www.hitachi-sis.co.jp/sp/sicknews/voice/saitama.html?utm_source=nr&utm_medium=nr210804&utm_campaign=sicknews
「感染症予報サービス」さいたま市実証実験の運用イメージ

令和元年度および2年度に、損害保険ジャパン株式会社(損保ジャパン)、日立社会情報サービス、株式会社日立製作所(日立製作所)の3社と埼玉県さいたま市が協創し、流行予測AIを活用した感染症予報の実証実験を行いました。感染症予報は市民の感染予防に対する意識を高め、行動変容につなげることをねらいとし、実証実験では市公式LINEによるインフルエンザ予報の発信などを実施した結果、70%以上の利用者から継続的な情報配信を希望されるなど、市民生活の向上につながる成果を挙げることができました。

■「感染症予報サービス」について
「感染症予報サービス」は、全国地域別の4週間先までの感染症罹患者数をAI(機械学習)によって予測し、その予報情報を提供するサービスです。従来の「罹患してから対策を講じる」ではなく、地域別の感染症の流行を早期に把握し備えながら予防に取り組むことで、例えば共働き家庭であれば、子どもが元気で親も安心して働けるライフスタイルをめざして開発しました。対象とする感染症はインフルエンザですが、今後順次拡大予定です。新型コロナウイルスへの活用にも期待が高まっています。

「感染症予報サービス」の提供画面と使用イメージ

感染症予報サービス
https://www.hitachi-sis.co.jp/sp/sicknews/index.html?utm_source=nr&utm_medium=nr210804&utm_campaign=sicknews

■「感染症予報サービス」の特長
(1)4週間先までの地域別流行予報を4段階の色分けで提供
全国地域別の4週間先までの感染症罹患者数を、LINEなどのSNSやWebを通じて提供。流行度合を4段階(レベル0~3)の色別に分けて、地図やグラフで視覚的に表示します。
(2)流行予測AIとビッグデータの活用により高精度な分析を実現
日本医師会ORCA管理機構が全国約4,300の協力医療機関から提供を受け、インフルエンザを含む感染症の罹患者数データを地域別にまとめたリアルタイムデータ「ORCAサーベイランス」を活用。その他、さまざまなデータを組み合わせて当社のAI技術で分析します。
(3)さまざまなユースケースに対応
ECサイトにおける活用:関連対策商品の販促やSNSを通じたおすすめ情報の配信
在庫管理システムとの連携:在庫管理の最適化や需要予測・自動配信
実店舗における活用:サイネージを活用した販促や店舗・品出しのレイアウト支援

■「感染症予報サービス」の動画
「感染症予報サービス」の概要や具体的な利用シーンを動画でご覧いただけます。

民間企業様向けサービス
https://www.youtube.com/embed/13FxgTvrwdU?rel=0&autoplay=1?utm_source=nr&utm_medium=nr210804&utm_campaign=sicknews
自治体様向けサービス
https://www.youtube.com/embed/UmoorR0ZSjA?rel=0&autoplay=1?utm_source=nr&utm_medium=nr210804&utm_campaign=sicknews
具体的な利用シーン
https://www.youtube.com/embed/63ncK_7eLOY?rel=0&autoplay=1?utm_source=nr&utm_medium=nr210804&utm_campaign=sicknews

■株式会社日立社会情報サービスについて
会社名:株式会社日立社会情報サービス
資本金:5億円
従業員数:2,440名(2021年4月1日現在)
主な事業:
1. システムインテグレーション事業
2. システム運用サービス事業
3. パッケージ・ソリューション事業
対象分野:公共・社会・金融・産業・ヘルスケア
URL:https://www.hitachi-sis.co.jp/?utm_source=nr&utm_medium=nr210804&utm_campaign=sicknews

■商標注記
本リリースに記載されている会社名、製品名、サービス名は、各社の登録商標または商標です。

■本件に関するお問い合わせ先
株式会社日立社会情報サービス CSR部 広報グループ[担当:森崎・照屋・原]
〒140-0013
東京都品川区南大井6丁目26番3号 大森ベルポートD館 17階
お問い合わせフォーム:
https://inquiry.hitachi-sis.co.jp/webapp/form/21057_xdfb_2/index.do?utm_source=nr&utm_medium=nr210804&utm_campaign=sicknews

--------------------------------------------------
このニュースリリース記載の情報(製品価格、製品仕様、サービスの内容、発売日、お問い合わせ先、URLなど)は、発表日現在の情報です。予告なしに変更され、検索日と情報が異なる可能性もありますので、あらかじめご了承ください。
--------------------------------------------------
企業プレスリリース詳細へ
PR TIMESトップへ
本コーナーの内容に関するお問い合わせ、または掲載についてのお問い合わせは株式会社 PR TIMES ()までご連絡ください。製品、サービスなどに関するお問い合わせは、それぞれの発表企業・団体にご連絡ください。

関連記事(PRTIMES)