ネットサービス・アプリ 企業向けシステム・通信・機器

アウトソーシングテクノロジー、バイタルセンシングのリーディングカンパニー株式会社センシングと戦略的提携を締結

OSTech
株式会社アウトソーシングテクノロジー(本社:東京都千代田区、代表取締役社長:茂手木 雅樹、以下 OSTech)は、非接触バイタルセンシング技術のリーディングカンパニーである株式会社センシング(本社:東京都港区、代表取締役:金 一石、以下 センシング)と、戦略的提携を締結いたしました。




■目的・背景
OSTechは昨年来より、色素成分分離技術に基づいた正確な計測を誇る非接触バイタルセンシング技術のリーディングカンパニー、センシングと協業。社会的課題ともいえる就業者のメンタルヘルスケアを、テクノロジーの活用により推進するべく、同技術を用いたメンタルヘルス不調の予兆検知に関わる研究に協力してきました。
センシングは、スマートフォンやPCに搭載されているカメラで顔の動画を撮影するだけで、脈拍や交感神経・副交感神経等、バイタル情報の取得が可能な非接触のバイタルセンシング技術を提供しています。この技術はSDK形式で提供され、お客様のニーズに合わせて様々な開発が可能です。具体的な例として、オンライン診断・メンタルケア・健康増進型保険・ドライバー分析等、医療・ケアサービス分野を中心とした様々な産業での活用が期待されています。戦略的提携の締結により、OSTechは本非接触バイタルセンシング技術製品の複数年の独占販売権を取得。同製品の先進技術にOSTechの開発力や技術力を活用することで、アフターコロナの社会的課題の解決に取り組みます。

■今後の展望
センシングが保有する技術は、環境変化に頑強で、屋内・屋外を問わず計測でき、屋外での現場作業に従事する作業員に対しても、アプリでヘルスケア管理する等の応用が可能です。また、メラニン色素値を色素成分分離するため、肌の色の影響を受けにくく、日本人、外国人を問わず正確に計測することも期待できます。
今後もマーケットのニーズに合わせた機能拡張が可能であるといった点からも今回の提携は、作業員の安全・健康管理のデジタル化を推進することによって、SDGsの目標「働きがいも経済成長も」の実現に寄与し、社会全体のDX化に貢献できるものと考えています。
OSTechは今後も、オンリーワンの技術やサービスを保有する企業との戦略的提携を通じて、新たなサービスを創出し、「人財とテクノロジー」が生みだす高付加価値のサービスを提供してまいります。

■センシングの概要
社名 :株式会社センシング
HP :https://www.sensing-art.com
代表者 :代表取締役 金 一石
本社所在地 :東京都港区愛宕2-5-1 グリーンヒルズMORIタワー34階
事業内容 :非接触生体情報取得技術を活用したサービスの開発、販売、サポート等
設立年月 :2019年12月
資本金 :30百万円(準備金含む)

■OSTechの概要
社名 :株式会社アウトソーシングテクノロジー
HP :https://www.ostechnology.co.jp
代表者 :代表取締役社長 茂手木 雅樹
本社所在地 :東京都千代田区丸の内一丁目8番3号 丸の内トラストタワー本館16・17階
事業内容 :・R&Dに特化した機械・電子・電気・ソフトウェアの技術者派遣及び開発請負
      ・職業紹介業務(専門職の職業紹介)
      ・企業向けネットワーク、コンピュータ及び情報通信システム関連のハードウェア・ソフトウェア・
       サービスの輸出入、販売、設計・構築、保守・その他技術サービス等
設立年月 :2004年12月
資本金 :483百万円
売上高 :104,387百万円(2020年12月期 連結)
在籍技術者数:連結 18,150名(2020年12月末現在)

関連サイト
https://www.ostechnology.co.jp/information/press/2020/1029_1
企業プレスリリース詳細へ
PR TIMESトップへ
本コーナーの内容に関するお問い合わせ、または掲載についてのお問い合わせは株式会社 PR TIMES ()までご連絡ください。製品、サービスなどに関するお問い合わせは、それぞれの発表企業・団体にご連絡ください。

関連記事(PRTIMES)