広告・マーケティング 医療・医薬・福祉

子宮筋腫塞栓術(UFE)デバイスの市場規模、2027年に9200万米ドル到達予測

株式会社グローバルインフォメーション
株式会社グローバルインフォメーションは、市場調査レポート「子宮筋腫塞栓術用デバイスの世界市場規模、シェア、COVID-19影響分析(2021年~2027年)MedCore:ミクロスフェア、PVA粒子別セグメント」(iData Research Inc.)の販売を8月4日より開始いたしました。 【 当レポートの詳細目次 】 https://www.gii.co.jp/report/ida1010049-uterine-fibroid-embolization-device-market-size.html




子宮筋腫塞栓術(UFE)デバイスの市場規模は、2027年には9200万米ドルに達すると予測されています。

子宮筋腫塞栓術デバイスの市場は、Merit Medical SystemsとBoston Scientificがシェアの大半を占めています。同市場にはマイクロスフィア法とPVA粒子法を含みます。

子宮筋腫塞栓術(UFE)は、子宮動脈塞栓術としても知られており、子宮筋腫に対する放射線治療の一つです。この方法は全身麻酔を必要とせず、子宮筋腫摘出術の代替手段を望む女性に適しています。子宮摘出術よりも低侵襲な方法で、回復期間も短く、傷跡もほとんど残りません。

子宮筋腫塞栓術デバイス市場の考察

子宮筋腫塞栓術市場は、緩やかな成長を続けると思われます。市場全体は、マイクロスフィア市場とPVA粒子市場のサブセグメントで構成されています。セグメント別に見ると、マイクロスフィアは医師に好まれるため、2020年のUFE市場では大半を占めています。マイクロスフィアとPVA粒子の両市場は、COVID-19パンデミックの影響を大きく受けると予想されます。

市場シェアに関する考察

子宮筋腫塞栓術デバイス市場全体では、Merit Medical Systemsが圧倒的なシェアを持ち、リーダーとしての地位を確立しています。同社は、子宮筋腫塞栓術用の製品としてエンボスフィア(R)マイクロスフィアを販売するためのFDA承認を最初に取得し、マイクロスフィア市場でいち早く頭角を表わし、その後もその地位を維持し続けています。


【 無料サンプル 】
当レポートの無料サンプルは、こちらからお申し込みいただけます。
https://www.gii.co.jp/report/ida1010049-uterine-fibroid-embolization-device-market-size.html

【本件に関するお問合せ先】
販売代理店 株式会社グローバルインフォメーション
TEL:044-952-0102(9:00-18:00 土日・祝日を除く)
E-mail:dbm@gii.co.jp
URL:https://www.gii.co.jp

【株式会社グローバルインフォメーション 会社概要】
1995年の創立以来、海外市場調査レポートの販売を通じて企業のグローバル展開を支援しています。世界6カ国に拠点を持ち、海外の提携調査会社250社以上が発行する調査資料約10万点をワンストップでご提供。市場情報販売のグローバル・リーディングカンパニーを目指し、企業ならびに社会の発展に寄与すべく、お客様にとって真に価値ある情報をお届けしています。

創立:1995年
所在地:215-0004 神奈川県川崎市麻生区万福寺1-2-3 アーシスビル7F
事業内容:市場調査レポート/年間契約型情報サービスの販売、委託調査の受託、国際会議/展示会の代理販売
市場調査レポート/年間契約型情報サービス:https://www.gii.co.jp
委託調査:https://www.gii.co.jp/custom_research/
国際会議/展示会:https://www.giievent.jp/partnering.shtml
企業プレスリリース詳細へ
PR TIMESトップへ
本コーナーの内容に関するお問い合わせ、または掲載についてのお問い合わせは株式会社 PR TIMES ()までご連絡ください。製品、サービスなどに関するお問い合わせは、それぞれの発表企業・団体にご連絡ください。

関連記事(PRTIMES)