デジタル製品・家電 その他

さらにおいしく、使いやすく。シロカの電気圧力鍋がリニューアル新発売!「おうちシェフPRO」「おうちシェフ」の選べる2シリーズ

シロカ株式会社
~おうちシェフPROは業界最高クラス※1の高圧力95kPaを実現。独自技術「スマートプレッシャー技術」を搭載~

シロカ株式会社(東京都・千代田区、以下シロカ)は、さらにおいしさと使いやすさを追求して電気圧力鍋を全面リニューアルし、自分に合った機能で選べる2シリーズ「おうちシェフPRO」「おうちシェフ」を2021年9月24日に発売します。



  製品ページURL:https://www.siroca.co.jp/product/ouchichef/

シロカの電気圧力鍋は2015年11月の発売以降、多くのお客様にご愛顧いただき、2021年6月にはシリーズ累計出荷台数40万台を突破したシロカの人気製品です。
2015年の発売当初、電気圧力鍋市場はまだまだ認知も低く小さな市場でしたが、材料を入れてボタンを押すだけで本格的な料理ができる手軽さや、火を使わないほったらかし調理ができることから人気となり、さらに昨今の巣ごもり需要の高まりから注目を集める市場へと変化しています。おうちごはんの機会が増え、手軽さだけでなくおいしさや栄養バランスも妥協したくないというニーズが高まっている今、お客様のライフスタイルに合わせてお選びいただける電気圧力鍋「おうちシェフPRO」「おうちシェフ」の2シリーズを発売します。

「おうちシェフPRO」はより自分好みの調理や幅広い料理を求める方に、「おうちシェフ」は多忙なおうち時間の中で効率的に料理を作りたい方にぴったりな製品となっております。
中でも、「おうちシェフPRO」には、独自技術「スマートプレッシャー技術」を搭載し、業界最高クラスの高圧力で食材のおいしさを最大限に引き出しながらも自動減圧による調理時間の短縮を実現※2しました。


*「市場推定価格」は、発売前の製品について、市場での販売価格を当社が推定したものです。なお、製品の実際の販売価格は、各販売店により決定されます。




「おうちシェフPRO」について

■「おうちシェフPRO」製品特長
1. 独自技術「スマートプレッシャー技術」で、手軽にさらなるおいしさと時短を実現
2. 「かしこい予約プログラム」で暑い時季も菌が繁殖しにくく、衛生面に配慮した調理が可能
3. 低温調理や炒めもできる!調理の幅が広がる「1台10役」の多彩な調理方法
4. 豊富なオートメニューと清掃性に配慮した設計で「日々の使いやすさ」を実現
5. 安心・安全に配慮したやさしい設計で圧力調理がより身近に

1. 独自技術「スマートプレッシャー技術」で、手軽にさらなるおいしさと時短を実現

スマートプレッシャー技術とは、おいしさと時短をかなえる、シロカの独自技術(特許出願中)です。
業界最高クラスの高圧力を一定にかけ続けることのできる圧力制御により、食材のおいしさを最大限に引き出し、栄養成分を逃がしません。さらに、自動減圧機能により、高圧力になるほど長くなる減圧時間の短縮も実現※2しました。


「おうちシェフPRO」はスマートプレッシャー技術によって、より味がしみこみ、よりやわらかで本格的なおいしさと手早さをかなえます。魚は骨まで食べられるほど、ブロック肉はジューシーかつホロホロとほぐれるように、白米はふっくら、玄米はモッチリと仕上がります。


【写真】バクテー/スペアリブのやわらか煮

▼「スマートプレッシャー技術」について(動画)




2. 「かしこい予約プログラム」で暑い時季も菌が繁殖しにくく、衛生面に配慮した調理が可能
「かしこい予約プログラム」※2は、予約調理のスタート後すぐに加熱をし、細菌の繁殖しやすい温度帯を避けた温度(75℃)を維持するため、食材が傷みやすい時季の長時間予約も安心です。さらに、設定時間から逆算して自動で調理を行い、設定時間に合わせて料理が仕上がるため、ライフスタイルに合わせてお使いいただけます。



3. 低温調理や炒めもできる!調理の幅が広がる「1台10役」の多彩な調理方法
「おうちシェフPRO」は、「圧力調理・無水調理・蒸し調理・炊飯・スロー調理・温めなおし」に加え、加圧せず低温でお好みの時間(最大12時間)調理を行う「低温調理」、内なべで下ごしらえができる「炒め」、発酵のプロ・マルコメ株式会社監修の「発酵」、温度をお好みで設定可能な「温度調理」といった10通りの調理方法が可能なため、1台であらゆる料理を楽しむことができ、日々の献立の幅を広げることができます。


さらに、圧力調理ではこれまでの時間設定に加え、圧力値も自由に設定することができるため、食材や好みにあわせた圧力調理をお楽しみいただけます。

4. 豊富なオートメニューと清掃性に配慮した設計で「日々の使いやすさ」を実現
「おうちシェフPRO」では83種類の豊富なオートメニューを搭載しています。
基本の料理をはじめ、からだにやさしい料理や休日に楽しみたい料理、おもてなし料理、世界の料理など、幅広いメニューを搭載しており、オートメニューに対応したレシピブックが付属するため、購入したその日から多彩な料理を楽しむことができます。時間がない平日や料理にこだわりたい週末など、気分に合わせて「食べたい」を見つけることができるため、日々の献立の参考としてお役立てください。

「おうちシェフPRO」は、使い勝手で大切なポイントとなるお手入れのしやすさにもこだわっています。
洗うパーツは内なべの他、ふた、パッキン、蒸気ふたとなっており、丸洗い可能なので、お手入れも簡単で、いつでも清潔にお使いいただけます。



5. 安心・安全に配慮したやさしい設計で圧力調理がより身近に
「高圧力の調理器具は怖い」というネガティブなイメージを取り払い、毎日の生活で身近な家電としてお使いいただきたいという思いを表現したやわらかくシンプルな形状や落ち着いた質感の本製品は、安心・安全に配慮した設計も特長です。



蒸気ふたにより、減圧時に吹き出す蒸気の勢いを抑える安心設計となっています。
また、圧力調理時は、ふた検知機能により、ふたがきちんとロックされていないと動作しないよう設計されているため、安全にお使いいただけます。


※1 [調査方法]2021年7月時点で発売されている電気圧力鍋カテゴリーにおいて(自社調べ)
※2 食材や調理法によって、ご使用いただけないメニューもございます。



「おうちシェフPRO」製品画像


【製品画像(左から)】おうちシェフPRO(SP-2DM251)ホワイト/おうちシェフPRO(SP-2DM251)ダークブラウン/おうちシェフPRO(SP-2DP251)グレー



効率的に料理を作りたい方におすすめの「おうちシェフ」について




■「おうちシェフ」製品特長
1. シンプルな機能で手軽に楽しめる20のオートメニューと、63レシピ掲載のレシピブック付属
2. 「かしこい予約プログラム」で暑い時季も菌が繁殖しにくく、衛生面に配慮した調理が可能
3. 「圧力調理・無水調理・発酵・炊飯・スロー調理・温めなおし・炒め」1台7役の調理が可能
4. 清掃性や安心・安全に配慮した設計




「おうちシェフ」製品画像






「おうちシェフPRO」「おうちシェフ」製品概要



・「おうちシェフPRO」「おうちシェフ」「スマートプレッシャー技術」は2021年8月現在、商標登録出願中です。

製品ページURL:https://www.siroca.co.jp/product/ouchichef/
【参考】シロカの電気圧力鍋が、シリーズ累計出荷台数40万台を突破!:https://prtimes.jp/main/html/rd/p/000000074.000041147.html


【インスタライブ/8月5日20時】料理家・西山京子さんご出演のクッキングイベントを開催!「おうちシェフPRO」オリジナルレシピも

「ちょりママ」の愛称で「子どもも大人も一緒のごはん」をテーマに、簡単・時短・アイデアレシピを考案し日々発信している料理家の西山京子さんをお招きし、一足早く「おうちシェフPRO」の楽しみ方をご紹介するイベントをインスタライブにて8月5日20時に開催します。
(シロカ公式 Instagramアカウント「@siroca.jp」(https://www.instagram.com/siroca.jp/?hl=ja)よりご覧いただけます)

本イベントは、多彩な機能で幅広い調理が可能という本製品の特長を活かし、西山さんにご考案いただいたオリジナルレシピを実際に調理してご紹介するクッキングイベントです。さらに、料理家でありながら、二児のママでもある西山さんにおうちシェフPROを約2週間お使いいただいたリアルな感想もお話しいただきます。

【クッキングイベントを実施!アーカイブ動画はこちら】
https://www.instagram.com/tv/CSMcUDspI_9/?utm_source=ig_web_copy_link



シロカ株式会社について

”心豊かな暮らしを築く─ ていねいに、うつくしく、こだわって”
あたりまえに過ぎてしまう毎日のひとつひとつを、心身ともに潤う豊かなものに変えていきます。
お客様の心が豊かになるような家電製品をお届けしています。

シロカ公式サイト:https://www.siroca.co.jp/


【クレジットは下記の通りお願いいたします】
シロカ株式会社
〒101-0051
東京都千代田区神田神保町2丁目4番地
東京建物神保町ビル5階
TEL:0570-001-469
URL: https://www.siroca.co.jp/
企業プレスリリース詳細へ
PR TIMESトップへ
本コーナーの内容に関するお問い合わせ、または掲載についてのお問い合わせは株式会社 PR TIMES ()までご連絡ください。製品、サービスなどに関するお問い合わせは、それぞれの発表企業・団体にご連絡ください。

関連記事(PRTIMES)