広告・マーケティング 医療・医薬・福祉

人工肛門用バッグ市場、2021年から2026年にかけて緩やかな成長見込み

株式会社グローバルインフォメーション
株式会社グローバルインフォメーションは、市場調査レポート「人工肛門バッグ市場:世界の業界動向、シェア、規模、成長、機会、予測(2021~2026年)」(IMARC Services Private Limited)の販売を8月5日より開始いたしました。 【 当レポートの詳細目次 】 https://www.gii.co.jp/report/imarc999643-colostomy-bags-market-global-industry-trends-share.html




市場の概要
人工肛門(コロストミー)とは、体内の老廃物を排出するために、大腸の一端を腹部のストーマと呼ばれる目に見える開口部に迂回させる外科手術です。下部腸に問題がある場合に、大腸の感染、閉塞、まれに重度の外傷を軽減、停止、治癒させるために行われるもので、腸管転換術とも呼ばれています。手術後は、老廃物を回収するための小さな袋(コロストミーバッグ)をストーマの上に設置します。これらの袋は通常、ゴムやプラスチックなどの肌に優しい素材でできており、排泄物の処理が容易です。世界の人工肛門用バッグ市場は、2020年に約20億米ドルの価値に達しています。

市場の動向及び成長要因
癌、クローン病、炎症性腸症候群などの慢性疾患の増加に伴い、人工肛門の使用が増加し、人工肛門用バッグの世界市場が拡大しています。また、高齢者で尿路、大腸、膀胱に問題を抱えている人は、尿漏れをなくすために人工肛門用バッグを使用します。これにより、人工肛門用バッグの使用量が増加し、市場の成長を促進することが予想されます。さらに、各国の政府は、大腸がんなどの病気の治療のために行われる人工肛門手術に関する意識を高めるための取り組みを行っています。このことは、世界の人工肛門用バッグの市場成長に影響を与えるでしょう。さらに、技術の進歩により、耐久性、肌への優しさ、壊れにくさ、防水性に優れた人工肛門用バッグが製造されています。今後、世界の人工肛門用バッグ市場は、予測期間(2021年~2026年)に緩やかな成長を示すと予想されています。

主要な市場区分
タイプ別に、人工肛門用バッグ市場はドレナブル・ストーマバッグとケアアクセサリーに分類されています。現在、市場を支配しているのはドレナブル・ストーマバッグで、最も人気のある製品タイプを示しています。
エンドユーザー別では、小売薬局が最大のセグメントとなっています。その他の主なエンドユーザーは、病院、外来診療所、地域医療センター、その他です。
地域別では、北米、欧州、アジア太平洋、中東・アフリカ、ラテンアメリカに分類されています。

市場の競合状況
世界の人工肛門用バッグ市場における主要な企業としては、B. Braun社、Coloplast社、ConvaTec社、Hollister社、Marlen社、Oakmed社、T G Eakin社、Welland Medical社などがあります。


【 無料サンプル 】
当レポートの無料サンプルは、こちらからお申し込みいただけます。
https://www.gii.co.jp/report/imarc999643-colostomy-bags-market-global-industry-trends-share.html

【本件に関するお問合せ先】
販売代理店 株式会社グローバルインフォメーション
TEL:044-952-0102(9:00-18:00 土日・祝日を除く)
E-mail:dbm@gii.co.jp
URL:https://www.gii.co.jp

【株式会社グローバルインフォメーション 会社概要】
1995年の創立以来、海外市場調査レポートの販売を通じて企業のグローバル展開を支援しています。世界6カ国に拠点を持ち、海外の提携調査会社250社以上が発行する調査資料約10万点をワンストップでご提供。市場情報販売のグローバル・リーディングカンパニーを目指し、企業ならびに社会の発展に寄与すべく、お客様にとって真に価値ある情報をお届けしています。

創立:1995年
所在地:215-0004 神奈川県川崎市麻生区万福寺1-2-3 アーシスビル7F
事業内容:市場調査レポート/年間契約型情報サービスの販売、委託調査の受託、国際会議/展示会の代理販売
市場調査レポート/年間契約型情報サービス:https://www.gii.co.jp
委託調査:https://www.gii.co.jp/custom_research/
国際会議/展示会:https://www.giievent.jp/partnering.shtml
企業プレスリリース詳細へ
PR TIMESトップへ
本コーナーの内容に関するお問い合わせ、または掲載についてのお問い合わせは株式会社 PR TIMES ()までご連絡ください。製品、サービスなどに関するお問い合わせは、それぞれの発表企業・団体にご連絡ください。

関連記事(PRTIMES)