美容・健康 インテリア・雑貨

一度つけるともう戻れない!?不織布マスク専用フレーム「マスクのほね」が、予防対策グッズ専門店「MAMOL(マモル)」に登場。

株式会社岡田商会
大阪・八尾の町工場から生まれた、プラスチック金型成形の技術を生かしたスマートなマスクフレームが販売開始。一本の「ほね」でマスク内側を支える仕様で、マスク着用によるさまざまな問題を軽減します。


株式会社岡田商会(所在地:大阪府大阪市、店長:岡山耕二郎)はこのたび、自社オンラインショップ「MAMOL(マモル)」にて、一本の線でマスク内部を支えるマスクフレーム「マスクのほね」の販売を開始いたしました。

「マスクのほね」は、歯ブラシ用のプラスチック金型製造で日本トップシェアを誇る、大阪・八尾の武林製作所が開発した不織布マスク専用のマスクフレーム。


一度聞いたら忘れないネーミングは、白いプラスチックを成形した細長い形状をみた武林製作所社長の「それ、骨みたいやな!」というひと言から生まれました。


医療の現場はもちろん、対面での販売や美容院などのサービス、工場の製造ラインといった現場で働いている方々はマスクの着用がいまなお義務となっており、マスクが口まわりに密着していると息苦しかったり中が蒸れたり、気温の上昇が激しい夏場はとくにストレスが大きなものとなります。




「マスクのほね」は不織布マスクの中心を一本の線で支えるスマートな形状。マスクの両端にフックをかけてワンタッチで装着でき、内側に空間を作り、口まわりに触れることがなくとっても快適です。





夏のマスク着用による息苦しさや蒸れ、メイク崩れといったストレスが改善されるだけでなく、見た目にもまったく目立ちません。ご使用後は水洗いができ、繰り返し使うことができ経済的です。




ヒトの背骨はからだを支える大切なもの。マスクの中心に一本フレームを通すことでマスクを立体的に支えるイメージは、この骨のイメージにもぴったりと合います。


「MAMOL(マモル)」ではこれからも「安心できる予防対策を、日常に。」をモットーに、感染予防に役立つ商品・サービスをワンストップで提供してまいります。

※「マスクのほね」は、横幅175ミリのふつうサイズのマスク専用となります。
※ 横幅145ミリの小さめサイズのマスク専用フレーム「マスクのこぼね」も販売しています。

<参考URL>
マスクのほね
https://mamol.shop-pro.jp/?pid=162155387
マスクのこぼね
https://mamol.shop-pro.jp/?pid=162155449
MAMOL(マモル)
https://mamol.shop-pro.jp/

<商品詳細>
マスクのほね
材質:PBT(ポリブチレンテレフタレート)
色:白色
サイズ(約):横120×縦57×高さ6mm
重量:約2g
生産国:日本製
<商品詳細>
マスクのこぼね
材質:PBT(ポリブチレンテレフタレート)
色:白色
サイズ(約):横108mm ×縦47mm ×6mm
重量:約1.8g
生産国:日本製

※「マスクのほね」「マスクのこぼね」は株式会社武林製作所のオリジナル商品です(意匠・商標出願中)。
※「マスクのほね」は株式会社武林製作所の商標です。商標登録番号:登録第6409186号
※「MAMOL(マモル)」はマスクのほね、マスクのこぼねの正規販売店です。
企業プレスリリース詳細へ
PR TIMESトップへ
本コーナーの内容に関するお問い合わせ、または掲載についてのお問い合わせは株式会社 PR TIMES ()までご連絡ください。製品、サービスなどに関するお問い合わせは、それぞれの発表企業・団体にご連絡ください。

関連記事(PRTIMES)