広告・マーケティング 医療・医薬・福祉

婦人科切除デバイスの市場規模、2027年に1億1600万米ドル到達予測

株式会社グローバルインフォメーション
株式会社グローバルインフォメーションは、市場調査レポート「婦人科摘出術用デバイスの世界市場規模、シェア、COVID-19影響分析(2021年~2027年):MedCore - レクトスコープ、単極ループ電極、双極ループ電極別セグメント」(iData Research Inc.)の販売を8月5日より開始いたしました。 【 当レポートの詳細目次 】 https://www.gii.co.jp/report/ida1010053-gynecological-resection-device-market-size-share.html




婦人科切除デバイスの市場規模は、今後も増加し、2027年には1億1600万米ドルに達すると予測されます。

婦人科切除デバイス市場は、オリンパス、Richard Wolf, and、 Karl Storzがシェアの大半を占めています。同市場は、レゼクトスコープ、モノポーラループ電極、バイポーラループ電極の各分野を含みます。

女性の約20%から80%が50歳までに子宮筋腫を発症します。また、その最も多い年齢層は40歳から50歳です。子宮内膜筋腫や子宮出血のリスクが高い年齢層に入ると、それに伴い切除件数も増加する傾向にあります。

婦人科切除デバイス市場の考察

婦人科切除デバイスの最大市場は、北米地域です。レゼクトスコープは、代替市場であるため、販売台数は減少傾向にあります。現在の販売は、単極レゼクトスコープから、双極レゼクトスコープの購入へとアップグレードを目的としたものです。これと並行して、COVID-19により、婦人科切除デバイス市場も、子宮内膜アブレーション装置市場と同様の影響を受ける可能性があります。

市場シェアに関する考察

婦人科切除デバイス市場は、オリンパス、Richard Wolf, Karl Storzの主要プレーヤーにより支配されています。2020年の子宮内膜切除デバイス市場では、オリンパスがトップを占めていました。同社は、従来の切除鏡であるOES Proラインのデバイスを提供しているほか、TCRis手順も提供しています。同社は、筋腫の気化や子宮内膜の凝固のための様々な電極を提供しています。


【 無料サンプル 】
当レポートの無料サンプルは、こちらからお申し込みいただけます。
https://www.gii.co.jp/report/ida1010053-gynecological-resection-device-market-size-share.html

【本件に関するお問合せ先】
販売代理店 株式会社グローバルインフォメーション
TEL:044-952-0102(9:00-18:00 土日・祝日を除く)
E-mail:dbm@gii.co.jp
URL:https://www.gii.co.jp

【株式会社グローバルインフォメーション 会社概要】
1995年の創立以来、海外市場調査レポートの販売を通じて企業のグローバル展開を支援しています。世界6カ国に拠点を持ち、海外の提携調査会社250社以上が発行する調査資料約10万点をワンストップでご提供。市場情報販売のグローバル・リーディングカンパニーを目指し、企業ならびに社会の発展に寄与すべく、お客様にとって真に価値ある情報をお届けしています。

創立:1995年
所在地:215-0004 神奈川県川崎市麻生区万福寺1-2-3 アーシスビル7F
事業内容:市場調査レポート/年間契約型情報サービスの販売、委託調査の受託、国際会議/展示会の代理販売
市場調査レポート/年間契約型情報サービス:https://www.gii.co.jp
委託調査:https://www.gii.co.jp/custom_research/
国際会議/展示会:https://www.giievent.jp/partnering.shtml
企業プレスリリース詳細へ
PR TIMESトップへ
本コーナーの内容に関するお問い合わせ、または掲載についてのお問い合わせは株式会社 PR TIMES ()までご連絡ください。製品、サービスなどに関するお問い合わせは、それぞれの発表企業・団体にご連絡ください。

関連記事(PRTIMES)