広告・マーケティング 医療・医薬・福祉

手術用ブームの市場規模、2027年に5億3300万米ドル到達予測

株式会社グローバルインフォメーション
株式会社グローバルインフォメーションは、市場調査レポート「手術用照明・手術用ブームの世界市場:市場規模・シェア、新型コロナウイルス感染症 (COVID-19) の影響 (2021年~2027年) - 医療機器用ブーム、麻酔用/周術期介護用ブーム、ユーティリティ (汎用) ブームを含む」(iData Research Inc.)の販売を8月5日より開始いたしました。 【 当レポートの詳細目次 】 https://www.gii.co.jp/report/ida1010059-surgical-lighting-surgical-boom-market-size-share.html




手術用照明と手術用ブームの市場規模は、2027年にはそれぞれ4億9230万米ドル、5億3300万米ドルに達すると予測されます。

手術用照明の市場シェアは、Stryker、Skytron、Getingeが、その大半を占めています。一方、手術用ブームの市場シェアは、Stryker、Dräger、STERISが占めています。この市場は、70カ国以上を調査対象としており、機器用ブーム、麻酔・看護用ブーム、ユーティリティー用ブームの各セグメントを含みます。

手術用照明では、新しい照明システムを設置した際の重量や設計図に耐えられるような、丈夫なリフォーム用の天井が必要です。手術用ブームの場合は、天井支持構造を追加することで、コストがかかり、さらに、設置時間も長引く可能性があります。

手術用照明市場の洞察

過去5年間で、統合された手術室の数は着実に増加しています。手術室の統合には、多くの場合、手術用照明の導入がセットになっています。手術室の統合化が進むにつれ、手術用照明市場の成長が期待されています。手術室の新設は、ソフトウェアとの連携や障害物に左右されない照明などの製品イノベーションにつながり、手術用照明市場の主要な原動力になると考えられます。しかし、COVID-19は建設計画を遅らせており、その結果、同市場にも影響を与えています。

手術用ブーム市場の洞察
手術用ブーム市場の成長は、統合型およびハイブリッド型手術室市場の成長と密接に関連しています。ブームと照明は同じメーカーから一緒に購入されることが多いため、この2つの市場では似たような競合状況になっています。また、特殊な手術室やハイブリッド手術室の普及により、通常の手術室よりも多くの手術用ブームが必要となり、販売台数が増加しています。手術用照明市場と同様に、手術用ブーム市場も、COVID-19の建設遅延による影響を受けました。


【 無料サンプル 】
当レポートの無料サンプルは、こちらからお申し込みいただけます。
https://www.gii.co.jp/report/ida1010059-surgical-lighting-surgical-boom-market-size-share.html

【本件に関するお問合せ先】
販売代理店 株式会社グローバルインフォメーション
TEL:044-952-0102(9:00-18:00 土日・祝日を除く)
E-mail:dbm@gii.co.jp
URL:https://www.gii.co.jp

【株式会社グローバルインフォメーション 会社概要】
1995年の創立以来、海外市場調査レポートの販売を通じて企業のグローバル展開を支援しています。世界6カ国に拠点を持ち、海外の提携調査会社250社以上が発行する調査資料約10万点をワンストップでご提供。市場情報販売のグローバル・リーディングカンパニーを目指し、企業ならびに社会の発展に寄与すべく、お客様にとって真に価値ある情報をお届けしています。

創立:1995年
所在地:215-0004 神奈川県川崎市麻生区万福寺1-2-3 アーシスビル7F
事業内容:市場調査レポート/年間契約型情報サービスの販売、委託調査の受託、国際会議/展示会の代理販売
市場調査レポート/年間契約型情報サービス:https://www.gii.co.jp
委託調査:https://www.gii.co.jp/custom_research/
国際会議/展示会:https://www.giievent.jp/partnering.shtml
企業プレスリリース詳細へ
PR TIMESトップへ
本コーナーの内容に関するお問い合わせ、または掲載についてのお問い合わせは株式会社 PR TIMES ()までご連絡ください。製品、サービスなどに関するお問い合わせは、それぞれの発表企業・団体にご連絡ください。

関連記事(PRTIMES)