美容・健康

大人女性のウェルエイジング・ブランドWELLMETHOD(R)サイトオープン以来初めて、月間76万PVを達成!

株式会社ダイセル
株式会社ダイセル(本社:大阪市北区)が運営する大人のウェルエイジング・ブランド「WELLMETHOD(R)(ウェルメソッド)」のウェブサイト( https://wellmethod.jp )は、2021年7月度にサイトオープン以来初めて月間66万UU・76万PVを獲得いたしました。 (2021年7月度の月間UU:661,003、 PV:763,255 いずれもGoogle Analytics調べ)




■WELLMETHOD(R)とは
「WELLMETHOD(R)」は大人の女性のためのウェルエイジング・ブランドです。
年齢を重ねる女性特有の変化に真正面から向き合うブランドとして、40 代からの女性に特化した商品やメソッドをお届けするため、2019年12月18日にブランドサイトをオープン。総合監修医に予防医療のスペシャリスト・桐村里紗先生を迎え、すべての記事を医師が監修していることを特長とし、これまで364本の記事を配信してまいりました。

2021年1月より、新たに監修・執筆者として城谷昌彦先生(消化器内科医・ルークス芦屋クリニック)および藤井治子先生(産婦人科医・ハシイ産婦人科)が、また2021年6月からは臨床心理士である城谷仁美先生が加わり、専門的なことを、より正しく、わかりやすい記事として配信しています。

■閲覧数の多い人気記事
2020年11月に59万PVを獲得して以降、オーガニック検索による流入数が落ち込んでいましたが、2021年6月以降、オーガニック検索による流入数は徐々に増えてまいりました。
また、ニュースサイトからの流入数も増加傾向にあり、2021年7月度は、2021年7月12日に配信した記事『脳梗塞の前兆「一過性脳虚血発作」とは? 危険信号を見逃さないための症状と予防策』が、単記事で37万PVを達成し、PV数の新記録達成に貢献いたしました。
2019年12月18日のサイトオープンから2021年7月31日までの期間で、PV数上位5位までの記事は以下の通りです(Google Analytics調べ)。



【第1位】脳梗塞の前兆「一過性脳虚血発作」とは? 危険信号を見逃さないための症状と予防策
https://wellmethod.jp//transient-ischemic-attack/
(PV数:373,648)※主にニュースサイトからの流入による

【第2位】もういちご鼻にさようなら! もっとも効き目のある9つの治し方
https://wellmethod.jp//strawberry_nose/
(PV数:371,156)※主にオーガニック検索による

【第3位】微熱が続く原因は? 女性の更年期・その他の病気との違い
https://wellmethod.jp//slight_fever/
(PV数:181,014)※主にオーガニック検索による

【第4位】足を上げて寝るだけでむくみは解消できるのか? 自宅でできる簡単ケア
https://wellmethod.jp//swelling/
(PV数:146,936)※主にオーガニック検索による

【第5位】【医師解説】生理不順は閉経のサイン? 40代からの生理の特徴と付き合い方
https://wellmethod.jp//irregular_menstruation/
(PV数:145,557)※主にオーガニック検索による

「WELLMETHOD(R)」は今後も、生活者のヘルスリテラシーの向上に役立つよう、女性編集者・執筆者が生活者目線で、専門的な内容を分かりやすく解説し、より読みやすく親しみやすい記事を制作、配信してまいります。
また、コロナ禍が続く今、リアルのイベントへの参加や企画が難しい状態ですが、ブランドサイトや各SNSサービスを通じ、読者の方々と双方向のコミュニケーションがとれる多くの機会を提供してまいります。

■WELLMETHOD(R)概要
メディア名: WELLMETHOD(R)
ブランドサイトURL:https://wellmethod.jp
開設日:2019年12月18日
編集長:栗本雅子
運営会社:株式会社ダイセル
大阪本社所在地:〒530-0011 大阪府大阪市北区大深町3-1 グランフロント大阪タワーB
東京本社所在地:〒108-8230 東京都港区港南2-18-1 JR品川イーストビル
LINE公式アカウント: https://lin.ee/jUhADpI
多様性を考える特別コンテンツ「GutDiversity」:https://wellmethod.jp/gut-diversity/
企業プレスリリース詳細へ
PR TIMESトップへ
本コーナーの内容に関するお問い合わせ、または掲載についてのお問い合わせは株式会社 PR TIMES ()までご連絡ください。製品、サービスなどに関するお問い合わせは、それぞれの発表企業・団体にご連絡ください。

関連記事(PRTIMES)