出版・アート・カルチャー 医療・医薬・福祉

アートの力で人も社会もボーダーレスに。アーティスト新木友行(ギャラリー インカーブ | 京都に所属)のオリジナル作品が、イケシブアートウォールに登場!

社会福祉法人 素王会 アトリエ インカーブ
近年、国際的にも高い評価を集めている新木友行。今回のために描き下ろした「Mix No.1」が、渋谷にある約1.5 × 8mの巨大壁面に掲出されます。

新木友行が、 8月6日(金)からの約1ヶ月間、株式会社池部楽器店(本社:東京都千代田区 代表取締役社長:田中 義章)旗艦店「イケシブ(IKEBE SHIBUYA)」で次世代クリエイター応援活動「イケシブアートウォール」の第2回目のアーティストとして、オリジナル作品を掲出いたします。期間中はアーティスト特設コーナーを設置。オリジナルグッズ販売も開催!



アーティストの新木友行(ギャラリー インカーブ | 京都に所属)が、池部楽器店旗艦店「イケシブ(IKEBE SHIBUYA)」で今年3月にスタートした次世代クリエイター応援活動「イケシブアートウォール」の第2回目のアーティストとして、1.5 × 8mの巨大壁面にオリジナル作品を掲出いたします。

近年、国際的に高い評価を集めているアーティスト 新木友行。格闘家やスポーツ選手をモチーフに筋肉の動きや体のもつれなどを的確に捉える作風は躍動感にあふれ、その生き生きとした色彩は見る人に元気を与えます。この度、イケシブのために描き下ろしたオリジナル作品「Mix No.1」が、イケシブアートウォールに登場します。掲出期間は8月6日(金)からの約1ヶ月間。エネルギーに満ちあふれる意欲作をぜひ現地でご覧ください。

期間中はイケシブ1階にて新木友行の特設コーナーが設置され、「格闘技」や「スポーツ」をテーマに描いた作品のポスターが展示されます。また、新木へのインタビューや制作風景の映像もご覧いただけます。


【企画名】
イケシブアートウォール
https://www.ikeshibu.com/event/20210806-tomoyukishinki-artwall/

■ 会期
2021年8月6日 (金) - 9月11日(土)※状況によって変更になる場合がございます

【1Fポップアップスペースの営業時間】
8月9日(月)までの平日:11:00~20:00
8月10日(火)以降の平日:12:00~19:00
土日祝:11:00~20:00
※アートウォールは屋外のため、いつでもご覧いただけます

■ 会場
池部楽器店旗艦店「イケシブ(IKEBE SHIBUYA)」
イケシブアートウォール / イケシブ1F POPUP SPACE
東京都渋谷区道玄坂1-7-4 渋谷スクエアB
アクセス:https://www.ikeshibu.com/access/



【イケシブアートウォール】
池部楽器店は次世代クリエイターの表現活動を応援しています。その一環としてスタートさせたのが「イケシブアートウォール」。イケシブ屋外の格子外構の一部スペース(約1.5×8m)をアート展示の場として一定期間掲出する取り組みです。渋谷のストリートを行き交う人々の目を常に楽しませられるように、掲出されるクリエイターの作品は数ヶ月ごとに変わります。


【新木友行 プロフィール】


新木 友行 Tomoyuki Shink
http://g-incurve.jp/artists/shinki.html

1982年生まれ。大の格闘技好き。黒の繊細なラインが無骨なファイターたちの隆々とした筋肉の動きと体のもつれを的確にとらえ、大胆にデフォルメされた技の数々は躍動感に溢れる。近年では、「東京2020 オリンピック・パラリンピック公式アートポスター」のアーティストの一人に選出。さらに、ロンドンで開催された世界最大規模の公募展「ロイヤルアカデミー・オブ・アーツ サマーエキシビジョン2018」に選ばれるなど、 国際的に高い評価を得ている。

■ 主な展覧会 ・ アートフェア
ART@DAIMARU(京都・2021)、アートフェア東京(2021, 2019, 2018, 2014, 2013)、
STRAYM アートエキシビジョン(東京・2020)、東京2020公式アートポスター展(東京・2020)、
TRUNK (HOTEL)(東京・2020, 2018)、The Royal Academy of Arts(ロンドン・2018)、
The Gallery of Everything(ロンドン・2018)、art on paper (ニューヨーク・2017)、
SCOPE NEW YORK(2015)、art genève(スイス・2014)、東京オペラシティアートギャラリー(2012)など。


【アートウォール作品】

Mix No.1 2021 ペン、色鉛筆/紙
■ 作品「Mix No.1」に込めた思い
「この絵は陸上100m走をイメージして描きました。国や性別、障がいのある人もない人も関係なく、一緒になって競争しているシーンです。それぞれが1位を目指してゴールへ走っている姿を作品から感じてもらえたらうれしいです。自分自身も作品からパワーをもらうし、その結果、自分も作品に対してパワーを込められます。僕は明るい色が好きで作品でも明るい色を多く使用しています。その理由は元気になれるからです。元気のない方や落ち込んでいる方、元気のある人にも作品からパワーをもらって、笑顔になっていただけたらうれしいです」(新木友行)。

■ 人も社会もボーダーレスにするために。新木友行と池部楽器店の思いが一つになった。
ボーダーレス。それは、池部楽器店旗艦店「イケシブ(IKEBE SHIBUYA)」が掲げているコンセプトです。モノを売るだけの楽器店という枠をこえて、音楽・楽器を通してさまざまな観点からボーダーレスな世界を実現していきたいという意思を表しています。ボーダーレスが意味するのは、人と音楽をもっと近づけることだけでなく、社会に存在するさまざまな境界を取っ払うこと。それによって誰もが生きやすい社会の実現をイケシブは目指しています。そんな私たちの思いとアーティスト新木さんの思いが重なり合って実現したのが今回の展示です。新木さんの作品に描かれているのは、国籍、ジェンダー、障がいの有無に関わらず、さまざまな人たちが同じ一枚の絵におさまったボーダーレスな世界。また、普段から絵を描くことに集中するために音楽を流しているという新木さんの作品は、音楽とアートのボーダーレスとも言えるのです(池部楽器店 webサイトより)。


【特設コーナー】
イケシブ1階にて新木友行の特設コーナーが登場。
「格闘技」 を題材にした近作を中心に、車いすラグビーや走り高跳びなどの「スポーツ」をテーマにした新たなシリーズ作品のポスター6点が展示されます。(ポスター原画は販売可能)
また、会期中はインタビューや制作風景の映像を公開するとともに、ブックカバー、ジッパーポーチ、ストラップなどの新木友行オリジナルグッズを数量限定で販売いたします。
スーパージャンプ  2019 ペン、色鉛筆/紙
タックル 2019 ペン、色鉛筆/紙
ジッパーポーチ・右ボディストレート
ブックカバー・キック
プロレスマンストラップ・パイルドライバー


【新木友行の制作風景映像】
   特設コーナーに展示される作品の制作風景がご覧いただけます。
   https://www.youtube.com/watch?v=7rbkshrDYtA&t=2s

企業プレスリリース詳細へ
PR TIMESトップへ
本コーナーの内容に関するお問い合わせ、または掲載についてのお問い合わせは株式会社 PR TIMES ()までご連絡ください。製品、サービスなどに関するお問い合わせは、それぞれの発表企業・団体にご連絡ください。

関連記事(PRTIMES)