食品・飲料 美容・健康

オピオイド拮抗薬市場-薬物タイプ別(ブプレノルフィン、ナルトレキソン、ブナベイル、その他);投与経路別(経口および非経口)およびエンドユーザー別-世界の需要分析と機会の見通し2030年

Kenneth Research
Research Nester Private Limitedは調査レポート「オピオイド拮抗薬市場:世界的な需要の分析及び機会展望2030年」2021年08月 06日に発刊しました。これは、予測期間中に、市場の詳細な分析とともに、業界の詳細な洞察を提供します。レポートは、市場規模と決定に基づいてさまざまなパラメーターについて説明します。これらには、市場価値、年間成長、セグメント、成長ドライバーと課題、および市場における主要企業などが含まれます。


レポートのサンプルURL: https://www.researchnester.jp/sample-request-3179

市場の成長は、体内のオピオイドの影響をブロックする拮抗薬の利点に起因する可能性があります。それは活性化せずに受容体に付着することによってオピオイドをブロックします。これらの薬は主に、オピオイドの過剰摂取を逆転させるための解毒剤として、またオピオイド依存症やアルコール依存症の治療に使用されます。これらの要因は、今後数年間で市場の成長を後押しすると予測されています。さらに、特に若者の間で薬物乱用のケースの増加は、市場の成長が後押しされると予想されます。世界保健機関(WHO)のデータによると、2019年には、約18万人の死亡が薬物乱用に直接関係していました。

北米の市場は、オピオイドの蔓延が著しい米国やカナダなどの国々の存在を背景に、最大の市場シェアを維持すると予想されています。さらに、この地域のさまざまな国の政府は、危機を制御するためにさまざまな政策を導入しています。この要因は、地域市場の成長を促進すると期待されます。2018年に、米国政府はオピオイド中毒と戦うために意識向上広告キャンペーンを開始しました。

アジア太平洋地域の市場は、さまざまな発展途上国で人口と貧困の増加による薬物中毒の症例の増加により、予測期間中に最高のCAGRを保持すると予想されます。 NIDAのデータによると、インドでは、2020年に200万人以上が麻薬中毒に苦しんでおり、その中で25%が早急な治療を必要としていました。

調査レポートの日本語に詳細内容について;https://www.researchnester.jp/reports/opioid-antagonist-market/3179

市場レポートは、以下のすべてのポイントを詳細に説明し、分析に基づいて市場動向を提供します。

世界のオピオイド拮抗薬市場は、2022-2030年の予測期間中に重要なCAGRを記録すると予想されます。
オピオイド拮抗薬市場は、薬物タイプ別(ブプレノルフィン、ナルトレキソン、ブナベイル、その他);投与経路別(経口および非経口)およびエンドユーザー別(病院、民間クリニック、その他)などによって分割されています。レポートでは、各セグメントの成長機会とともに、成長を促進する要因について説明しています。さらに、Y-o-Y成長(%)収益(USD百万単位)は、各セグメントの市場成長を牽引する要因と共にレポートに記載されています。
オピオイド拮抗薬市場における業界のリーダーはIndivior PLC 、Alkermes, Inc.、Titan Pharmaceuticals, Inc.、Hikma Pharmaceuticals PLC、Orexo AB、Camurus AB、Acura Pharmaceuticals, Inc.、BioDelivery Sciences International, Inc.、Collegium Pharmaceutical, Inc.、Daiichi Sankyo company, limitedなどです。これらの各主要企業のプロファイルは、会社の財務、収益、収益と分析、バリューチェーン分析、その他のパラメーターを提供します。
オピオイド拮抗薬市場は、北米、ラテンアメリカ、ヨーロッパ、アジア太平洋、中東、アフリカなど地域によって分割されています。


オピオイド拮抗薬市場は、地域に基づいてさらに区分されます。

I. アジア太平洋(中国、インド、日本、韓国、インドネシア、マレーシア、オーストラリア、ニュージーランド、シンガポール、その他のアジア太平洋)
II. 北米(米国およびカナダ)
III. 中東およびアフリカ(イスラエル、GCC [サウジアラビア、アラブ首長国連邦、バーレーン、クウェート、カタール、オマーン]、北アフリカ、南アフリカ、その他の中東およびアフリカ)
IV. ラテンアメリカ(ブラジル、メキシコ、アルゼンチン、その他のラテンアメリカ)
V. ヨーロッパ(英国、ドイツ、フランス、イタリア、スペイン、ハンガリー、ベルギー、オランダ、ルクセンブルグ、NORDIC、ポーランド、トルコ、ロシア、その他のヨーロッパ)

レポートのデータは、正確な統計を確保するために、一次と二次の両方の調査方法を通じて収集されます。


レポートのサンプルURL: https://www.researchnester.jp/sample-request-3179

Research Nester Private Limited会社概要

LAMORI PRIVATE LIMITEDのグループ会社であるResearch Nester Private Limitedは、戦略的な市場調査とコンサルティングの大手サービスプロバイダーです。業界を支援するために、公平で比類のない市場洞察と業界分析を提供することを目指しています。また、業界が将来のマーケティング戦略、拡張、投資について賢明な決定を下せるようにも支援します。

https://www.researchnester.com/

電話: US +1 646 586 9123
電話: UK +44 203 608 5919
Eメール : info@researchnester.com

【調査レポートの詳細内容について】

https://www.researchnester.com/reports/opioid-antagonist-market/3179
企業プレスリリース詳細へ
PR TIMESトップへ
本コーナーの内容に関するお問い合わせ、または掲載についてのお問い合わせは株式会社 PR TIMES ()までご連絡ください。製品、サービスなどに関するお問い合わせは、それぞれの発表企業・団体にご連絡ください。

関連記事(PRTIMES)