医療・医薬・福祉

「おせっかい」が、世界を変える。医療法人伯鳳会が「Plus Heart Action」を発足~90%以上が困っている方に対し「サポートの仕方がわからない」と回答~

医療法人伯鳳会
ハートの日(8月10日)に合わせ、新宿駅メトロプロムナードに「ヘルプマスク」を設置した巨大ピールオフ広告を掲出

伯鳳会グループ(理事長:古城資久)は、2021年5月28日に可決成立した障害者差別解消法の改正法案に基づき、共に生きる社会の実現に向けていち早く具体的な行動に移すため、 「Plus Heart Action(プラスハートアクション)」を発足いたしました。障がい者・福祉に関する実情を調査・公開するとともに、障がいの有無に関わらず一人ひとりの理解と配慮が必要であることと、サポートをためらわないで欲しいことを社会に訴えるべく、新宿駅メトロプロムナードにてマスクに青いハートがプラスされた“ヘルプマスク”を設置するピールオフ広告を2021年8月9日(月)より掲出いたします。この取り組みでは、 外見からは分からなくてもサポートを必要とする方のためのマークである”ヘルプマーク”の啓発も合わせて実施いたします。




■90%以上が「サポートの仕方がわからない」と回答!“ヘルプマーク”に関する調査結果で明らかに。
問題は相手を気遣う優しさのあまり、行動をためらってしまうこと。






調査名:WEBアンケート調査
期間:2021年7月1日(木)~7月5日(月)
調査対象:20歳~69歳の男女1000名
調査方法:インターネット
エリア :全国

伯鳳会グループは日々診療に全力で取り組む一方、患者さまが日常生活に戻った後、様々な場面で困難や苦痛、不安や孤独に直面しているという現実に「医療だけでは限界がある」ことを痛感しています。
様々な障がいや、周囲からは認知が難しい疾患がある中で、外見では判断しかねることから周囲のサポートも難しい“ヘルプマーク”についての調査を実施したところ、「ヘルプマーク利用者が困っていたらサポートしたいと思うか」という問いに対し、約86%以上の方が「サポートしたい」と回答。このうち、90%以上の方が「どのようにサポートしたら良いかわからない」「サポート方法についてきちんと知りたい」と回答しました。
本調査の回答結果は、ヘルプマークの有無にかかわらず、様々な困っている人を見かけた時に抱く普遍的な悩みを浮き彫りにしました。これらを背景に、当グループは医療に関わる者の責務として、助け合おうとする思いと行動に間違いはないということと、ためらわずに一歩を踏み出して欲しいというメッセージ強く社会に発信するため、どの組織・団体にも帰属しないシンボルとして「信頼・調和・揺らぐことのない愛」を意味する青いハートを掲げ、日頃身につけるマスクにその想いを託す本プロジェクトを始動いたしました。



“ヘルプマスク” を設置した巨大ピールオフ広告を東京メトロ新宿駅にて掲出

2021年8月9日(月)より7日間、新宿駅メトロプロムナードに「サポートを(ハート)(カタチ)にしませんか?」のメッセージとともに“ヘルプマスク” を設置した巨大ピールオフ広告を掲出いたします。この取り組みに賛同いただける方は自由にお持ち帰りいただけます。“ヘルプマスク”の着用は助け合いの理解と共存の意思表明であり、それによって困っている方が助けを求めやすくなることを期待します。そしてマークにとらわれず、一人ひとりが「ためらわないアクション」を実現できる社会になることを切に願います。

■巨大ピールオフ広告概要
掲出期間:2021年8月9日(月)~8月15日(日)
掲出場所:新宿駅メトロプロムナード内「D」
掲出内容:ヘルプマスク

【掲出イメージ】



【掲出場所】






「Plus Heart Action(プラスハートアクション)」について




伯鳳会グループが取り組む、「信頼・調和・揺らぐことのない愛」をシンボルに具体的な助け合いのカタチを分かりやすく示し、全ての方が暮らしやすい社会を目指す活動です。われわれの利益を目的とせず、地域社会の現状把握と環境整備に積極的に取り組み、職員一人ひとりが率先して行動しその活動を発信することで、切れ目のない共生社会の実現を目指します。


本コーナーの内容に関するお問い合わせ、または掲載についてのお問い合わせは株式会社 PR TIMES ()までご連絡ください。製品、サービスなどに関するお問い合わせは、それぞれの発表企業・団体にご連絡ください。

関連記事(PRTIMES)