医療・医薬・福祉 暮らし

クラウドファンディング420%を達成した「この子には障がいがありますマーク」無料配布の申込受付が8月10日開始

株式会社Fair Heart
「障がいのある子どもと、もっと安心しておでかけしたい!」障がい児の母親が企画・制作

株式会社Fair Heartが運営するパラリンビクス協会(本社:東京都品川区、代表:穐里明美)は、外見からは分かりにくく周囲の理解が得づらい障がいのある子どもとの外出時に感じる不安や緊張をとりのぞくことを目指す、ホルダー型の「この子には障がいがありますマーク」(以下「マーク」)の無料配布申込受付を2021年8月10日(火)より開始いたします。


このマークの制作と無料配布は、2021年5月20日~6月28日の期間で行われたクラウドファンディングプロジェクト『「この子には障がいがありますマーク」を広め、思いやりの架け橋に!!』(https://readyfor.jp/projects/paralymbics)におけるご支援金により実施されます。

【申込受付ご案内URL】 http://paralymbics.jp/1735-2/

申込資格:以下のいずれかに該当する個人または団体(事業者)
1.障がいのあるお子さんのご家族(個人)
2.児童発達支援センターや放課後デイサービス等の施設(事業者)


申込方法:以下いずれかのフォームより送信
1.個人用お申込みフォーム https://system.faymermail.com/forms/5517
2.事業者用お申込みフォーム https://system.faymermail.com/forms/5583

申込受付期間:
2021年8月10日(火)~9月30日(木)
※ご用意した配布数の上限に達した場合、お申込みの受付を早期に終了する場合がございますので予めご了承ください。


【「この子には障がいがありますマーク」の利用シーン】

使用イメージ(穐里の長男)



「この子には障がいがありますマーク」概要
縦8.5cm(ストラップ部分除く)
横5.3cmクッション性のあるポリ塩化ビニール製
裏面にメモを入れられる仕様

マーク裏面


パラリンビクス協会とは
心・カラダにハンディを持つお子さんが、大人と一緒に楽しく取り組むことができる運動を通じて、筋力や柔軟性などの肉体面だけではなく、自発力・集中力もアップさせていくためのプログラム「パラリンビクス」の普及と、仕事や働き方が制限されがちな障がい児の母親に、自宅でも働ける「新しい働き方」を提案・提供する「パラリンビクスインストラクター養成」。これらの活動を通し、すべての子どもが自分らしく生きられるオープンでやさしい社会づくりを目指しています。

パラリンビクス協会(https://paralymbics.jp/ 運営:株式会社Fair Heart)
穐里(あきさと) 明美TEL:090-9975-8060 E-Mail:info@paralymbics.jp
企業プレスリリース詳細へ
PR TIMESトップへ
本コーナーの内容に関するお問い合わせ、または掲載についてのお問い合わせは株式会社 PR TIMES ()までご連絡ください。製品、サービスなどに関するお問い合わせは、それぞれの発表企業・団体にご連絡ください。

関連記事(PRTIMES)