パソコン 医療・医薬・福祉

新型コロナウイルス感染症対策への支援として京都大学医学部附属病院へ屋外用Wi-Fi(無線LAN)アクセスポイント「WAPM-1266WDPRA」15台を寄贈

株式会社バッファロー
 メルコホールディングス(東・名 6676)グループ企業の株式会社バッファロー(本社:名古屋市、代表取締役社長:牧 寛之、以下バッファロー)は、新型コロナウイルス感染症(COVID-19)対策支援の一環として、京都大学医学部附属病院へ屋外用Wi-Fi(無線LAN)アクセスポイント「WAPM-1266WDPRA」を含む、屋外Wi-Fi関連設備一式を2021年6月25日寄贈・施工を致しました。


本施工により、院内ネットワークが駐車場の域まで拡張されました。これにより京大病院では、外来患者様のお呼び出しに関して、これまで圏外であった病院駐車場P1・P2の全フロアで呼び出し受信機の利用が可能となりました。外来患者様がご自分の車内で待機する事で患者様の身体的な負担軽減や接触機会を減らすことができるようになり、患者様に少しでも安心できる環境の提供につながっています。

これに対し、京都大学医学部附属病院では、2021年8月6日に、寄贈に対するセレモニーをオンラインで実施し、宮本 享 病院長、黒田 知宏 病院長補佐から、本支援に対し感謝の言葉をいただきました。
バッファローは、感染拡大防止に取り組んでいる医療関係者の皆様に敬意を表し、深く感謝申し上げるとともに、今後も新型コロナウイルス感染症で医療機関が直面する課題に対してICT 支援を継続してまいります。


■京都大学医学部附属病院 宮本 享 病院長


■京都大学医学部附属病院 情報企画部 教授 黒田 知宏 様


■株式会社バッファロー 代表取締役社長 牧 寛之


※駐車場に設置された屋外用Wi-Fi(無線LAN)アクセスポイント「WAPM-1266WDPRA」


■屋外用Wi-Fi(無線LAN)アクセスポイント「WAPM-1266WDPRA」商品概要

 本商品は、屋外への設置に対応する防護等級IP55(防塵等級5、防水等級5)の高い防塵・防水性能に加え、直射日光のあたる場所への設置を可能とした耐環境性能無線LANアクセスポイントです。通信速度最大866Mbps(理論値)の「Wi-Fi 5(11ac)」に対応。最大400Mbps(理論値)の2.4GHz帯を同時利用できます。さらに、5GHz帯の一部(W53・W56)を使用する際、気象・航空レーダー波の干渉を検知した時でも通信が途切れないようチャンネルを瞬時に切り替えて通信を維持する「DFS障害回避機能」を搭載※1し、屋外利用が許可されている5GHz帯(W56)を有効活用でき、高速かつ安定したWi-Fi通信を提供します。
また動作保証温度は-30℃から55℃までと屋外設置や温度変化の大きい工場への設置のほか、F1級冷凍倉庫(-30℃以上、-20℃未満)への設置も可能。さらに、硫化水素試験※2、塩水噴霧試験※3にも耐えうる高い耐環境性能を持ち、温泉地などへの公衆Wi-Fiの敷設やプールサイドなどへのWi-Fi敷設にも利用できます。

※1 「DFS(Dynamic Frequency Selection)」とは、5GHz周波数帯の「W53」「W56」で気象・航空レーダーなどの干渉があった場合、アクセスポイント側が干渉のないチャンネルに退避する仕組み。5GHz帯対応の無線LANアクセスポイントにこの仕組みを搭載することは法律で義務付けられており、一般的な無線LANアクセスポイントでは気象・航空レーダー波を検知した際に約60秒通信が切断されます。

※2  「JIS C 60068-2-43」に規定された試験条件下で21日間試験を実施し、被試験装置が正常に動作することを確認。
<試験条件>硫化水素:10~15ppm、温度:25±2℃、湿度:75%

※3 「JIS Z 2371」で規定される中性塩水噴霧試験を48時間実施し、外観上で著しい腐食が見られないことを確認。
<試験条件>中性塩水:5%、温度:35℃

■関連ページ
京都大学医学部附属病院
https://www.kuhp.kyoto-u.ac.jp/index.html
屋外用Wi-Fi(無線LAN)アクセスポイント「WAPM-1266WDPRA」シリーズ
(https://www.buffalo.jp/product/detail/wapm-1266wdpra.html)
企業プレスリリース詳細へ
PR TIMESトップへ
本コーナーの内容に関するお問い合わせ、または掲載についてのお問い合わせは株式会社 PR TIMES ()までご連絡ください。製品、サービスなどに関するお問い合わせは、それぞれの発表企業・団体にご連絡ください。

関連記事(PRTIMES)