広告・マーケティング 医療・医薬・福祉

抗生物質の市場規模、2028年に592億5324万米ドル到達予測

株式会社グローバルインフォメーション
株式会社グローバルインフォメーションは、市場調査レポート「抗生物質の世界市場:将来予測 (2028年まで)、新型コロナウイルス感染症 (COVID-19) の影響、薬剤クラス別・作用機序別・地域別の分析」(The Insight Partners)の販売を8月6日より開始いたしました。 【 当レポートの詳細目次 】 https://www.gii.co.jp/report/tip1004663-antibiotics-market-forecast-covid-impact-global.html




抗生物質の市場規模は、2020年の441億1131万米ドルから、2028年には592億5324万米ドルに達し、2021年から2028年の間に4.0%のCAGRで成長すると予想されています。

抗生物質は、細菌の感染や病気に対処するために使用される強力な医薬品です。特に、ブドウ球菌、連鎖球菌、または大腸菌などの細菌による感染症の治療に使用されます。抗生物質は、バクテリアを殺す(殺菌)か、バクテリアの繁殖や成長を制限する(静菌)かのどちらかです。また、抗生物質は、ウイルス感染症には効果がありません。抗生物質で治療される一般的な感染症には、結膜炎、皮膚・軟部組織感染症、上気道感染症、気管支炎、連鎖球菌性咽頭炎などがあります。

ジェネリック医薬品の開発の増加

ジェネリック医薬品とは、特許が切れたブランド薬のコピーです。ジェネリック医薬品は、費用対効果の高い医薬品を提供し、さまざまな経済階級の人々への普及を図ることを目的として市場に導入されています。後発医薬品は、その入手のしやすさと価格の安さから人気があります。例えば、2018年にNCBIで発表された研究によると、ブランド名の処方箋の平均価格は、ジェネリックの平均価格の約4倍でした。さらに、各社は最小限のコストで抗生物質を提供することを目指して、ジェネリック版の開発にも力を入れています。例えば、2018年6月、Lupinは米国市場でトブラマイシン吸入液のジェネリック医薬品を発売しました。さらに、政府当局からの奨励も、ジェネリック抗生物質の生産を促進しており、同市場の成長を押し上げることが予測されます。例えば、2019年2月、米国食品医薬品局(US FDA)は、インドの製薬会社が製造するジェネリック医薬品の米国での商業化の承認を発表しました。

検査タイプの洞察

抗生物質市場は、薬剤クラスに基づいて、スルホンアミド系、アミノグリコシド系、カルバペネム系、マクロライド系、フルオロキノロン系、ペニシリン系、セファロスポリン系、その他に分類されます。2020年には、セファロスポリンセグメントが最大のシェアを占めています。一方、フルオロキノロンセグメントは、最も高いCAGRを記録すると予想されています。

作用機序に関する洞察

抗生物質市場は、作用メカニズムに基づいて、ミコール酸阻害剤、RNA合成阻害剤、DNA合成阻害剤、タンパク質合成阻害剤、細胞壁合成阻害剤に分類されています。2020年の市場では、細胞壁合成阻害剤セグメントが最大のシェアを占めていますが、また、DNA合成阻害剤セグメントが最も高いCAGRを記録すると予測されています。


【 無料サンプル 】
当レポートの無料サンプルは、こちらからお申し込みいただけます。
https://www.gii.co.jp/report/tip1004663-antibiotics-market-forecast-covid-impact-global.html

【本件に関するお問合せ先】
販売代理店 株式会社グローバルインフォメーション
TEL:044-952-0102(9:00-18:00 土日・祝日を除く)
E-mail:dbm@gii.co.jp
URL:https://www.gii.co.jp

【株式会社グローバルインフォメーション 会社概要】
1995年の創立以来、海外市場調査レポートの販売を通じて企業のグローバル展開を支援しています。世界6カ国に拠点を持ち、海外の提携調査会社250社以上が発行する調査資料約10万点をワンストップでご提供。市場情報販売のグローバル・リーディングカンパニーを目指し、企業ならびに社会の発展に寄与すべく、お客様にとって真に価値ある情報をお届けしています。

創立:1995年
所在地:215-0004 神奈川県川崎市麻生区万福寺1-2-3 アーシスビル7F
事業内容:市場調査レポート/年間契約型情報サービスの販売、委託調査の受託、国際会議/展示会の代理販売
市場調査レポート/年間契約型情報サービス:https://www.gii.co.jp
委託調査:https://www.gii.co.jp/custom_research/
国際会議/展示会:https://www.giievent.jp/partnering.shtml
企業プレスリリース詳細へ
PR TIMESトップへ
本コーナーの内容に関するお問い合わせ、または掲載についてのお問い合わせは株式会社 PR TIMES ()までご連絡ください。製品、サービスなどに関するお問い合わせは、それぞれの発表企業・団体にご連絡ください。

関連記事(PRTIMES)