広告・マーケティング 医療・医薬・福祉

医療用酵素技術の市場規模、2028年に67億米ドル到達予測

株式会社グローバルインフォメーション
株式会社グローバルインフォメーションは、市場調査レポート「医療用酵素技術市場の予測(2028年まで):新型コロナウイルス感染症(COVID-19)の影響、酵素タイプ・用途・地域別の分析」(The Insight Partners)の販売を8月6日より開始いたしました。 【 当レポートの詳細目次 】 https://www.gii.co.jp/report/tip1004664-medical-enzyme-technology-market-forecast-covid.html




医療用酵素技術の市場規模は、2020年の40億1257万米ドルから2028年には67億米ドルに達し、2021年から2028年にかけて6.7%のCAGRで成長すると予測されています。

同市場は、酵素の種類、用途、地域に基づいて分析されています。また、地域別に、北米、欧州、アジア太平洋、中東・アフリカ、南・中央アメリカに分類されます。

酵素工学の進歩が市場の主要トレンドに

酵素工学は、バイオテクノロジー、ライフサイエンス、生物医学の分野で、効率的な生体触媒を開発する上で基本的な役割を果たしています。酵素工学とは、アミノ酸配列を変化させることにより、特性を向上させた新しい生体触媒を仕立てるプロセスです。また、酵素工学は、化学品や医薬品の生合成、再生医療、食品製造、廃棄物の生分解、バイオセンシングなどの分野で、ユニークなデザインや酵素の最適化が行われ、膨大な数の改変が可能です。

従来の合理的設計や有向進化のアプローチに加えて、機械学習(ML)の手法が、データからパターンを見つけ出し、タンパク質の構造予測、酵素の安定性、溶解性、機能の向上、基質特異性の予測、合理的なタンパク質設計などに応用されています。機械学習は、新しい生体触媒を設計するための第3のアプローチとして、過去数十年来、注目を集めています。モデル駆動型の合理的設計手法とは異なり、この戦略はデータ駆動型であり、既存のデータからパターンを特定し、未知だが類似した入力の特性を予測します。

酵素を再構築してエンジニアリングするための新しい技術や方法が登場したことで、タンパク質エンジニアリングがより便利になり、産業用途の半合成または合成の生体触媒や分子に光が当てられるようになりました。このように、酵素工学の進歩は、市場の主要なトレンドになると思われます。

酵素タイプ別インサイト

医療用酵素技術市場を酵素タイプ別に見ると、消化酵素、血栓溶解酵素、ヒドロラーゼ、エンドヌクレアーゼに分けられます。2020年には、ヒドロラーゼ分野が最大のシェアを占めています。さらに、血栓溶解酵素分野は、最高のCAGRを記録すると予想されています。

アプリケーションのインサイト

医療用酵素技術市場をアプリケーション別に分類すると、疾患治療、診断ツール、バイオメディカル研究、その他となります。2020年には疾病治療分野が最大シェアを占め、最高のCAGRを記録すると予想されています。


【 無料サンプル 】
当レポートの無料サンプルは、こちらからお申し込みいただけます。
https://www.gii.co.jp/report/tip1004664-medical-enzyme-technology-market-forecast-covid.html

【本件に関するお問合せ先】
販売代理店 株式会社グローバルインフォメーション
TEL:044-952-0102(9:00-18:00 土日・祝日を除く)
E-mail:dbm@gii.co.jp
URL:https://www.gii.co.jp

【株式会社グローバルインフォメーション 会社概要】
1995年の創立以来、海外市場調査レポートの販売を通じて企業のグローバル展開を支援しています。世界6カ国に拠点を持ち、海外の提携調査会社250社以上が発行する調査資料約10万点をワンストップでご提供。市場情報販売のグローバル・リーディングカンパニーを目指し、企業ならびに社会の発展に寄与すべく、お客様にとって真に価値ある情報をお届けしています。

創立:1995年
所在地:215-0004 神奈川県川崎市麻生区万福寺1-2-3 アーシスビル7F
事業内容:市場調査レポート/年間契約型情報サービスの販売、委託調査の受託、国際会議/展示会の代理販売
市場調査レポート/年間契約型情報サービス:https://www.gii.co.jp
委託調査:https://www.gii.co.jp/custom_research/
国際会議/展示会:https://www.giievent.jp/partnering.shtml
企業プレスリリース詳細へ
PR TIMESトップへ
本コーナーの内容に関するお問い合わせ、または掲載についてのお問い合わせは株式会社 PR TIMES ()までご連絡ください。製品、サービスなどに関するお問い合わせは、それぞれの発表企業・団体にご連絡ください。

関連記事(PRTIMES)