外食・中食

カフェ・カンパニー株式会社との資本業務提携を締結

ロート製薬株式会社
「食」から、お客様の心と身体の健康的な生活に貢献

 ロート製薬株式会社(本社:大阪府大阪市、社長:杉本雅史、以下当社)とカフェ・カンパニー株式会社(本社:東京都渋谷区、社長:楠本修二郎、以下カフェ・カンパニー)はお互いの強みを生かし、より多くのお客様の「食」を通じた心と身体の健康的な生活に貢献するため、資本業務提携を行いました。


1.資本業務提携の理由
当社は2030年に向けたグループの総合経営ビジョン「Connect for Well-being」を掲げ、一人ひとりが身体も心もイキイキと過ごせるように、健康を軸にさまざまアプローチでの取り組みを行っています。なかでも「食」は人の身体をつくる大事な要素の一つです。当社はこれまでも、機能性の食品・サプリメントの製造販売に加えて、奈良県や沖縄県においては農畜産物の生産など食の一次産業に取り組み、グランフロント大阪でのロート製薬直営レストラン&デリカフェ“旬穀旬菜”においては、カラダの源を造る「食」をお客様に提供し、毎日の「元気」をサポートしてきました。
カフェ・カンパニーは、2001年の創業より「C.A.F.E. = Community Access For Everyone(食を通じたコミュニティの創造)」という企業理念を実現すべく、「WIRED CAFE」を中心に路面や商業施設内の飲食店、サービスエリア、ホテルなど、日本国内外において延べ100店舗以上を企画・運営してまいりました。20周年を迎えた2021年を機に、創業以来変わらない企業理念のもと、今後の人類にとって必要不可欠な「食」を通じた多様でサステナブルな社会の実現を目指し、「Eating Design Company」として「イートテック」を推進しています。
この度の提携を通じて、両社にとっての事業成長、およびより多くのお客様の心と身体の健康的な生活に貢献するものと期待しています。

2.業務提携の内容
当社の機能性素材・生産技術力とカフェ・カンパニーの食を通じたコミュニティ企画・店舗運営・商品開発力、食産業のネットワークを組み合わせることで、より一層、多くのお客様へ健康的な生活のサポートや、世の中への発信を加速させ、健やかで楽しくおいしい「食」で社会へ貢献していく体制を強化してまいります。本提携の具体的事業及び内容につきましては、今後両社が協議して決定いたします。なお、カフェ・カンパニー代表取締役社長の楠本修二郎氏は、ロート製薬の食分野のアドバイザリーに就任いたしました。

3.資本提携の内容
カフェ・カンパニー社の株式を取得し、主要な株主になり持分法適用会社としました。

4.会社概要








5.今後の見通し
 本業務提携が当社の2022年3月期の連結業績に与える影響につきましては軽微であり、今後公表すべき事項が生じた場合には速やかにお知らせします。
企業プレスリリース詳細へ
PR TIMESトップへ
本コーナーの内容に関するお問い合わせ、または掲載についてのお問い合わせは株式会社 PR TIMES ()までご連絡ください。製品、サービスなどに関するお問い合わせは、それぞれの発表企業・団体にご連絡ください。

関連記事(PRTIMES)