医療・医薬・福祉

SheepMedical、インド子会社の設立を完了

SheepMedical株式会社
未病をキーワードに歯科矯正と予防医療のデジタルトランスフォーメーションを推進するSheepMedical株式会社は、グローバルでの更なる事業展開を推進するために、インドにおける子会社であるSheepMedical India Private Limitedを設立いたしました。


“100年楽しく生きる、新しい日常の提案者"というビジョンを掲げる当社は、このビジョンの実現に向けてグローバル展開を進めており、高品質な歯科矯正用アライナーサービスをインド市場にて提供することを通じてインドにおける新しい日常の提案を行っていきたいと考えております。


インドでの事業成長を推進するために、当社はBimal Desaiをインド事業の責任者に任命しました。Bimal Desaiは、大企業から新興企業まで幅広い企業においてリーダーシップを発揮しており、特にヘルスケア及びデンタル分野に精通しています。また最近まではStraumann Dental India社のCountry Managerを務めていました。SheepMedical Indiaの責任者となるBimal Desaiは、「インドは、健康や美意識の高い若者、ミレニアル世代、Z世代の人口が非常に多く、都市部での人口増加が続いており、当社にとって重要な市場です。私たちは、日本で開発された高品質の歯科矯正用アライナーを、患者様が手ごろな価格で入手できるようにするというビジョンを持って、インドに投資しています。 私たちは、日本で確立された高い水準のサービスをインドにおいても提供していく所存です。」と述べています。


SheepMedicalのインドへの進出は、同社のグローバル展開における重要なステップとなります。未病分野のリーディングカンパニーとして、SheepMedicalは高品質で手頃な価格の歯列矯正用アライナーサービスを世界各国に提供することを目指しています。SheepMedicalのチーフグローバルストラテジストであり、SheepMedical Indiaの取締役である桐山卓也は、「インドに会社を設立できることを大変嬉しく思います。当社はアジア全域に事業を拡大しており、インドは当社のグローバル展開戦略において戦略的な市場です。世界中の患者様に高品質のアライナー治療を手頃な価格で実現できるようにするという使命を果たすとともに、より広い地域での成長を目指していきます。」と述べています。


■SheepMedical株式会社について

SheepMedical社は、日本における歯科矯正用アライナー事業のリーディングカンパニーとして、「未病」をキーワードに歯科矯正と予防医療のデジタルトランスフォーメーションを推進しています。SheepMedicalは未だ世にないけれども、社会問題を解決するような健康に関するプロダクトを生み出し、世界と未来に貢献いたします。世界で最も早く高齢化が進み、また世界一健康な日本から、世界の健康寿命を伸ばす為のプロダクトを提供してまいります。
企業プレスリリース詳細へ
PR TIMESトップへ
本コーナーの内容に関するお問い合わせ、または掲載についてのお問い合わせは株式会社 PR TIMES ()までご連絡ください。製品、サービスなどに関するお問い合わせは、それぞれの発表企業・団体にご連絡ください。

関連記事(PRTIMES)