医療・医薬・福祉 パソコン

【EMシステムズ】テニスアカデミー「Ai Love All Tennis Academy(代表 中村藍子氏)」を支援、プロテニスプレイヤー今西美晴選手、今村咲選手と所属契約を締結

株式会社 EMシステムズ
 この度、株式会社EMシステムズ(本社:大阪市淀川区、代表取締役社長:國光宏昌、以下「EMシステムズ」とする)は、元プロテニスプレイヤー中村藍子氏が代表を務める「Ai Love All Tennis Academy(アイラブオール・テニスアカデミー、以下「アカデミー」とする)」を支援し、プロテニスプレイヤー今西美晴選手、今村咲選手と所属契約を締結しましたのでお知らせいたします。


左上から、中村藍子代表、古賀公仁男コーチ、EMシステムズ代表國光、EMシステムズ所属の今西選手、今村選手、アカデミー所属の加藤選手

■アカデミー支援と所属契約締結の背景
  EMシステムズは、会社方針「国民の健康レベル向上に貢献する、世の中に無くてはならない企業になること」を目指し、社会貢献活動の一環として、スポーツ活動支援を開始いたしました。世界で戦うプロ選手やプロを目指す若手女子選手の育成を行っているアカデミーを支援することで、テニスを通じた楽しさや感動を世の中に共有したい。その結果、人とのコミュニケーションに繋げ、身体、心ともに健康レベル向上に繋げたいと考え支援活動開始にいたりました。


■今後の活動
 アカデミーとEMシステムズ所属選手の競技活動を継続的に支援してまいります。また、テニスの楽しさやアカデミー・選手を知ってもらうため、お客様向けにテニスイベント「EMテニスクリニック」を不定期開催してまいります。先日、2021年7月10日に「EMテニスクリニック」を大阪で開催し、中村代表・古賀コーチ・今西選手・今村選手・加藤選手とのテニスを楽しんでいただきました。
2021年7月10日に開催したEMテニスクリニックの様子

【アカデミーのご紹介】
Ai Love All Tennis Academy(アイラブオール・テニスアカデミー)
 兵庫県から世界の舞台で戦う選手の育成及び拠点を作ることを目的に設立されたアカデミー。選手としてグランドスラム出場実績のある中村藍子氏とコーチとしてグランドスラムを経験している古賀公仁男氏の世界を知る2人が選手育成に携わる日本で数少ないテニスアカデミーです。


中村藍子代表
世界最高ランキング(WTA)シングルス47位  ダブルス64位
日本最高ランキング シングルス2位 ダブルス3位
日本を代表するテニス選手の一人、約10年ツアーを転戦した後、
2012年に引退し2020年3月から本アカデミーをスタート。



古賀公仁男コーチ
日本最高ランキング シングルス23位 ダブルス28位
JOP大会通算20勝、日本テニス協会公認S級エリートコーチ
12歳までは日本の指導を受け、13歳でアメリカへ留学。アメリカの指導を学び、選手生活を終えたあとはツアーコーチとしても豊富な経験を持つ。


【所属選手のご紹介】


今西美晴(イマニシミハル)
生年月日 1992年5月20日  出生地 京都府  プロ転向 2013年4月
WTAシングルスランキング最高187位 日本シングルスランキング最高4位
全日本テニス選手権シングルス・ダブルス・ミックスダブルスで優勝
ITFシングルス通算6勝 グランドスラム予選出場5回
2021年6月ITFW15Monastirで単複優勝


今村咲(イマムラサキ)
生年月日 2002年4月16日  出生地 京都府  プロ転向 2020年11月
ITFジュニアランキング最高86位
2018年「MUFG全国ジュニアテニストーナメント」「DUNLOP SRIXON 全日本ジュニアテニス選手権'18 supported by NISSHINBO(16歳以下の部)」の2大会でシングルス優勝

【サポート選手のご紹介】


加藤智子(カトウトモコ)
生年月日 2003年8月31日  出生地 大阪府
ITFジュニアランキング最高242位
全日本ジュニア12、14、16歳以下 ベスト4位、2019年MUFG全国テニス大会準優勝、ロンジンテニスフューチャーズ 日本代表ベスト4


■株式会社EMシステムズ 概要
【代表】代表取締役社長:國光宏昌
【所在地】大阪市淀川区宮原1丁目6番1号 新大阪ブリックビル
【URL】https://emsystems.co.jp/
【本プレスリリースURL】https://emsystems.co.jp/ir/irnews/2021/210810_03.pdf

■本件に関するお問い合わせについて
株式会社EMシステムズ 企画本部
【E-mail】marketing-info@emsystems.co.jp
企業プレスリリース詳細へ
PR TIMESトップへ
本コーナーの内容に関するお問い合わせ、または掲載についてのお問い合わせは株式会社 PR TIMES ()までご連絡ください。製品、サービスなどに関するお問い合わせは、それぞれの発表企業・団体にご連絡ください。

関連記事(PRTIMES)