広告・マーケティング 医療・医薬・福祉

溶媒蒸発の市場規模、2028年に8億2141万米ドル到達予測

株式会社グローバルインフォメーション
株式会社グローバルインフォメーションは、市場調査レポート「溶剤蒸発市場の予測(2028年まで):新型コロナウイルス感染症(COVID-19)の影響、タイプ・エンドユーザー・地域別」(The Insight Partners)の販売を8月10日より開始いたしました。 【 当レポートの詳細目次 】 https://www.gii.co.jp/report/tip1004669-solvent-evaporation-market-forecast-covid-impact.html




溶媒蒸発の市場規模は、2020年の4億7077万米ドルから、2028年には8億2141万米ドルに達し、2021年から2028年の間に6.7%のCAGRで成長すると予想されています。

溶媒蒸発では、水相中のポリマーを乳化させ、ジクロロメタン、クロロホルム、酢酸エチルなどの揮発性溶媒に分散させます。その後、高温、真空、または連続的な撹拌によって溶媒を蒸発させます。蒸発温度、蒸発速度、撹拌速度などを調整することにより、粒子の大きさは制御することができます。この方法は、破傷風トキソイド、テストステロン、ロペラミド、シクロスポリンA、インドメタシンなどの薬物を充填したPLA、PLGA、PCL、ポリヒドロキシブチレートなどの各ポリマーを用いて開発されたナノ粒子で実施されています。溶媒蒸発装置は、マイクロカプセル化などのプロセスで広く使用されており、医薬品製剤用の高分子ナノ粒子を調製するために必要です。遠心濃縮、凍結乾燥、高出力コールドトラップなどの溶媒蒸発システムの技術的進歩により、環境への影響を抑えながら、蒸発量を高め、溶媒の回収率を向上させています。

研究開発への支出の増加、大分子バイオ医薬品の開発の増加、最終用途市場における純粋なサンプルの需要の急増などの要因が、溶媒蒸発市場の成長を促進しています。しかし、結果が不正確であったり、溶媒蒸発に伴う不安から資源を浪費したりすることが、溶媒蒸発市場の成長を妨げています。

製薬業界における研究開発費の増加

溶媒蒸発活性物質は、合成、サンプル調製、溶媒リサイクルなどの段階で使用され、新規治療薬の生産スケールアップにも使用されるため、創薬プロセスにおいて不可欠なステップです。多くの製薬会社は、革新的な分子の発見と開発を中心とした研究開発(R&D)プロセスに巨額の投資を行っています。Statistaに掲載された報告書によると、2018年の世界の医薬品研究開発費は約1810億米ドルで、2026年には2230億米ドルに達すると予想されています。India Brand Equity Foundationによると、インドの製薬会社は2015年に売上高の7.0%を研究開発プロセスに投資し、2019年にはさらに8.6%に増加しました。このように、研究開発費の増加が、溶媒蒸発市場の成長を促進しています。


タイプ別洞察

溶媒蒸発市場は、タイプ別に、ロータリーエバポレーター、窒素ブローダウンエバポレーター、遠心エバポレーター、スパイラルエアフローエバポレーターに分類されます。2020年の市場では、ロータリーエバポレーターセグメントが最大のシェアを占めています。しかし、その後は、窒素ブローダウンエバポレーターセグメントが7.4%の最高CAGRを記録すると予測されています。ロータリーエバポレーターは、蒸発による溶媒の効率的な抽出に大きな役割を果たしています。研究開発費の増加や、この技術の利点が、溶媒蒸発市場の成長を促進しています。


【 無料サンプル 】
当レポートの無料サンプルは、こちらからお申し込みいただけます。
https://www.gii.co.jp/report/tip1004669-solvent-evaporation-market-forecast-covid-impact.html

【本件に関するお問合せ先】
販売代理店 株式会社グローバルインフォメーション
TEL:044-952-0102(9:00-18:00 土日・祝日を除く)
E-mail:dbm@gii.co.jp
URL:https://www.gii.co.jp

【株式会社グローバルインフォメーション 会社概要】
1995年の創立以来、海外市場調査レポートの販売を通じて企業のグローバル展開を支援しています。世界6カ国に拠点を持ち、海外の提携調査会社250社以上が発行する調査資料約10万点をワンストップでご提供。市場情報販売のグローバル・リーディングカンパニーを目指し、企業ならびに社会の発展に寄与すべく、お客様にとって真に価値ある情報をお届けしています。

創立:1995年
所在地:215-0004 神奈川県川崎市麻生区万福寺1-2-3 アーシスビル7F
事業内容:市場調査レポート/年間契約型情報サービスの販売、委託調査の受託、国際会議/展示会の代理販売
市場調査レポート/年間契約型情報サービス:https://www.gii.co.jp
委託調査:https://www.gii.co.jp/custom_research/
国際会議/展示会:https://www.giievent.jp/partnering.shtml
企業プレスリリース詳細へ
PR TIMESトップへ
本コーナーの内容に関するお問い合わせ、または掲載についてのお問い合わせは株式会社 PR TIMES ()までご連絡ください。製品、サービスなどに関するお問い合わせは、それぞれの発表企業・団体にご連絡ください。

関連記事(PRTIMES)