広告・マーケティング 医療・医薬・福祉

バインダー添加剤市場、2021年から2026年にかけて緩やかな成長見通し

株式会社グローバルインフォメーション
株式会社グローバルインフォメーションは、市場調査レポート「バインダー添加剤市場:世界の業界動向、シェア、規模、成長、機会、予測(2021~2026年)」(IMARC Services Private Limited)の販売を8月11日より開始いたしました。 【 当レポートの詳細目次 】 https://www.gii.co.jp/report/imarc999684-binder-excipients-market-global-industry-trends.html




市場の概要
バインダー添加剤市場は、2020年に13億3,000万米ドルの規模に達しました。今後、2021年から2026年にかけて市場は緩やかな成長を示すと予想されています。

バインダー添加剤は、医薬品に必要な機械的強度を与えるために、顆粒や粉末、その他の乾燥成分を保持・結合する接着剤の役割を果たします。これらの添加剤は、造粒と呼ばれるプロセスで粉末を顆粒に凝集させることを可能にし、また、圧縮性、薬物放出、流動性、溶解性、強度などの特性に影響を与えます。バインダー添加剤は、薬物の崩壊性、嵩高性、バイオアベイラビリティ、溶解速度を改善するために、薬物や医薬品の処方に使用されます。これに加えて、添加剤は、有効成分の吸収や放出制御などの特性を改善することで、医薬品に付加価値をもたらす重要な役割を果たしています。

市場の成長要因
人口の高齢化や慢性疾患の増加に伴い、様々な医薬品の需要が高まっていることが、世界のバインダー添加剤市場を牽引する大きな要因となっています。また、最近多くの医薬品の特許が切れたことにより、ジェネリック医薬品製造におけるバインダー添加剤の需要が増加すると予想されます。その他の市場成長要因としては、ナノテクノロジーの進歩、新しい添加剤の出現、機能性添加剤の需要の高まりなどが挙げられます。

主要な市場区分
世界のバインダー添加剤市場は、タイプ、用途、地域に基づいて分類されています。

タイプ別の市場構成
タイプ別では、セルロース系添加剤が最も人気のある製品タイプで、世界市場全体の過半数を占めています。その他の主な製品タイプは、ラクトース、ポリオール、ポビドン、デンプンおよび多糖類、共処理圧縮性添加剤です。

用途別の市場構成
市場は用途別に、錠剤とカプセル、溶液ベースに分類されています。これらの中では、錠剤とカプセルが世界のバインダー添加剤市場の最大のセグメントとなっています。

地域別の市場区分
地域別では、北米が世界市場全体の過半数を占める主要な市場です。次いで、アジア太平洋地域とヨーロッパが続きます。その他の主な地域としては、中東・アフリカ、ラテンアメリカが挙げられます。

市場の競合状況
世界のバインダー添加剤市場における主要な企業としては、Colorcon、Croda International、EMD Millipore、Dow Chemical、FMC BioPolymer、富士化学工業、Ingredionなどが挙げられます。


【 無料サンプル 】
当レポートの無料サンプルは、こちらからお申し込みいただけます。
https://www.gii.co.jp/report/imarc999684-binder-excipients-market-global-industry-trends.html

【本件に関するお問合せ先】
販売代理店 株式会社グローバルインフォメーション
TEL:044-952-0102(9:00-18:00 土日・祝日を除く)
E-mail:dbm@gii.co.jp
URL:https://www.gii.co.jp

【株式会社グローバルインフォメーション 会社概要】
1995年の創立以来、海外市場調査レポートの販売を通じて企業のグローバル展開を支援しています。世界6カ国に拠点を持ち、海外の提携調査会社250社以上が発行する調査資料約10万点をワンストップでご提供。市場情報販売のグローバル・リーディングカンパニーを目指し、企業ならびに社会の発展に寄与すべく、お客様にとって真に価値ある情報をお届けしています。

創立:1995年
所在地:215-0004 神奈川県川崎市麻生区万福寺1-2-3 アーシスビル7F
事業内容:市場調査レポート/年間契約型情報サービスの販売、委託調査の受託、国際会議/展示会の代理販売
市場調査レポート/年間契約型情報サービス:https://www.gii.co.jp
委託調査:https://www.gii.co.jp/custom_research/
国際会議/展示会:https://www.giievent.jp/partnering.shtml
企業プレスリリース詳細へ
PR TIMESトップへ
本コーナーの内容に関するお問い合わせ、または掲載についてのお問い合わせは株式会社 PR TIMES ()までご連絡ください。製品、サービスなどに関するお問い合わせは、それぞれの発表企業・団体にご連絡ください。

関連記事(PRTIMES)