ホテル・レジャー 美容・健康

【totonoü】エストニア産のバレルサウナ、千葉県鋸南町の高級旅館“はなれ 橘”で導入

totonoü
-古民家をリノベーションした和の旅館で、井戸水とともに-

totonoü(本社:エストニア・タリン、代表:齋藤アレックス剛太)は、株式会社 紀伊乃国屋(本社:千葉県安房郡鋸南町、代表取締役 蛭田憲市)が運営する紀伊乃国屋本館「はなれ 橘」(千葉県安房郡鋸南町)で、totonoüのバレルサウナが導入され、提供開始に至ったことを発表します。totonoüのバレルサウナが旅館に導入されるのは全国初です。 千葉県鋸南町は南房総に位置し、鋸山や保田川沿いの頼朝桜でも知られています。アクアラインを使用すれば都心から1時間強で行ける海沿いの街で、のどかな街と舌鼓を打つ海鮮料理とともに、バレルサウナの魅力を存分に楽しんでいただけることとなりました。なお、本導入におけるプロデュースは、株式会社〆(本社:東京都目黒区、代表取締役 泉水政輝)が担当しています。




古民家とバレルサウナの融合

はなれ 橘は、古民家をリノベーションした旅館です。日本の文化が色濃く残る旅館へのバレルサウナ導入という本プロジェクトにおいては、サウナ自体は既存のモデルを使用し、塗装によって風合いを統一するという、古民家のコンセプトを生かしたかたちになりました。宿泊者は、古民家とバレルサウナ、日本とエストニアの文化とデザインの融合を、サウナに入りながらお楽しみいただけます。




サウナへと繋がるデッキへは縁側と寝室双方から行けるような設計に。そのデッキの高さとバレルサウナの入り口の高さを合わせ、自然にサウナへと引き込まれるようなデザインとなっています。バレルサウナからの動線も水風呂(井戸水を組み上げた掛け流し)から外気浴の休憩場所、温泉と、サウナ愛好家であれば、ご覧いただいた瞬間にその魅力を感じ取っていただけるような導線です。




バレルサウナの内部は、両壁にベンチを配置するレイアウト。少し低めの座面となっており、サウナ初心者の方でも入りやすい高さになっています。 ストーブは、totonoüにて「TYLO」のSENSE ELITEを設置。電気ストーブでありながら、ロウリュのできるストーブとなっており、細かいスケジュール機能も搭載されています。ストーブ本体の温度も上がりにくく、温度センサーもついているという点で、安全性の高いTylo社の電気ストーブを導入する運びとなりました。




なお、今回のプロジェクトはプロデュースを株式会社〆が担当。totonoüと共同でサウナからの導線や、エストニアのバレルサウナと日本の古民家との融合を図るなど、多角的な目線からデザインを行いました。その過程においては、紀伊乃国屋・蛭田社長や、プロジェクトに携わる設計士もバレルサウナを体験。バレルサウナ特有のまろやかな気持ち良さが決め手となり、現在のデザインへと至っています。



バレルサウナでのロウリュから、井戸水掛け流しの水風呂、そして縁側での半外気浴。朝起きて、朝陽を浴びながらのそれは、きっと誰もが“ととのう”ことでしょう。


今後について



totonoüでは温浴施設やキャンプ場、宿泊施設、不動産事業者と連携し、日本におけるサウナの選択肢を増やすべく、消防法や公衆浴場法等、各種法令を遵守しながら、事業者用・家庭用サウナの輸入・販売・施工事業を展開して参ります。


紀伊乃国屋本館「はなれ 橘」

別亭気分で旅時間を満喫できる完全プライベートの離れ。
木漏れ陽が降り注ぐ専用露天風呂とエストニア製バレルサウナ、水風呂付。
水風呂は敷地内にある江戸時代の深井戸から汲み上げた肌にやさしい天然水を使用。
お食事は朝夕、お部屋の専用ダイニングにご用意。
ご夕食は専任スタッフが目の前で調理する旬の囲炉裏会席。




紀伊乃国屋本館「はなれ 橘」のサービス詳細・予約方法は下記リンクよりご確認ください。
https://www.awa-kinokuniya.com/hanare/






本件に関するお問い合わせ先
totonoü 問い合わせ窓口 : https://totonou.co/sauna

totonoüについて
https://totonou.co/
totonoüは、“サウナと共にある暮らし”で、心とビジネスが“ととのう”を目指すフルリモート企業です。北欧・エストニアに拠点を構えながら「ととのえる」を専門とするメンバーたちが世界各国からフルリモートで勤務しています。個人用途・事業用途の両面で、北欧サウナの輸入・販売を行っています。

株式会社 紀伊乃国屋について
https://www.kinokuniya-group.co.jp/
紀伊乃国屋グループは南房総を拠点に趣異なる5軒の宿があり、それぞれが「すべてのお客様を自分の大切な人と思い、心のこもったおもてなしで、やすらぎと感動を提供する」ことを使命とし、南房総でしか味わえないものを提供し続けることにこだわり、お客様満足度No.1の宿を目指しております。

紀伊乃国屋本館「はなれ 橘」
https://www.awa-kinokuniya.com/hanare/
〒299-2118 千葉県安房郡鋸南町竜島970

株式会社 〆について
https://www.shime.co
クリエイティブコンサルティングを手がける株式会社〆(シメ)。大中小企業のブランディングをコンサルティング領域から解決。WEB制作やSEO、マーケティング施策、オウンドメディア、イベント企画運用、紙媒体制作、音楽制作、プロダクト開発、店舗デザインまでリアルからバーチャルまで手がけております。
企業プレスリリース詳細へ
PR TIMESトップへ
本コーナーの内容に関するお問い合わせ、または掲載についてのお問い合わせは株式会社 PR TIMES ()までご連絡ください。製品、サービスなどに関するお問い合わせは、それぞれの発表企業・団体にご連絡ください。

関連記事(PRTIMES)