医療・医薬・福祉

「Plus Heart Action」に賛同の声が続々!「#青いハートがあふれる社会を」3日間で460件以上の投稿!

医療法人伯鳳会
「感謝を込めて」「アクションを起こせる人でありたい」など

伯鳳会グループ(理事長:古城資久)は、2021年5月28日に可決成立した障害者差別解消法の改正法案に基づき、共に生きる社会の実現に向けていち早く具体的な行動に移すため、 「Plus Heart Action(プラスハートアクション)」を発足。活動の一環として「#青いハートがあふれる社会を」のもと、SNSで「助けられた経験談やお礼のメッセージ」、「実は足りていないサポートの実情」「サポートしたい気持ちや想い」などの本音を募集。一部を「 Plus Heart Action(プラスハートアクション) 」特設サイトで掲載し、サポートの形を分かりやすく示しながら、助け合いの架け橋になることを目指した取り組みを開始いたしました。 「 Plus Heart Action(プラスハートアクション) 」特設サイト:  https://plus-heart-action.com/  



「感謝を込めて」「当事者でもサポートしたい」など「プラスハートアクション」に賛同の声多数!

■3日間で460件以上の投稿が!様々な立場の方から続々と賛同の声が集まりました。
配布したヘルプマスクを装着した姿やオリジナルのヘルプマスクを作成された方、
写真に青いハートを付けて投稿される方など様々なカタチでサポートの意思表明が集まりました。
賛同の声を上げていただいた方の中には、ご家族やご自身に介助が必要な方やヘルプマークを利用されている方もいらっしゃり、サポートしてくれる方に対する感謝の投稿や、ご自身も誰かをサポートしたい想い、サポートでのお願いなど、様々な立場の方から多くの投稿が集まりました。




“ヘルプマスク”を設置した巨大広告で「おせっかい」の輪が広がる



2021年8月9日(月)より7日間、新宿駅メトロプロムナードに「サポートを(ハート)(カタチ)にしませんか?」のメッセージとともに“ヘルプマスク” を設置した巨大ピールオフ広告を掲出。
配布用に用意した420枚ものヘルプマスクは全て賛同いただいた方の手に渡り、現在は大きな青いハートが出現。ヘルプマスクをキッカケに、プラスハートアクションを知り、声を掛ける「おせっかい」の気持ちを大切にしていただくため、8月15日(日)まで掲出いたします。様々な障がいや、周囲からは認知が難しい疾患がある方、サポートが必要な方にとって安心できる社会になることを目指します。
■巨大ピールオフ広告概要
掲出期間:2021年8月9日(月)~8月15日(日)
掲出場所:新宿駅メトロプロムナード内「D」
掲出内容:ヘルプマスク

※駅係員へのお問い合わせはご遠慮ください


「Plus Heart Action(プラスハートアクション)」について



伯鳳会グループが取り組む、
「信頼・調和・揺らぐことのない愛」をシンボルに
具体的な助け合いのカタチを分かりやすく示し、全ての方が暮らしやすい社会を目指す活動です。
我々の利益を目的とせず、地域社会の現状把握と環境整備に積極的に取り組み、職員一人ひとりが率先して行動しその活動を発信することで、切れ目のない共生社会の実現を目指します。


本コーナーの内容に関するお問い合わせ、または掲載についてのお問い合わせは株式会社 PR TIMES ()までご連絡ください。製品、サービスなどに関するお問い合わせは、それぞれの発表企業・団体にご連絡ください。

関連記事(PRTIMES)