企業向けシステム・通信・機器 美容・健康

株式会社hacomonoがウェルネス産業の挑戦と変化を後押しするため、コーポレートミッション・ビジョン・バリューを刷新

株式会社hacomono
新ミッションは「ウェルネス産業を、新次元へ。」

株式会社hacomono(本社:東京都豊島区/代表:蓮田健一)は、日本における健康課題をウェルネス産業と共にスピード感持って解決に向かうため、ミッション・ビジョン・バリューを刷新したことをお知らせいたします。




■ 背景

少子高齢化や生活習慣病患者増加による国の医療費負担が増加し続けるなか、運動習慣や予防介護の観点から、フィットネスクラブをはじめとしたウェルネス産業は日本の課題解決を進める上で重要な社会的役割があります。
しかしながら、ウェルネス産業は欧米や中国に比べデジタル化が進んでおらず、運動への入り口や参加の敷居という観点で、顧客体験が良いとはいえない状況です。

フィットネスクラブ・スクール業界特化型の会員管理・予約・決済システム「hacomono」は、店舗の手続きをオンライン化し、入会や参加の敷居を下げ、新たな顧客体験の創出を行う中、運動人口増加を業界と共に進めるため、自社の存在意義や行動基準につながるMVV(ミッション・ビジョン・バリュー)の刷新を約半年間かけて行いました。

■ 新しく策定したミッション・ビジョン・バリュー

<ミッション>
「ウェルネス産業を、新次元へ」


<ミッション・ステートメント>

高齢化の進行、生活習慣病の深刻化、医療費の増大。

社会は今、さまざまな健康課題に直面しています。

予防医療として注目されるウェルネス産業ですが、そのポテンシャルはまだ充分に開花していない状況です。

私たちはテクノロジーの力で、業界の抱える非効率を解消していく。
そして、この産業を共に育む企業、店舗、人々の個性と可能性を解放していく。

時代は急激に変わりつづけ、人々の生活習慣や価値観も変わりつづける。
それを追い風に、ウェルネス産業の未来を広げていくこと。
それが私たちの使命です。

すべては、心身ともに充実した人を、ひとりでも増やすために。

<ビジョン>



<バリュー>



■MVV変更プロジェクトについて
当プロジェクトについて、noteでより詳しく語っています。合わせてご覧ください。
https://note.com/kenhasuda/n/n8f4290c19874

■hacomono 会員管理・予約・決済システムとは

会員管理・予約・決済システム hacomono


リアル店舗における予約・決済や入会手続きがお客様自身のPCやスマホ端末からオンラインで完結し、店舗での事務手続きや支払い手続きが大きく削減できるクラウドサービスです。店舗側では、月謝の引き落としや未払い徴収に関するオペレーションも自動化され、スタッフ業務の大幅省力化を図ることができます。

2019年3月にサービスをローンチし、これまでに700店舗以上で導入。特に昨今の新型コロナウイルスの流行で、店舗は人との接触を削減する必要があり、導入件数は前年比10倍以上のペースで増えています。

<料金>
初期費用:200,000円~(税別)
月額利用料金:1店舗35,000円~(税別)※店舗数による割引有

<サービスページURL>
https://www.hacomono.jp/

<会社概要>
社名:株式会社hacomono
所在地:東京都豊島区南池袋2-35-4 ユニティ池袋5F
代表者:蓮田 健一
創業:2013年7月
資本金:603,000,000円(資本準備金含む)
事業概要:月謝制サブスク店舗のための次世代会員管理・予約・決済システム「hacomono」の開発・提供
企業プレスリリース詳細へ
PR TIMESトップへ
本コーナーの内容に関するお問い合わせ、または掲載についてのお問い合わせは株式会社 PR TIMES ()までご連絡ください。製品、サービスなどに関するお問い合わせは、それぞれの発表企業・団体にご連絡ください。

関連記事(PRTIMES)