美容・健康 医療・医薬・福祉

プロポリス×5つの天然由来素材でシナジー効果を発揮「ノンアルツBee」2019年12月19日(木)世界最速発売

株式会社 山田養蜂場
世界で話題の「リコード法」発案者 デール・ブレデセン博士監修

 株式会社山田養蜂場(所在地:岡山県苫田郡鏡野町、代表:山田英生、以下「山田養蜂場」)は、リコード法 発案者であるデール・ブレデセン博士監修のもと、プロポリスと5つの天然由来素材を配合した新商品「ノンアルツBee」を2019年12月19日(木)、世界に先駆けて新発売いたします。


 


これは、日本で入手困難なコーヒーベリー、ポリフェノールの一種であるクルクミン、インドでも古くから健康に役立てられているツボクサ、細胞膜を構成する主成分であるホスファチジルセリン、人気素材のイチョウ葉に、ブラジル産グリーンプロポリスをかけあわせたものです。

 当社の自社研究施設「みつばち健康 科学研究所」では 、10 年以上、プロポリスの有用性の研究を進めておりますが、このたびプロポリスが、これら5つの天然由来素材の抗酸化力などを引き上げるシナジー効果をもつことが明らかになり、特許出願をいたしました。「ノンアルツ Bee」 は、その独自配合による商品です。

 なお、サプリメント先進国であるアメリカでは、当社グループ会社のヘルスケアカンパニーLifeSeasons社より、来年発売予定です。山田養蜂場は、予防医学の観点からミツバチ産品を活用した健康法である「アピセラピー」を追究することで、お客様一人ひとりの健康寿命を延伸し、社会に貢献してまいりま

す。


■リコード法とは
これまでに500名以上のアルツハイマー型認知症患者に実践され、効果が認められている画期的な治療法。アルツハイマー型認知症の原因は単一的ではなく、複数の要因によるものであると解明し、個人の症状にあわせて対策を取ることができる“オーダーメイド型の認知症治療プログラム”として、世界中で注目を浴びている。従来の「アミロイドβを除去する」という考え方ではなく、「アミロイドβが産生される複数の原因を対策する」というアプローチのもと、その原因に応じた専用のプログラムを実践することができる。

■デール・ブレデセン博士とは
アルツハイマー病などの神経変性疾患を専門とする医学博士/カリフォルニア大学 神経学部 名誉教授。著書『アルツハイマー病 真実と終焉』を2018年に出版し、米amazonランキング1位、New York Times誌、Wall Street Journal誌でベストセラーを記録。世界29カ国で翻訳出版されるなど、いま最も注目を浴びている認知症研究の権威。

【商品概要】




【素材解説】
プロポリス
ミツバチが巣の衛生状態を保つために植物の樹脂や樹液、新芽などを集め、自らが分泌する唾液やミツロウを混合して作る粘着性の物質。特に、ブラジル産プロポリスはアルテピリンCなどの桂皮酸誘導体を主成分としており、健康に関する研究が世界中で進められている。

コーヒーベリー
赤い果肉に覆われたコーヒーの実。一般に飲用されるコーヒーは、この実の中にある種(生豆)のみを焙煎したコーヒー豆から抽出される。

クルクミン
ウコンに含まれるポリフェノールの一種で、多様な機能が期待される注目の素材。

ツボクサ
別名、ゴツコラ。インドでは古くから健康のために活用されている植物。WHO(世界保健機関)が、保護すべき有用性のある植物であると発表。

ホスファチジルセリン
細胞膜を構成する主な成分で、脳や神経組織をはじめ、皮膚や血管など人体に多く存在する。食品では、主に大豆に含まれる。

イチョウ葉
近年、国内外でサプリメント素材として人気を集めているハーブ。
企業プレスリリース詳細へ
PR TIMESトップへ
本コーナーの内容に関するお問い合わせ、または掲載についてのお問い合わせは株式会社 PR TIMES ()までご連絡ください。製品、サービスなどに関するお問い合わせは、それぞれの発表企業・団体にご連絡ください。

関連記事(PRTIMES)

横浜市立大学医学部医学科同窓会 倶進会