医療・医薬・福祉 美容・健康

健診・人間ドックシステムフルバージョンアップ発表

サンテックMI株式会社
健診データーの有効利用と健診会場の合理化を目指す。


電子カルテ総合医療システム開発会社のサンテックMI株式会社(本社:栃木県小山市、代表取締役:中木 英勝)は、従来の健診システムに以下の新システムを組み合わせた総合健診システムを発表した。


■新総合健診システムの背景と方向
サンテックMI社では長年健診システムを開発販売してきた。
ここにきて健診システムの多様化で既存システムをそれぞれ別ソフトとして根本的に見直しをしてきた。
・健診・人間ドック専門のセンター、並びに出張健診
・病院、診療所に付随する人間ドック
今回は、既存の基本機能に新機能を加えて、健診・人間ドック専門のセンター、並びに出張健診に特化して製品化をして販売を進めていきます。


■基本機能
  



■新規機能
1.出張健診会場での問診、身体計測、検査実施などの登録をWeb対応で事前登録をして、健診システムと連携をする。


2.受診者が健診結果をクラウド上で参照できる機能。

■価格
・基本ソフト費60万円(端末10台まで)
 請求、報告書、集計処理、協会けんぽ対応含む
・新機能ソフト費60万円

■本件の問い合わせ先
・サンテックMI株式会社 (https://www.suntec-mi.co.jp
担当:中木 英勝 TEL:0285-39-7752 Mail:nakaki@suntec-mi.co.jp
企業プレスリリース詳細へ
PR TIMESトップへ
本コーナーの内容に関するお問い合わせ、または掲載についてのお問い合わせは株式会社 PR TIMES ()までご連絡ください。製品、サービスなどに関するお問い合わせは、それぞれの発表企業・団体にご連絡ください。

関連記事(PRTIMES)