医療・医薬・福祉 その他

シャイン・オン!コネクションズ × キャリア支援

特定非営利活動法人シャイン・オン・キッズ
Yahoo!基金の助成でシャイン・オン!キッズによる長期入院中の子ども向け新プログラム「バーチャル職場体験」がスタートしました!

認定 特定非営利活動法人 シャイン・オン・キッズ(東京都中央区 理事長 キンバリ・フォーサイス)は、全国18の病院に展開する「シャイン・オン!コネクションズ」プログラムの中で、この度新しく、Yahoo!基金(東京都千代田区 理事長 川邊 健太郎(ヤフー株式会社 代表取締役社長 社長執行役員 CEO))の助成のもと、「バーチャル職場体験」を開始しました。


初回は特定非営利活動法人アスリード(神奈川県横浜市 代表理事 杉野 瞳、武政 祐 以下 アスリード)との協働事業として、横浜市立大学附属病院の院内学級の小学生・中学生を対象とし、昭和精工株式会社(神奈川県横浜市 代表取締役 木田 成人・以下 昭和精工)のオンラインでの職場体験を実施しました。


横浜市立大学附属病院に向けて昭和精工内からアスリードの武政共同代表が職場見学前のワークショップを行う
ワークショップ時の横浜市立大学附属病院の院内学級

「リモート潜入!日本のものづくりを支える金型工場」と題した初回は、病院の近隣にある昭和精工にてオンラインでの金型作成の工場見学を行いました。
実際の作業の様子を代表取締役に案内していただき、製品を作る社員の方々の思いや、社長様の社員を大切にする気持ちを伺うことで、参加された子どもたちが「働く」意味を身近に感じられるプログラムとなりました。
職場見学前に自社で製作する「金型」について説明している昭和精工の木田社長
子ども達は熱心にオンラインでの説明を聞き、「手を怪我しないのか心配です」と社員のことを気遣うシーンも。

工場見学の際には分身ロボットのOriHimeも使用。子どもたち自身が病院からOriHimeを操作することで、現場にいる臨場感やリアリティを体感。見学終了後には子どもたちと代表取締役の木田様との心温まる手紙によるやりとりが行われ、職場体験を通して、深い学びが得られる大変有意義なワークショップになりました。

それぞれの子ども達が「働く意味」についてしっかりと受け止め自身の言葉に置き換えて感想を述べていた。

「バーチャル職場体験」は、入院中の子どもたちへのキャリア支援を目的とし、オンラインで社員の方達と繋がることで、より学びの多い体験となるように工夫を凝らしています。今後も希望病院を募り、院内学級ともコラボしながら4回実施予定です。


▼横浜市立大学のキャリア支援企画についてはTwitterでも紹介されています
https://twitter.com/YCU_koho/status/1415128920039559168?s=20


◆Yahoo!基金
理事長 : 川邊 健太郎(ヤフー株式会社 代表取締役社長 社長執行役員 CEO)

情報技術(IT)を使った課題解決への取組み、次世代の育成・支援プログラムの実施など「IT利活用による社会の発展および課題解決」または「自然災害や感染症に対する支援」のために活動を行っている各種団体に対して資金等による助成を行っています。
https://kikin.yahoo.co.jp/




◆NPO法人アスリード(特定非営利活動法人アスリード)
NPO法人アスリードは、若者たちがどんな環境にあっても自分を信じて自分の人生を力強く歩んでいけるように、学校・地域・企業・行政といった枠組みを超えて、共に学び成長しあえる“キャリア共育”を展開しています。
https://aslead.org/


◆昭和精工株式会社
昭和精工株式会社は、アルミ缶や電気自動車の電池など身近にある金属製品を成形する金型を作っている会社です。
創業60年を超え、お客様の満足度を最大化するために「優れた技術力」と「ノウハウ」を蓄積し、究極の「モノづくり」を追求しています。
https://www.showa-seiko.co.jp/


◆認定 特定非営利活動法人シャイン・オン・キッズ
小児がんや重い病気のお子さんとそのご家族を心のケアのプログラムで支援。ファシリティドッグ・プログラム(動物介在療法)、ビーズ・オブ・カレッジ・プログラム(アート介在療法)、キャンプカレッジ(小児がん経験者のコミュニティ運営)、シャイン・オン!コネクションズ(オンラインで心のケアや学習支援アクティビティを提供)などを運営。2006年設立、2021年現在全国25病院にて活動中。
https://ja.sokids.org/
企業プレスリリース詳細へ
PR TIMESトップへ
本コーナーの内容に関するお問い合わせ、または掲載についてのお問い合わせは株式会社 PR TIMES ()までご連絡ください。製品、サービスなどに関するお問い合わせは、それぞれの発表企業・団体にご連絡ください。

関連記事(PRTIMES)