医療・医薬・福祉 その他

東京都デジタルサービス局「KING SALMON PROJECT」による マッスルスーツ Every 公共調達の導入開始

株式会社イノフィス
株式会社イノフィス(東京都新宿区、代表:折原 大吾、以下「イノフィス」)は、令和2年度に参画した東京都デジタルサービス局によるKING SALMON PROJECT(キングサーモンプロジェクト)における実証実験結果を踏まえ、イノフィスの マッスルスーツ Every が地方自治法施行令第167条の2に基づき「公共調達に関するスタートアップ企業のプロダクト等の認定」を受けました。この認定によって、東京都が マッスルスーツ Every を購入する際は随意契約となり、このたび以下の公共調達を実施しました。



「マッスルスーツ Every」公共調達の導入

今回の公共調達は、マッスルスーツ Every を使った実証実験を昨年10月に実施した、介護等の現場の日野療護園をはじめとする「福祉施設」に加え、福祉・介護の教育現場である「都立高等学校」2校にも導入されました。

1. 福祉施設:計28台
 1.(社福)東京都社会福祉事業団 七生福祉園(東京都日野市程久保843):2台
 2.(社福)東京都社会福祉事業団 日野療護園(東京都日野市落川245-1):22台
 3.(社福)東京都社会福祉事業団 希望の郷東村山(東京都東村山市萩山町1-35-1):4台

2. 福祉学科 介護福祉科がある都立高等学校:計24台
 1.東京都立赤羽北桜高等学校(東京都北区西が丘3-14-20):12台
 2.東京都立野津田高等学校(東京都町田市野津田町2001番地):12台


写真はイメージです

▶ KING SALMON PROJECT採択企業 イノフィス:https://kingsalmon.tokyo/company/innophys.html


マッスルスーツ Every について



中腰姿勢を保つ、人や重い物を持ち上げるなどの作業時に腰の負担を低減するアシストスーツです。最大25.5kgfの補助力、重量は3.8kgと軽量。電力を使用せず、圧縮空気を使用した人工筋肉が補助力を発揮するため、製造・農業・介護・物流・建設などの作業現場にご利用いただけます。2021年4月末現在、マッスルスーツ(R)はシリーズ累計出荷台数20,000台を突破。人工筋肉を使用した外骨格型アシストスーツでは世界一(当社調べ)の出荷台数を誇ります。
▶ マッスルスーツ Every 公式ブランドサイト: https://musclesuit.co.jp/


イノフィスはこれからも、身体に負担がかかる作業に従事する方々に向けて有益な製品を開発し、世の中をより良く、生活しやすいものにしていくという革新の実現に尽力、寄与してまいります。
企業プレスリリース詳細へ
PR TIMESトップへ
本コーナーの内容に関するお問い合わせ、または掲載についてのお問い合わせは株式会社 PR TIMES ()までご連絡ください。製品、サービスなどに関するお問い合わせは、それぞれの発表企業・団体にご連絡ください。

関連記事(PRTIMES)