広告・マーケティング 医療・医薬・福祉

分子生物学用酵素・キット・試薬の市場規模、2028年に411億471万米ドル到達予測

株式会社グローバルインフォメーション
株式会社グローバルインフォメーションは、市場調査レポート「分子生物学用酵素・キット・試薬の世界市場:将来予測 (2028年まで)、新型コロナウイルス感染症 (COVID-19) の影響、製品別・用途別・エンドユーザー別・地域別の分析」(The Insight Partners)の販売を8月13日より開始いたしました。 【 当レポートの詳細目次 】 https://www.gii.co.jp/report/tip1004674-molecular-biology-enzymes-kits-reagents-market.html





分子生物学用酵素・キット・試薬の市場規模は、2020年の109億8717万米ドルから、2028年には411億471万米ドルに達し、2021年から2028年にかけて17.8%のCAGRで成長すると予想されています。

生物学用酵素は、生体内の化学反応を促す上で重要な役割を果たしており、分子生物学的な酵素は、実験室でのサンプルの調製に推奨されます。また、これらの試薬は、ポリメラーゼ連鎖反応(PCR)、DNAシーケンス、細胞分析などの様々なプロセスで利用されます。市場の成長には、ゲノミクスへの健全な資金提供、シーケンス手順のコスト低下、慢性疾患の増加など、いくつかの推進要因があります。しかし、熟練した専門家が少ないことが市場の成長を妨げています。
分子生物学用酵素、キット、試薬の市場は、COVID-19パンデミック状況下で大きな成長を見せています。COVID-19を引き起こす新型コロナウイルスに対する新しいワクチンや治療プラットフォームを開発するために、医療研究機関、市場関係者、学術センターの多くが研究開発活動に積極的に取り組んでいます。このような研究開発活動の活発化により、分子生物学用キット・試薬の需要が高まり、市場の成長を牽引するものと期待されます。

ゲノミクスへの健全な資金提供が市場の成長を促進

ゲノムシークエンスは、数年前までは研究施設に限られていました。しかし、今では臨床現場での一般的な手法の一つとなっています。今後数年間で、医療分野では6000万人以上の患者のゲノムデータが生成されると予想されています。ゲノム解析を医療システムに導入する動きは、政府による多額の投資に支えられており、少なくとも14カ国で総額40億米ドルを超える投資が行われています。英国では、慈善団体と製薬会社が2億ドルの官民協力を行い、世界最大のゲノムプロジェクトを発表しました。英国では、すでに10万人のゲノムプロジェクトで世界最大のゲノムデータベースを構築しています。英国の研究・イノベーション部門であるInnovate UKが主導するこのプロジェクトは、英国の医療サービスから得られたデータと実際のエビデンスを組み合わせ、病気診断のための新しい製品やサービスを生み出すために、資金を通じて研究者や産業界を支援しています。


【 無料サンプル 】
当レポートの無料サンプルは、こちらからお申し込みいただけます。
https://www.gii.co.jp/report/tip1004674-molecular-biology-enzymes-kits-reagents-market.html

【本件に関するお問合せ先】
販売代理店 株式会社グローバルインフォメーション
TEL:044-952-0102(9:00-18:00 土日・祝日を除く)
E-mail:dbm@gii.co.jp
URL:https://www.gii.co.jp

【株式会社グローバルインフォメーション 会社概要】
1995年の創立以来、海外市場調査レポートの販売を通じて企業のグローバル展開を支援しています。世界6カ国に拠点を持ち、海外の提携調査会社250社以上が発行する調査資料約10万点をワンストップでご提供。市場情報販売のグローバル・リーディングカンパニーを目指し、企業ならびに社会の発展に寄与すべく、お客様にとって真に価値ある情報をお届けしています。

創立:1995年
所在地:215-0004 神奈川県川崎市麻生区万福寺1-2-3 アーシスビル7F
事業内容:市場調査レポート/年間契約型情報サービスの販売、委託調査の受託、国際会議/展示会の代理販売
市場調査レポート/年間契約型情報サービス:https://www.gii.co.jp
委託調査:https://www.gii.co.jp/custom_research/
国際会議/展示会:https://www.giievent.jp/partnering.shtml
企業プレスリリース詳細へ
PR TIMESトップへ
本コーナーの内容に関するお問い合わせ、または掲載についてのお問い合わせは株式会社 PR TIMES ()までご連絡ください。製品、サービスなどに関するお問い合わせは、それぞれの発表企業・団体にご連絡ください。

関連記事(PRTIMES)