自然・環境 医療・医薬・福祉

ビーチがバリアフリー!?障がいの有無に関わらず、海を満喫!障がい者と健常者が共に海を体験、楽しむイベントを開催!

海と日本プロジェクト広報事務局
2021年8月9日 西浜海水浴場

ドリームやまがた里山プロジェクトでは、ビーチをバリアフリー化し、障がい者と健常者が共に海を体験、楽しむイベントを開催いたしました。イベントでは、イカダやカヤック等のマリンアクティビティを行い、浜辺に車イスやベビーカー、歩行補助くるま等で降りることができるよう、古タイヤをリサイクルしたゴムマットを砂浜に設置しました。このイベントは、日本財団が推進する海洋ごみ対策事業「海と日本プロジェクト・CHANGE FOR THE BLUE」の一環で開催するものです。



イベント概要
・開催概要:ビーチがバリアフリー!?in西浜海水浴場
・日程:2021年8月9日(月)
※8月6日(金)~8月9日(月)の4日間砂浜に休憩テントとゴムマットを敷設、イベント開催は9日
・開催場所:西浜海水浴場
・参加人数:9日のイベント/38名  6日~9日間の敷設物利用者/延850名余
・協力団体:遊佐町、NPO法人自然体験温海コーディネット、山形ライフセービングクラブ

バリアフリービーチイベント
8月9日(月)に遊佐町西浜海水浴場で、障がいのある方や、健常者が一緒になって楽しめるバリアフリービーチイベントを開催致しました。イベントでは、イカダや車いすの方でも座って海水浴ができるビーチスター等の「マリンアクティビティ」を用意しました。参加表明(9日・10日)していた施設3施設で計48名の障がい者の参加を予定していましたが、コロナ禍で急遽参加見送りの連絡を受け参加者なしとなり、また10日に関しては台風暴風予報でこちらから施設等へ連絡、中止としました。
9日の参加者は海水浴客への呼びかけでアクティビティや車イス体験に参加していただいた人数です。


砂浜にゴムマットを敷設
8月6日~9日の期間中、浜辺に車イスやベビーカー、歩行補助くるま等で降りることができるよう、古タイヤをリサイクルしたゴムマットを設置しました。山形ライフセービングクラブ管理のもと、普段なかなか海に親しむ事ができない方々にも、安心安全に海を体感して頂きました。
敷設日の6日~8日までの間、管理していただいたライフセーバー詰め所からの目視による推計では、1日当たりのマットや休憩テントの利用者数は約200~250名、3日間計700名余と報告を受けました。
台風前日の少し閑散とした日にも関わらず、イベント当日の9日と合わせ、約850名余の一般海水浴客にバリアフリービーチ事業と目的を広報・啓発できたものと思います。



団体概要
団体名称:ドリームやまがた里山プロジェクト
所在地:山形県山形市十日町三丁目9-36
電話番号:023-666-6967
代表理事:小谷卓
設立:2015年11月30日

CHANGE FOR THE BLUE
国民一人ひとりが海洋ごみの問題を自分ごと化し、”これ以上、海にごみを出さない”という社会全体の意識を向上させていくことを目標に、日本財団「海と日本プロジェクト」の一環として2018年11月から推進しているプロジェクトです。
産官学民からなるステークホルダーと連携して海洋ごみの削減モデルを作り、国内外に発信していきます。
https://uminohi.jp/umigomi/

日本財団「海と日本プロジェクト」
さまざまなかたちで日本人の暮らしを支え、時に心の安らぎやワクワク、ひらめきを与えてくれる海。そんな海で進行している環境の悪化などの現状を、子どもたちをはじめ全国の人が「自分ごと」としてとらえ、海を未来へ引き継ぐアクションの輪を広げていくため、オールジャパンで推進するプロジェクトです。
https://uminohi.jp/
企業プレスリリース詳細へ
PR TIMESトップへ
本コーナーの内容に関するお問い合わせ、または掲載についてのお問い合わせは株式会社 PR TIMES ()までご連絡ください。製品、サービスなどに関するお問い合わせは、それぞれの発表企業・団体にご連絡ください。

関連記事(PRTIMES)