美容・健康 流通

パーフェクトワン15周年企画<第2弾>パーフェクトワンの開発秘話を公開

新日本製薬 株式会社
新日本製薬 株式会社(本社:福岡市、代表取締役社長:後藤孝洋)が展開する『パーフェクトワン』は、今年で15周年を迎えたことを記念し、記念ロゴや記念サイトを公開しています。(https://perfectone15.com) 今回、特別企画の第2弾として5年連続オールインワンスキンケア市場国内売上NO.1※1の実績を持つパーフェクトワン オールインワン美容液ジェルシリーズの開発秘話を2021年8月16日(月)より15周年記念サイト内で公開いたします。



2006年の発売以来、幅広い世代の皆さまにご愛用いただき、今年で15周年を迎えた『パーフェクトワン』。商品名の『パーフェクトワン』に込められた想いや、オールインワンジェルの誕生秘話、さらには開発の際に苦労したことなど貴重な裏話を当社の研究開発担当者が詳しくご紹介いたします。



コンテンツ概要


タイトル:PERFECT ONE 開発秘話
15周年記念サイトURL:https://perfectone15.com

・パーフェクトワン誕生のきっかけや名前の由来は?
・パーフェクトワン発売当初の反響は?
・パーフェクトワンに欠かせない成分とは?
・コラーゲンに着目しようと思ったきっかけは?
・新日本製薬の商品開発の流れは?
・オールインワンジェルを開発するにあたって苦労したことは?
・次なるコラーゲンは?
・リブランディングに込めた想いとは?
・新ブランドとして「PERFECT ONE FOCUS」の魅力は?




注目トピックス


パーフェクトワン誕生のきっかけや名前の由来は?
商品開発をスタートした当時、多くのお客さまから「忙しい毎日でも短時間で簡単にお手入れできるものが欲しい」とのお声を多数いただきました。そこで私たちは「シンプルなケアで確かな手応えを感じられたら、忙しい女性が限られた時間を有効に使うことができ、さらに美しく輝けるのではないか」と考えました。そこから「シンプルかつ多機能なアイテム」をめざし研究を重ね、1つで6役の機能をもつオールインワンジェルが誕生しました。『パーフェクトワン』は、「肌に必要な成分を、必要なところへ届ける※2“完璧な1本”でありたい」。そんな願いを込め名づけられました。

オールインワンジェルを開発するにあたって苦労したことは?
開発を進める中で様々な課題がありました。中でも、最も苦労したのはコラーゲンの配合技術です。従来のコラーゲンは分子量が大きく肌に浸透※2しづらいという課題がありました。そこで私たちはコラーゲンを小さなカプセルに閉じ込めることですみずみまで届き※2やすく、さらにハリを生み出す「カプセルコラーゲン※3」の開発に成功することができました。

※1 富士経済「化粧品マーケティング要覧2017~2021」(モイスチャー部門およびオールインワン部門/メーカー、ブランドシェア2016~2020実績) ※2 角質層まで ※3 保湿成分



パーフェクトワン15周年記念サイトについて


パーフェクトワンの発売15周年を記念して、「じぶんリズム。-大切なコトを大事に、毎日をわたしらしく。-」をテーマに記念サイトをオープン。当サイトでは、どんなときでも大切にしたいコト・モノとつながり、前向きに自分らしく生きていける、そんな毎日に寄り添える情報を発信しています。




パーフェクトワンについて


多様化する女性の生き方を応援するスキンケアブランドとして2006年に誕生した『パーフェクトワン』は、15周年を迎えた2021年に新ブランドメッセージ「シンプルケアこそ、肌本来の美しさへ」を掲げ、10月1日(金)にリブランディングを実施します。主力製品のオールインワン美容液ジェルシリーズは、オールインワン市場で5年連続国内売上NO.1※1、累計販売実績6,500万個※2を突破しています。パーフェクトワンの商品は、通販、オンラインショップ、全国11店舗のパーフェクトワン直営店、690店舗を超える取扱店でお求めいただけます。



※1 富士経済「化粧品マーケティング要覧2017~2021」(モイスチャー部門およびオールインワン部門/メーカー、ブランドシェア2016~2020実績) ※2 パーフェクトワン オールインワン美容液ジェルシリーズ累計販売実績2006年5月~2021年5月(ラフィネ パーフェクトワンシリーズ含む)
企業プレスリリース詳細へ
PR TIMESトップへ
本コーナーの内容に関するお問い合わせ、または掲載についてのお問い合わせは株式会社 PR TIMES ()までご連絡ください。製品、サービスなどに関するお問い合わせは、それぞれの発表企業・団体にご連絡ください。

関連記事(PRTIMES)