医療・医薬・福祉

TBC(Team Beat COVID-19)との往診サービスにおける業務連携のお知らせ

MRT株式会社

医療情報のプラットフォームを提供するMRT株式会社(本社:東京都渋谷区、 代表取締役:小川 智也、以下当社)は、TBC(Team Beat COVID-19)(所 在:大阪市中央区、団体代表医師: 岩田 貴光、以下TBC)と、このたび往診サービスにおける質や安全の向上を目的とする業務連携を締結しましたので、 お知らせいたします。


左から、TBC事務長 濱崎真悟、TBC代表医師 岩田貴光、MRT執行役員 加藤修孝、MRTシニアリーダー 富樫拓也


■業務連携の目的
当社は、「医療を想い、社会に貢献する。」を企業理念とし、独自のテクノロジーを活用した医療情報のプラットフォームを提供し、外勤と呼ばれる勤務形態(以下、「非常勤」)の紹介実績が累計150万件以上を誇る「Gaikin」を展開しています。

またアプリ「Door.」を利用したオンライン相談・診療「Door.into 健康医療 相談」サービスに往診機能を統合し、オンラインによる医師への健康相談、オ ンライン診療、往診までの一気通貫モデルを確立し、大阪府から受託した「自宅療養者緊急相談センター」においても、同サービスを提供しております。

一方、TBC は、新型コロナウィルス感染症をはじめとした災害に対し、人種、 性別、思想信条、社会的身分による差別をすることなく、患者に必要な医療を提供し、安心を与えることを目的とし、大阪大学医学部出身の団体代表医師を はじめ、府内の急性期病院で勤務する医師達約70名体制で、高度な医療を提 供できるスペシャリストの医師集団を構成し活動しております。

現在ますます増加する、新型コロナウィルス感染症に感染した自宅療養者な どへの在宅治療をはじめとした治療活動を積極的におこなっています。

本連携により、TBCの所属する医師がもつ医療現場で培った最高水準のスキ ルと医療知識と、当社が提供する「Gaikin」や「往診サービス」の医療情報プ ラットフォームが融合し、 地域医療機関と連携することで、今後増加が見込ま れる新型コロナウィルス感染症陽性の自宅療養者に対し、安心して自宅で診療 が受けられる環境を整備し、往診サービスの質や安全の向上を図り、ひいては 医療の価値向上を通じて社会に貢献してまいります。

■提携先の概要(2021年8月16日現時点)
https://medrt.co.jp/
名称 : TBC(Team Beat COVID-19)
代表者:団体代表医師 岩田貴光
本社:大阪府大阪市中央区南久宝寺町2丁目1番2号7階
設立:2020年10月
サービス内容:新型コロナウィルス感染症をはじめとした医療提供

MRT株式会社プレスリリース
https://medrt.co.jp/pr/pdf/news-2021-0816-2.pdf

本件に関するお問合せ
MRT株式会社 広報担当:西岡
<メール> mrt-pr@medrt.com
<電話> 03-6415-5294(平日10:00~19:00)

-------------------------------------------------------------------------------------
<会社概要>
会社名:MRT株式会社
代表者:小川智也
資本金:4億3,053万円

株式公開市場:東証マザーズ
所在地:〒150-0041 東京都渋谷区神南1-18-2 フレーム神南坂3階
設立:2000年1月26日
主な事業内容:医療情報のプラットフォームの提供

プライバシーマーク認定番号:第10862231号
有料職業紹介事業許可番号:13-ユ-010403
企業プレスリリース詳細へ
PR TIMESトップへ
本コーナーの内容に関するお問い合わせ、または掲載についてのお問い合わせは株式会社 PR TIMES ()までご連絡ください。製品、サービスなどに関するお問い合わせは、それぞれの発表企業・団体にご連絡ください。

関連記事(PRTIMES)