食品・飲料 流通

「1日分の野菜1/2相当が摂れる中華丼」新発売!

株式会社 ベイシア
~手軽においしく野菜がたっぷり~

株式会社ベイシア(本社:群馬県前橋市、代表取締役社長:橋本浩英)は、「1日分の野菜1/2相当が摂れる中華丼」を8月18日(水)よりベイシア全店(ベイシアマート除く)で新発売いたします。1食で1日あたりの野菜摂取目標量350gの半分の量の野菜が摂れる中華丼です。おいしく手軽に野菜が摂れますので、ぜひ日々のお食事に取り入れてみてください。


◆野菜摂取量目安と現状
「健康日本21※(第二次)」の掲げる目標値によると、成人1日あたりの野菜摂取目標は350g。ところが、20歳以上の野菜摂取量の調査によると全世代の平均値は280.5gと目標の摂取量と比べると大きく下回っています(グラフ1)。また、グラフ2のように年代別に摂取量を見ると20代~30代の野菜摂取量が特に少なく、350g摂取している方の割合が20%前後、特に20代~30代の女性の野菜摂取量は、目標値の約60%となっています。特に若い世代の野菜摂取不足が見て取れます。
※健康日本21 : 厚生労働省により進められている「21世紀における国民健康づくり運動」、通称「健康日本21」。2010年を目指した健康づくり運動として2000年より開始。さらに2013年からは「健康日本21(第二次)」が行われています。


※グラフ1・2ともに、厚生労働省調査 「令和元年 国民栄養・健康調査」結果より作成


◆商品概要



商品のこだわりポイント!
こだわりその1ぷちぷち食感が楽しめるもち麦ご飯
中華丼のお米はもち麦ご飯を使用。もっちり&ぷちぷちした食感がアクセントになり、おいしさを引き立てます。
こだわりその2 野菜たっぷり
1日に必要な野菜の1/2相当が摂取できる中華丼です。白菜、キャベツ、玉ねぎ、にんじん、ヤングコーンなど計9種類の野菜をふんだんに使用しています。彩り鮮やかで視覚でも楽しみながら野菜をお摂りいただけます。
こだわりその3食欲そそるあんかけタレ
中華丼の味の決め手、あんかけのタレには醤油に鶏・カキ・ホタテの旨みを加え、ごま油とにんにくで風味よく仕上げました。旨みたっぷり、風味豊かなあんかけでご飯が進みます。



ベイシアは、生活に「価値」を提供できる商品やサービスの提案を通して、今後もお客様の日常に寄り添いながら多くの方に喜んでいただけるよう進化を続けてまいります。
企業プレスリリース詳細へ
PR TIMESトップへ
本コーナーの内容に関するお問い合わせ、または掲載についてのお問い合わせは株式会社 PR TIMES ()までご連絡ください。製品、サービスなどに関するお問い合わせは、それぞれの発表企業・団体にご連絡ください。

関連記事(PRTIMES)