出版・アート・カルチャー

動悸・不整脈・胸の痛み・心筋梗塞など……。心臓にまつわる不安が消える!心臓専門医が教える生活習慣の見直し方とは?正しい心臓のケアで健康長寿に

株式会社自由国民社
書籍『心臓専門医が教える!健康長寿の人が毎日やっている心臓にいいこと』発売

株式会社自由国民社(東京・豊島区、代表取締役社長・石井悟)は、2021年8月17日に書籍『心臓専門医が教える!健康長寿の人が毎日やっている心臓にいいこと』を刊行しました。


『心臓専門医が教える!健康長寿の人が毎日やっている心臓にいいこと』(別府浩毅・著)
日本人の死因第2位でもある「心臓病」。身近な病気であるにもかかわらず、「特に心臓のケアしていない」という方も多いのではないでしょうか。

本書では、「食事」「運動」「呼吸」「脳(ストレス)」「睡眠」の5つの生活習慣についてどのように見直すべきか、心臓専門医がわかりやすく解説しています。

心臓にいい生活とは、心臓に負担をかけてしまう急激な変化を起こさないようにすること。書籍では「急激な血糖値の上昇を防ぐために清涼飲料水ではなく、水やお茶を飲む」「負荷をかけすぎない適度な運動で心臓を強くする」といった誰でもすぐに実践できる内容を紹介しています。
心臓専門医による解説
イラスト付きでよくわかる!

また、医学的に正しい「質の良い睡眠のとり方」「ストレスが心臓へ及ぼす影響」なども解説しており、この一冊で「心臓にやさしい生活」が分かります。




書名:『心臓専門医が教える!健康長寿の人が毎日やっている心臓にいいこと』
著者:別府浩毅
定価:1,430円(10%税込)
判型:四六判
頁数:224頁
ISBN:978-4-426-12722-0
発行日:2021年8月17日


【目次】
第1章 心臓は生活習慣でよくなる!
第2章 心臓がよくなる「食」の習慣
第3章 心臓がよくなる「運動」の習慣
第4章 心臓がよくなる「呼吸」の習慣
第5章 心臓がよくなる「脳」の習慣
第6章 心臓がよくなる「睡眠」の習慣

【著者】
別府 浩毅(べっぷ こうき)
心臓専門医(循環器専門医)・総合内科専門医・糖尿病専門医・透析専門医
広島大学医学部医学科卒。京都大学付属病院、三菱京都病院等で循環器内科、糖尿病を専門として15年の勤務を経て独立開業。「第一は生活習慣の見直し」をモットーとし、治療薬や高度な医療機器による成果を出しつつも、患者自身が生活を振り返り、改善することを重視している。特に心臓疾患の多くが糖尿病などの生活習慣病と大きく関係していることを危惧しており、食事・運動といった日常の基本的な生活習慣改善を重点的に指導。生活習慣病は相互に関連することから、より質の高い医療を提供する医師としても珍しい4つもの領域の専門医資格を取得。「患者とともに歩む医療」をテーマに掲げ、日々の治療に励んでいる。

【書籍のご購入はこちら】
楽天ブックス:https://a.r10.to/hk8jOF
Amazon:https://amzn.to/2VmJsJ9

【会社概要】
会社名:株式会社自由国民社
所在地:〒171-0033 東京都豊島区高田3-10-11
代表者:石井 悟
設立:1928年(昭和3年)8月5日
URL:https://www.jiyu.co.jp/
事業内容:雑誌・書籍の編集、出版等

【お客様からのお問い合わせ先】
株式会社自由国民社
TEL:03-6233-0781
FAX:03-6233-0780

【本リリースに関する報道お問い合わせ先】
株式会社自由国民社
宣伝企画部
TEL:03-6233-0783
FAX:03-6233-0780
企業プレスリリース詳細へ
PR TIMESトップへ
本コーナーの内容に関するお問い合わせ、または掲載についてのお問い合わせは株式会社 PR TIMES ()までご連絡ください。製品、サービスなどに関するお問い合わせは、それぞれの発表企業・団体にご連絡ください。

関連記事(PRTIMES)