医療・医薬・福祉

スクエル 小児科外来診療の充実度ランキング

ミーカンパニー
小児科外来診療の地域差

ミーカンパニー株式会社(本社:東京都新宿区、代表取締役:前田 健太郎 以下 「当社」)は、保険医療機関の様々な情報を収集。高いクレンジング技術でデータベース化しています。このたび、全国の医療機関を対象に小児科外来診療料、小児かかりつけ診療料の施設基準届出件数(2021年6月開示請求時点)について調査しました。(小島)


■ホワイトペーパーDLサイト
SCUEL DATA REPORT Vol.11 ~「小児科外来診療の今」


https://scueldata.me/news/2021/08/17/5581/?from=refprt012

■ 小児人口10万人あたり小児科外来診療料の施設基準届出件数
小児科外来診療料とは、小児科を標榜する保険医療機関で6歳未満の乳幼児に対して診療を行った場合に算定でき、小児科を標榜している保険医療機関で届出が可能です。

人口10万人あたりの小児科外来診療料の届出を行っている医療機関数を集計しました。
※小児人口は0歳~9歳で集計 福島県を除く (2021年6月収集時点)


都道府県別 小児人口10万人あたりの「小児科外来診療料」届出医療機関数



2021年6月時点、全国の小児科外来診療料届出件数は13,003件。
以下、都道府県別、二次医療圏別に小児人口(0歳~9歳)10万人あたりの充足度を可視化しました。





人口あたりの小児科外来診療料の届出数が最も多いのは岐阜県で284.6件、沖縄県は32.1件という結果となりました。



二次医療圏別 小児人口10万人あたりの「小児科外来診療料」届出医療機関数









二次医療圏別に見ると、人口あたりの件数が最も多いのが群馬県吾妻の578.0件、少ない医療圏は沖縄県宮古の17.6件という結果でした。


■ 小児人口10万人あたり小児かかりつけ診療料の施設基準届出件数

小児かかりつけ診療料とは、
かかりつけ医として患者の同意を得た上で、緊急時や専門外の場合を除いて継続的かつ全人的な医療を行うことについて評価したものです。常勤の医師が配置されており、時間外対応を行っている医療機関です。

小児科のかかりつけ機能を持つ医療機関は、地域にどれだけあるのか。人口10万人あたりの医療機関数を集計しました。
※小児人口は0歳~9歳で集計 福島県を除く (2021年6月収集時点)



都道府県別 小児人口10万人あたりの「小児かかりつけ診療料」届出医療機関数


2021年6月時点、全国の小児かかりつけ診療料届出件数は1,755件。
以下、都道府県別、二次医療圏別に小児人口(0歳~9歳)10万人あたりの充足度を可視化しました。






人口あたりのかかりつけ診療料の届出数が最も多いのは富山県で36.4件、沖縄県は0.6件という結果となりました。

また、都道府県よりもさらに細かい⼆次医療圏で調査してみたところ、都道府県内でも開きがあることが分かりま した。



二次医療圏別 小児人口10万人あたりの「小児かかりつけ診療料」届出医療機関数






二次医療圏別に見ると、人口あたりの件数が最も多いのが宮崎県日高串間の8.08件、小児かかりつけ診療料の届出を行っている医療機関が無い二次医療圏が89ありました。

ミーカンパニーでは引き続き、地域医療の今を豊富なデータからお伝えしていきます。

二次医療圏別の詳細な件数は、下記リンクよりご確認いただけます。

■ホワイトペーパーDLサイト
SCUEL DATA REPORT Vol.11 ~「小児科外来診療の今」

https://scueldata.me/news/2021/08/17/5581/?from=refprt012


■施設基準データセット(医科)
https://scueldata.me/dataset/requirement-medical

企業プレスリリース詳細へ
PR TIMESトップへ
本コーナーの内容に関するお問い合わせ、または掲載についてのお問い合わせは株式会社 PR TIMES ()までご連絡ください。製品、サービスなどに関するお問い合わせは、それぞれの発表企業・団体にご連絡ください。

関連記事(PRTIMES)