美容・健康 アパレル・ファッション

【子どもの学習支援にサプリを活用】発達障害の子どもを持つ親と小児科医に調査!栄養が不足すると勉強に影響が出やすくなる!?

株式会社クラウディア
8割以上の小児科医が「発達障害と栄養素(食事療法)は関係がある」と回答

株式会社クラウディア(本社所在地:東京都港区、代表取締役:林 えり子)は、発達障害の子ども(小学生以下)を持つ親御さんと小児科医を対象に、「発達障害の子どもの学習事情」に関する調査を実施しました。


「子どもの発達障害」について、皆さんはどのくらい知識をお持ちでしょうか?

発達障害には、「自閉症スペクトラム障害」「注意欠陥多動性障害」「学習障害」の3つがあります。
どれか1つではなく複数の障害を併発することが多いそうですが、その中でも学習障害は、「限局性学習症」「LD(Learning Disorders)」とも呼ばれ、「聞く」「話す」「読む」「書く」「計算する」ことを不得手とします。
また、運動や他人の動きを真似することが苦手といった傾向も現れるそうです。

総合的な知能発達の遅れはありませんが、学校などの集団生活につまづいてしまうケースが多々見られます。
そのため、不登校や学業不振に陥らないよう、家庭・学校・医療関係者による適切な支援が必要不可欠です。

では、実際に発達障害のある子どもの学習事情はどうなっているのでしょうか?
さらに、発達障害を持つ子どもに対して親はどのような学習支援ができるのか、知っておきたいポイントです。

そこで今回、子どもの成長期サプリ『GPCワン』https://bit.ly/3CEpZoi)を販売する株式会社クラウディアhttps://www.claudia.co.jp)は、発達障害の子ども(小学生以下)を持つ親御さんと小児科医を対象に、「発達障害の子どもの学習事情」に関する調査を実施しました。

発達障害に対する理解を深めることで、子どもが伸び伸びと成長できる環境を整えていきましょう。


【発達障害の子どもの学習状況と、親が行っているサポートとは?】

はじめに、発達障害の子どもの学習状況と親のサポートに関して伺っていきたいと思います。



小学生以下の発達障害の子どもを持つ親に、「子どもの現在の学習状況ついて教えてください」と質問したところ、『学校・医療関係者と連携し、勉強についていけている(34.3%)』と回答した方が最も多く、次いで『心配はあるが、ある程度勉強についていけている(33.9%)』と続きました。

7割近くの親が、お子さんはある程度勉強についていけていると考えているようです。
学校・医療関係者との連携が取れているご家庭ほど、学習状況への不安は少ないといえるでしょう。
当事者や家族にとって、周囲の理解を得られる環境であることが何よりの支えとなります。

では、発達障害の中でも学習障害を持つ子どもに対して、両親はどのようなサポートを行っているのでしょうか?
「学習障害のある子どもに対して、どのようなサポートをしていますか?(複数回答可)」と質問したところ、『子どもが分かりやすい言葉で、ゆっくり話すようにしている(50.4%)』と回答した方が最も多く、次いで『忘れ物や時間割の確認を親子で一緒にするようにしている(48.9%)』『子どもに合わせて楽しく勉強できる方法を考えている(40.0%)』と続きました。

半数以上の親が、子どもが理解しやすい話し方や声かけを意識しているようです。
また、子どもと一緒に予定の確認や勉強に取り組むことも、学習障害に対応するカギとなります。
子どもの気持ちに寄り添ってきめ細やかなサポートができるのは、子を思う親ならではだといえるでしょう。


【学校での勉強はどのようなことが大変だった?もしも困ったらどうするべき?】

ここまでの調査で、発達障害のある子どもがある程度勉強についていけている、と考える親が多いことがわかりました。
また、子どもに合わせた目線で学習障害へのサポートに取り組んでいるという回答に支持が集まりました。

しかし、周囲の協力や親のサポートがあっても、学校の勉強で苦労する子どももいるかもしれません。



そこで、「学校での勉強で子どもが大変だったのはどのようなことでしたか?(複数回答可)」と質問したところ、『先生の話を「聞く」こと(56.3%)』と回答した方が最も多く、次いで『国語で「書く」こと(35.7%)』『先生に言われたことを「すぐ忘れる」こと(35.5%)』と続きました。

半数以上の親が、子どもが先生の話を「聞く」ことができずに大変だったと感じているようです。
また読み書きを苦手とする場合、学校の勉強全体に支障をきたす可能性が大きくなるでしょう。
言われたことを「すぐ忘れる」という面と併せて、子どもの理解力不足が心配の種となっているかもしれません。

実際に学校の勉強でどのようなことが大変だったのか、詳しくお聞きしました。

子どもが“できないこと”に悩む親の実情
・先生が話していても、落ち着いて座っていることができない(30代/男性/茨城県)
・言われた言葉の意味を理解できない(30代/女性/熊本県)
・国語は読むことができても、漢字や字を書くのが苦手(30代/女性/大阪府)
・注意をしても忘れてしまうので同じ事を繰り返してしまう(30代/女性/奈良県)

「聞く」「書く」といった、学習する上で必要な能力が足りずに苦労する子どもと親が多いようです。
また、話の内容を理解できなかったり、同じ間違いを繰り返したりと、学校生活に影響する恐れも十分あります。
このように子どもが大変な思いをすることによって、親の悩みもさらに深まりかねません。

発達障害のある子どものことで困っている時に、家庭以外にも支援体制があるとありがたいですよね。


そこで「今、子どものことで困っているのであれば公的支援など積極的に使った方がいいと思いますか?」と質問したところ、8割近くの方が『積極的に使った方がいい(79.0%)』と回答しました。

公的支援を積極的に活用した方がいいと考える親が多数を占めています。
親が子どもをサポートするという姿勢はもちろん大切ですが、相談できる場所や信頼のおける情報源があるに越したことはありません。
どのような支援が受けられるのか、一度調べてみてはいかがでしょうか。


【頼れる小児科医はこんなサポートを大切にしている!親が子どもをサポートする際に大事なこととは?】

ここまで、小学生以下の発達障害の子どもを持つ親を対象に学習事情の調査を行ってきました。
では、専門家である小児科医は、発達障害の子どものサポート方法についてどのように考えているのでしょうか?


そこで、「発達障害のお子さんの学習支援に関して、小児科医が行うサポートはどのようなことが大切ですか?(上位3つまで)」と質問したところ、『時期を隔てて複数回行うなど診断に時間をかけること(47.6%)』と回答した方が最も多く、次いで『子どもの発達に寄り添った適切なサポートをすること(39.3%)』と続きました。

発達障害というセンシティブな問題に対し、時間をかけて診断することを重視する小児科医が多いようです。
また、子ども一人ひとりに向き合ってサポートしようとする意識が強いといえるでしょう。

子どもの心理に配慮してくれる小児科医であれば、親子ともに安心して頼ることができますね。
では、小児科医から見て、親は子どもの学習障害をどのようにサポートすればいいのでしょうか?

「親が子どもの学習障害をサポートするなら、どのようなことが大事だと思いますか?(複数回答可)」と質問したところ、『子どもの特性を見極め、どのような支援が必要か考えること(47.6%)』と回答した方が最も多く、次いで『子どもの特性を「個性」として前向きに捉えること(40.3%)』『発達障害に関する情報を取り入れて「気づく目」を養うこと(37.7%)』と続きました。

子どもの個性に合った支援を考えることが大切だとする小児科医が多いようです。
また、発達障害に関する情報を集めて理解することも、有効なサポートの1つといえるでしょう。
親が子どもの学習障害を前向きに捉え、正しい知識を身に付ける重要性が読み取れます。

そこで、親が子どもの学習障害をサポートする際に大事なことについて、具体的に教えてもらいました。

子どもを受け入れ、理解しようとする姿勢が大事!
・無理をさせず、焦らず他と比べず、その子に合った学習方法を模索すること(30代/女性/熊本県)
・親が子どもの障害を受け入れて寄り添い、専門家と連携をとること(30代/女性/青森県)
・長所をいっぱい褒めてあげること(40代/男性/北海道)
・沢山の情報を手に入れること(40代/女性/大分県)

子どもの学習障害を受け入れて支えることが大事だと考える小児科医が多いようです。
また、外部との連携や情報収集を勧める意見も多く寄せられました。
周りと比べず、ありのままの子どもの姿を大切にすることがキーポイントとなります。


【子どもの成長に必要な栄養素が足りないと勉強に影響がある?】

ここまでの調査で、親が子どもの学習障害をサポートする際、子どもの個性に合わせた支援を重要視する小児科医が多いことがわかりました。
親が学習障害を理解し、子どもに寄り添おうとする姿勢が大切だといえます。

子どもの立場に寄り添って成長を支えていくにあたり、学習面だけでなく健康面も気になるところです。
育ち盛りの子どもにとっては、栄養面に気を配ることも大切だといえるでしょう。

続いて、「子どもの成育に必要な栄養素が足りないと勉強にも影響が出ると思いますか?」と質問したところ、『大きく影響する(29.2%)』『ある程度影響がある(49.7%)』という結果となりました。

8割近くの小児科医が、成長に必要な栄養素の不足によって勉強にも影響が出ると考えているようです。

また、「発達障害と栄養素(食事療法)は関係があると思いますか?」と質問したところ、『大きな関係がある(34.2%)』『ある程度関係がある(47.5%)』という結果となり、8割以上の方が発達障害と食事療法に関係があると考えているようです。

必要な栄養素を補うことによって、発達障害のサポートに繋がればありがたいですよね。
手軽にできる栄養補助の手段としては、サプリの活用も挙げられます。
子どもの発達障害に対して、栄養面からのフォローに取り組んでみてもいいかもしれません。


【まとめ】子どもの発達障害のサポートは個性に合わせた支援が大事!学習障害で悩んでいるなら食事療法から始めてみては?

今回の調査で、小学生以下の発達障害の子どもを持つ親は、子どもと同じ目線に立って学習支援に取り組んでいることがわかりました。

一方で、「聞く」「書く」といった学習に関する動作が苦手だと学校での勉強に困るというケースも見られ、公的支援を進んで利用する方がいいと考える親が多いようです。
家庭でのサポートと併せて、信頼できる相談場所や情報源を確保しておくことが大切だといえます。

また、親が子どもの学習障害をサポートする際は、それぞれの個性に合った支援方法を考えることが大切だとする小児科医が多いことも明らかになりました。
周りと比べるのではなく学習障害も1つの個性だと捉える姿勢が、子どもの健やかな成長に繋がるでしょう。

さらに8割近くの方が、子どもの成長に必要な栄養素が足りないと勉強にも影響が出ると考えているようです。
栄養不足に対応することも、子どもに寄り添ったサポートの一環として重要だといえます。

子どもの学習事情を改善するために、普段の食生活にプラスしやすいサプリを取り入れることも検討してみてはいかがでしょうか?


お子さんの学習支援サプリメントなら『GPCワン』



「お子さんの成育に必要な栄養素が足りているか心配」
「必要な栄養素を補って発達障害のサポートに繋げたい」

そんな方にお薦めなのが、株式会社クラウディアが販売する子どもの成長期サプリ『GPCワン』https://bit.ly/3CEpZoi)です。

海外の子と比べても見劣りしないように、成長期の今こそ、確かなサポートが必要です。
大切なのは、食事や睡眠といったバランスの取れた生活ですが、忙しさやストレスなどで最近の子どもたちはバランスを崩しやすい環境にいます。
この時期にしっかりとサポートしてあげることで、お子さんの身体が変わります。

■GPCワンに含まれる成分
GPCワンは、母乳に含まれる成分「GPC(グリセロホスホコリン)」を一粒に400mg含み、栄養機能食品「ビタミンB12」を2μgと「葉酸」100μgを配合!

主成分であるGPC(グリセロホスホコリン)は、母乳にも含まれる天然成分。
成長時の栄養素として医療機関でも注目されています。

■小さいお子さんでも大丈夫!
中身は、ほんのり甘くおいしいのでカプセルが苦手な場合は、お湯や温かい飲み物に溶かして飲むことが出来ます。1日1、2粒を目安にさっと飲むだけで、お子さんの成長期をサポート!


株式会社クラウディアは、氷上に舞うフィギュアスケーターを応援します!




株式会社クラウディアは、「フレンズオンアイス 2021」に協賛し、氷上に舞うフィギュアスケーターを応援します。ショーが開催されるリンクフェンスに、当社「GPCワン」の広告看板も掲示されます。

◇日程
2021年8月27日(金)[1公演]
開場 17:30 開演時間 18:30

2021年8月28日(土)[2公演]
開場 11:30 開演時間 12:30 / 開場 16:00 開演時間 17:00

2021年8月29日(日)[2公演]
開場 11:30 開演時間 12:30 / 開場 16:00 開演時間 17:00

◇会場
KOSÉ新横浜スケートセンター
神奈川県横浜市港北区新横浜2-11

◇出演者(予定)
荒川静香、 宇野昌磨、 本田武史、 鈴木明子、 安藤美姫、 織田信成、 無良崇人、 本郷理華、 田中刑事、 坂本花織、 樋口新葉、 宮原知子、 村上佳菜子、 小林宏一、 中野耀司 他

「フレンズオンアイス 2021」公式サイト:https://www.friendsonice.com


■皆さまから選ばれて三冠達成致しました!
『GPCワン』のリニューアル前商品である「アルファGPCビオ」は、以下の3部門でNo.1を獲得致しました。



お母さんが選ぶ子供のお受験サプリ
お母さんが選ぶ子供の成長サプリ
お母さんが選ぶ子供のパフォーマンスサプリ


【調査概要:サプリ10商品を対象にしたサイト比較イメージ調査】
■調査期間:2019年10月24日(木)~ 2019年10月30日(水)
■調査方法:インターネット調査
■調査人数:1064名
■調査対象:全国の20代~40代のお母さん
■モニター提供元:ゼネラルリサーチ

小児科専門医も推奨する『GPCワン』で、子どもの成長を応援するなら成長期のいまです!
記憶力や集中力をサポートするので、受験生にも大人気!


■GPCワン:https://bit.ly/3CEpZoi
■株式会社クラウディア:http://www.claudia.co.jp/
■TEL:03-3443-8681(9:00~21:00(年末年始を除く))
■メール:info@claudia.co.jp

調査概要:「発達障害の子どもの学習事情」に関する調査
■調査期間:2021年7月27日(火)~2021年7月30日(金)
■調査方法:インターネット調査
■調査人数:発達障害の子ども(小学生以下)を持つ親:501人/小児科医:504人
■調査対象:発達障害の子ども(小学生以下)を持つ親と小児科医
■モニター提供元:ゼネラルリサーチ
企業プレスリリース詳細へ
PR TIMESトップへ
本コーナーの内容に関するお問い合わせ、または掲載についてのお問い合わせは株式会社 PR TIMES ()までご連絡ください。製品、サービスなどに関するお問い合わせは、それぞれの発表企業・団体にご連絡ください。

関連記事(PRTIMES)