インテリア・雑貨

話題の「食茶」をもっと簡単に「SELECT100 お茶ミル」新発売 2019年3月5日(火)より販売開始

貝印株式会社
 総合刃物メーカーの貝印株式会社(本社:東京都千代田区、代表取締役社長:遠藤 宏治)は、キッチン用品ブランド「SELECT100」から「お茶ミル」を2019年3月5日(火)より全国の量販店、ホームセンター、貝印公式オンラインストアなどで販売いたします。



 茶葉にはカテキンやビタミンなど多くの栄養素が含まれていますが、茶葉を煎じて飲む一般的なお茶では、茶葉に栄養が残ってしまうため、すべての栄養を摂取することができません。
 そこで、注目されているのが「食茶」です。茶葉を粉末にして、料理やお菓子に入れることで茶葉の栄養をまるごと摂取することができます。湯のみに粉末にした茶葉とお湯を入れて「粉末茶」として飲んでも、食茶と同様に茶葉の栄養を無駄なく摂取することができます。

 今回発売される「お茶ミル」は、食茶や粉末茶を楽しむことができる商品です。お茶の美味しさをより深く味わっていただくために、雑味の元となる微粉を減らし、均一な粗さで茶葉を挽くことができる「フィックスグラインド機構」を採用しました。粉末にした茶葉の活用法に合わせて、粒度を粗目と細目に調節することができます。
 また、収納時にはハンドルを本体に縦向きに取り付けて、よりコンパクトに収納することができます。

 貝印は、使い心地の良い調理道具で毎日の料理が楽しく快適になるよう、今後もユーザー目線を大切に、こだわり抜いた商品をご提供いたします。

■「SELECT100」ブランドについて
“満足度100%”をコンセプトに調理道具を一から見直し、プロの料理家でも納得できる機能性の高さを実現したブランドです。2004年の発売以来、その使いやすさやシンプルで美しいデザイン性が評価され、ピーラーや計量スプーンなどの数々のヒット商品を生み出しています。 

【商品概要】


SELECT100 お茶ミル
商品サイズ:縦14cm×横6.3cm
価格:3,000円(税抜)

コンパクトな卓上用のお茶ミル。
粗さ調節機能付きで、粉末の仕上がりをお好みの粗さに調節できます。
上下の挽き臼を固定した構造(フィックスグラインド機構)で、雑味を減らし、均一な粉末が作れます。

◆粗さ調節機能付き
◆コンパクト収納
◆オリジナルレシピ付き
※付属の取扱説明書にQRコードあり
◆フィックスグラインド機構
※挽いた茶葉の粒を均等にし、雑味の元となる微粉を減らします。

【オリジナルレシピ】


【貝印株式会社】
1908年、刃物の町として有名な岐阜県関市に創業。現在、生活に密着した刃物を中心とするカミソリ、メンズグルーミング、ツメキリなどの身だしなみやビューティーケア、包丁をはじめとする調理・製菓、医療用など1万アイテムにもおよぶ商品を展開し、商品の企画開発から生産、販売、物流までの一連を行っている総合刃物メーカー。
本社:東京都千代田区岩本町3-9-5
代表取締役社長:遠藤宏治  http://www.kai-group.com/
企業プレスリリース詳細へ
PRTIMESトップへ
本コーナーの内容に関するお問い合わせ、または掲載についてのお問い合わせは株式会社 PR TIMES ()までご連絡ください。製品、サービスなどに関するお問い合わせは、それぞれの発表企業・団体にご連絡ください。

関連記事(PRTIMES)

横浜市立大学医学部医学科同窓会 倶進会