医療・医薬・福祉

フィリップス、新血管撮影装置「Azurion 7 C20 with FlexArm」を発売

株式会社フィリップス・ジャパン
構造的心疾患や末梢血管のインターベンションなど手技の多様化に応えるCアーム


株式会社フィリップス・ジャパン(本社:東京都港区、代表取締役社長:堤 浩幸、以下 フィリップス)は「2025年までに30億の人々の生活を向上させる」をビジョンに掲げ、健康な生活、予防、診断、治療、ホームケアにいたるヘルスケア・プロセスのすべてにイニシアティブを持ち「もっと健やかな未来へ」をコンセプトとして、すべての人の健康に貢献していきたいと努めております。

このたびフィリップスは、以下の通りAzurion 7 C20 with FlexArmの販売を開始いたします。Azurion 7 C20 with FlexArmは従来のCアームに比べて多軸の可動域を持ち、構造的心疾患や末梢血管のインターベンション(カテーテル治療)など今後症例数が増加する手技に対して、必要な機能を備えております。これにより「Azurion」シリーズに新たなラインナップが加わり、高い医療品質と効率性が同時に求められるインターベンション手技をサポートすることが可能になりました。

これまで心臓領域におけるインターベンションは狭心症や心筋梗塞の治療として冠動脈疾患を中心に発展してきました。今までは、外科治療でしか治療が行えなかった弁膜症を中心とした構造的心疾患(Structural Heart Disease、SHD)に対してのカテーテル治療が日本国内でも広く行われつつあります。代表的な治療として、大動脈弁狭窄症に対する経カテーテル大動脈弁留置術(Transcatheter Aortic ValveImplantation)が国内では155施設(2019年2月現在)で実施されています。2018年からは僧帽弁弁膜症疾患に対してのインターベンション(経皮的僧帽弁接合不全修復システム)が国内で始まりました。海外では左心耳閉鎖術や三尖弁輪の弁膜症疾患の治療が先行して行われており、今後国内にも導入されていくことが予想されます。また、下肢を中心とする末梢血管に対するインターベンションも増加しており、多様化する症例においては、さまざま医療スタッフや検査機器を必要とされ、治療疾患毎に最適なレイアウトとスタッフのポジションニングが重要となります。

Azurion 7 C20 with FlexArmに搭載する FlexArmは、多様化する症例を安全に施行するために8つの可動軸を搭載し優れた柔軟性を備えたCアームです。治療疾患毎に合わせた様々な方向からアプローチでき、周辺機器を考慮した柔軟なレイアウトで使用可能です。術者、スタッフにとって快適な手技ポジションに合わせた柔軟なポジショニングにも対応でき、医療チームの動きに沿ってシステムが動作するため、患者テーブル周りのスペースを確保し、人間工学的に優れた姿勢や立ち位置で作業可能になります。操作はAxsys motion control systemにより、直感的な操作が可能となりました。また、安全性もさらに向上しており、緊急時に迅速な処置スペースを確保できます。テーブル移動による患者へのストレスおよび挿管のチューブやケーブル外れのリスクを軽減できます。

Azurion 7 C20 with FlexArmを製品化にあたり2017年から2018年にかけて、ヨーロッパおよび米国の
17名による医師によるユーザーテスト*1 を実施し以下のコメントを受けております。


100%の医師が「FlexArmにより、処置における柔軟性が広がった」
88%の医師が「FlexArmにより、処置中にスタッフや機器の移動が少なくなる」
94%の医師が「FlexArmを使用することにより、他者のサポートなしでより多くのタスクを行うことができる」
100%の医師が「FlexArmシステムは制御しやすい」
94% の医師が「FlexArmの柔軟性は、新たな処置をサポートできる」
88%の医師が「FlexArmは時間の節約につながる」
76%の医師が「FlexArmを使用することにより、カテーテル室での時間をより効率的に使うことができる」


Azurion 7 C20 with FlexArmは、システムユーザビリティスケールスコア92を獲得し、業界平均スコア68よりもきわめて高い評価となっています。*2 Azurion 7 C20 with FlexArmは多様化する疾患に対し、柔軟に対応でき、症例毎に最適な治療環境を実現し、質の高い治療をサポートします。

Azurion 7 C20 with FlexArm
FlexArm レイアウトとポジショニング
FlexArm レイアウトとポジショニング
Axsys motion control system

*1:Use-Lab GmbH社 設計、監修の評価テスト
*2:システムユーザビリティ評価指標(SUS)。SUSは科学的に実績のある客観的な指標で、家電製品、ハイテクシステムおよび医療技術ソリューションを含む科学技術システムのユーザビリティを評価。ユーザーは10のステートメントに対して、1 から5のランク(Likert スケール)で回答。ランク1 は「まったくそうは思わない」、ランク5は「とてもそう思う」を意味します。結果は0から100の総合指標となります。

フィリップスについて
1891年オランダで創業し、ビジネスモデル変革と長い歴史の中で培った技術と知見を生かしながら、健康な生活、予防、診断、治療、ホームケアという「一連のヘルスケアプロセス」においてイノベーションを実現してきたヘルスケア・カンパニーです。フィリップス・ジャパン(旧フィリップス エレクトロニクス ジャパン)は、超高齢者社会を迎える日本の健康と医療の問題に貢献したいと、2017年10月1日より社名を変更し、ヘルステックカンパニーとして、ヘルスケア分野の変革に取り組んでいます。今後、「病院」というプロフェッショナルな分野におけるフィリップスの先進医療機器と、パーソナルヘルスと呼ばれるオーラルヘルスケア(電動歯ブラシ)、AED、在宅呼吸器などがクラウド上で繋がり、デジタルプラットフォーム上でビッグデータが解析されることで、総合的な医療、リアルタイム分析、付加価値サービスが可能になります。これにより、人々の健康な生活、予防、診断、治療、ホームケアという「一連のヘルスケアプロセス」において、革新的な医療ソリューションを提供し、医療従事者の皆様、患者様だけでなく、すべての人々の健康な生活への貢献を目指しています。(https://www.philips.co.jp

ロイヤル フィリップスについて
ロイヤル フィリップス(NYSE:PHG, AEX:PHI)は、人々の健康の向上にテクノロジーで貢献するヘルステック分野のリーディングカンパニーです。健康な生活、予防、診断、治療、ホームケアという一連のヘルスケアプロセスを通じて、先進的なテクノロジーと、医療従事者および消費者のインサイトを基に、人々の健康を改善し良好な結果をもたらすための包括的なソリューションを提供しています。主な事業領域は、画像診断、画像誘導治療、生体情報モニター、ヘルスインフォマティックスのみならず、パーソナルヘルスや在宅医療まで、さまざまな領域に渡ります。フィリップス ヘルステック事業の2018年の売上高は181億ユーロ、オランダを拠点に全世界に77,000人の従業員を擁し、世界100ヵ国以上でビジネスを展開しています。フィリップスに関するニュースはこちらからご覧ください。(http://www.philips.com/newscenter/
企業プレスリリース詳細へ
PRTIMESトップへ
本コーナーの内容に関するお問い合わせ、または掲載についてのお問い合わせは株式会社 PR TIMES ()までご連絡ください。製品、サービスなどに関するお問い合わせは、それぞれの発表企業・団体にご連絡ください。

関連記事(PRTIMES)

横浜市立大学医学部医学科同窓会 倶進会