広告・マーケティング 医療・医薬・福祉

クリアアライナーの市場規模、2028年に87億867万米ドル到達予測

株式会社グローバルインフォメーション
株式会社グローバルインフォメーションは、市場調査レポート「クリアアライナーの世界市場:将来予測 (2028年まで)、新型コロナウイルス感染症 (COVID-19) の影響、種類別・流通チャネル別 (直販、歯科技工室など)・年齢層別 (成人、ティーンエージャー) の分析」(The Insight Partners)の販売を8月18日より開始いたしました。 【 当レポートの詳細目次 】 https://www.gii.co.jp/report/tip1015800-clear-aligners-market-forecast-covid-impact-global.html




クリアアライナーの市場規模は、2020年の24億3084万米ドルから、2028年には87億867万米ドルに達し、2020年から2028年にかけて15.9%のCAGRで成長すると予測されています。

歯科関連の有病率の増加、子供の不正咬合の発生率の上昇、歯科美容の需要の増加などの要因が、市場の成長を促進しています。しかし、クリアアライナーのコストが高いことが、市場の成長の抑制要因になっています。

歯科関連の有病率の増加

歯や口腔の問題は、人生に一度は経験するものです。たった一度の歯痛でも、不快感、痛み、辛さを引き起こします。2016年のGlobal Burden of Diseases Studyによると、口腔疾患は全世界の35億8000人に影響を与えていると報告されています。まず、歯科疾患には虫歯があります。そして、歯を失う事になる歯周病は、世界で11番目に多く見られる歯科疾患です。

歯ぎしり、過蓋咬合、過小咬合、反対咬合、歯間の隙間、歯の過密など、歯や口腔の状態の有病率が上昇しています。また、顎関節症(TMD)の治療件数の増加も報告されています。歯周病、怪我、事故などは、歯の問題を引き起こす原因となります。カナダ矯正歯科医会のデータによると、カナダとアメリカでは400万人以上の人が矯正歯科専門医の治療を受けています。また、米国疾病対策予防センター(CDC)のデータによると、米国では2013年から2016年の間に約31.6%の人が未治療のう蝕を患っていました。

政府の補助制度により、人々は歯の治療を受けることができます。歯科疾患は、一般的に子供に多く見られ、そのため、政府は学校で行う歯科予防に力を入れています。例えば、CDCは、州やコミュニティによるプログラムの管理と指導を行っています。このプログラムでは、スクールシーラントプログラムの計画、設定、評価を支援し、民間の歯科医が提供するサービスを補完します。様々な歯科疾患の増加に伴い、クリアアライナーの使用が増えており、同市場の成長を促進しています。


【 無料サンプル 】
当レポートの無料サンプルは、こちらからお申し込みいただけます。
https://www.gii.co.jp/report/tip1015800-clear-aligners-market-forecast-covid-impact-global.html

【本件に関するお問合せ先】
販売代理店 株式会社グローバルインフォメーション
TEL:044-952-0102(9:00-18:00 土日・祝日を除く)
E-mail:dbm@gii.co.jp
URL:https://www.gii.co.jp

【株式会社グローバルインフォメーション 会社概要】
1995年の創立以来、海外市場調査レポートの販売を通じて企業のグローバル展開を支援しています。世界6カ国に拠点を持ち、海外の提携調査会社250社以上が発行する調査資料約10万点をワンストップでご提供。市場情報販売のグローバル・リーディングカンパニーを目指し、企業ならびに社会の発展に寄与すべく、お客様にとって真に価値ある情報をお届けしています。

創立:1995年
所在地:215-0004 神奈川県川崎市麻生区万福寺1-2-3 アーシスビル7F
事業内容:市場調査レポート/年間契約型情報サービスの販売、委託調査の受託、国際会議/展示会の代理販売
市場調査レポート/年間契約型情報サービス:https://www.gii.co.jp
委託調査:https://www.gii.co.jp/custom_research/
国際会議/展示会:https://www.giievent.jp/partnering.shtml
企業プレスリリース詳細へ
PR TIMESトップへ
本コーナーの内容に関するお問い合わせ、または掲載についてのお問い合わせは株式会社 PR TIMES ()までご連絡ください。製品、サービスなどに関するお問い合わせは、それぞれの発表企業・団体にご連絡ください。

関連記事(PRTIMES)