医療・医薬・福祉 広告・マーケティング

「自由診療領域広告コンテンツ特化型 医療広告ガイドライン適合診断・校正・改善コンサルティングサービス」を開始 ― 表記の制約が厳しい医療広告ガイドラインを熟知した専門体制による対応 ―

株式会社ストロボ
医療広告ガイドラインに対応した広告コンテンツ制作で国内最大級の対応実績を基にサービス展開

企業のデジタルトランスフォーメーション支援事業及びベンチャー投資育成事業を展開する株式会社ストロボ(以下、当社/東京都・港区 代表取締役 下山哲平)は、美容・ヘルスケア領域に関わる医療機関及びメディア運営会社に向けた「自由診療領域広告コンテンツ特化型 医療広告ガイドライン適合診断・校閲・改善コンサルティングサービス 」を、これまでに培ってきた月産2000本以上の実績をもとに、体制を拡大し、サービスを新たにリリースしました。


●「自由診療領域広告コンテンツ特化型 医療広告ガイドライン適合診断・校閲・改善コンサルティングサービス 」立ち上げの背景

昨今、予防医療、アンチエイジング、美容診療といった「自由診療」のマーケットが拡大しています。中でも美容診療の市場は、日本美容外科学会が行った「第1回全国美容医療実態調査(※)」によると、2017年における施術ごとの平均売上予想価格から、手術治療の推計市場は1,378億円、非手術治療は2,363億円、合計で約3,740億円と推計されています。需要の拡大に伴い、この領域を専門にしている医療機関(美容整形外科、美容皮膚科など)ではデジタルマーケティングによる集患・増患の強化が必要になりました。

市場が拡大する一方で、医療や美容領域に関する情報発信には正確性や関連法への遵守性が高いレベルで求められるようになっています。2018年6月に施行された「医療広告ガイドライン」には、医療機関のWebサイトや、医療機関情報を取り扱うメディアにおいても幅広く情報発信内容に対する制約事項が設けられました。

しかし「医療広告ガイドライン」への適合ができないために、正しい広告活動が出来ずに困っている医療機関も少なくありません。また、ガイドラインに違反していた場合の風評被害も大きいため、自由診療に注力している医療機関にとって、「医療広告ガイドライン」に適合したコンテンツづくりは非常に重要な経営課題とも言えます。

ストロボは、医療広告ガイドラインに精通した専門体制によるビューティー&ヘルスケア領域のコンテンツ制作サービスを提供しており、医療機関やメディア運営企業などを中心に、当該領域において月産2000本以上の国内最大級の対応実績がある為、こうした課題に対応すべく「自由診療領域広告コンテンツ特化型 医療広告ガイドライン適合診断・校正・改善コンサルティングサービス」の立ち上げに至りました。

(※)参考:第1回全国美容医療実態調査 最終報告書/日本美容外科学会
https://www.jsaps.com/jsaps_explore.html


●自由診療領域における広告宣伝活動の課題


予防医療、アンチエイジング、美容診療など「自由診療」に対するユーザーの興味が高まっている
一方で、医療広告ガイドラインへの適合ができず、正しい広告活動ができないという医療機関も多い
ガイドライン違反していた場合の風評被害も大きいため、自由診療に注力している医療機関にとって、ガイドラインへの適合は非常に重要な経営課題


ストロボではこれまでに膨大な自由診療領域における広告コンテンツ制作対応にて得たノウハウを注入することで、これらの課題に対応し、生活者にとっても医療機関にとっても正しい情報をガイドラインに沿ってより伝わりやすく届けるべく、「自由診療特化 × 医療広告ガイドライン対応」の新サービスを実現しました。
これにより自由診療領域に注力されている医療機関に対するサポートを強化してまいります。


●「医療広告ガイドライン」への適切な対応が難しい4つの理由


1. 医療広告ガイドラインの内容を正確に把握できていない

自社サイトがどこまで影響を受けるのか、既存サイトで適合しない箇所はどこなのか、といった現状を正しく判断ができない


2. どのようにコンテンツ内容を改善すべきかが分からない

様々な表現や情報発信内容への制約が発生する中で法遵守性を担保しつつ、良質な情報を提供できていない


3. そもそもコンプライアンス観点で正しく運用されているか実態を把握できていない

サイトに掲載するコンテンツの制作や運用を外注先に委ねているため把握が難しい


4. 制作パートナー会社が非専門である

医療機関やヘルスケア関連商品・サービスを提供するサイトの制作・運用を請け負っているWeb制作会社及びコンテンツ制作会社が、関連法やガイドラインを熟知していない「非専門」であるケースが多い

このような背景から医療広告ガイドラインへの適合対応ができない場合、正しい広告活動ができないことになります。


●「 自由診療領域広告コンテンツ特化型 医療広告ガイドライン適合診断・校閲・改善コンサルティングサービス」の特徴


医療広告ガイドライン対応に関して、圧倒的な知見と制作実績を持つ
月産2000本以上の国内最大規模の医療領域の制作体制がある
実績や体制をもとに、より正しく、高品質で、且つ成果の出るコンテンツ制作サービスを提供
広告表記の制約が厳しい医療広告外ガイドラインを熟知した専門体制による業界トップクラスの   制作・運用を実現
ストロボ独自の医療領域専門コンテンツ人材(ライター、編集者、校正・校閲者)による医療広告ガイドラインへの抵触箇所の洗い出し
既存のコンテンツ及び現在制作中コンテンツに対して、新ガイドラインに準じた形での校正・校閲
今後の制作コンテンツが新ガイドラインに抵触しないよう、コンテンツ運用ガイドラインの策定や、 必要に応じた専用の編集・校正体制の提供



尚、ガイドラインチェックや校正のみでなく、コンテンツ制作そのものの需要も多く寄せられております。
ガイドラインに沿ったコンテンツの作成に特化したサービスにつきましては、以下をご確認ください。

「自由診療特化型 美容・医療領域コンテンツ制作・運用サービス」
https://www.strobo-inc.jp/news/2019/07/09/free-medical-care/


当社はこのように医療領域など高い専門性が求められる業界に対して、高水準なコンテンツ制作およびメディア運営、人材育成までワンストップで完了できるサービス体制を強化しており、今後も対象テーマ・領域を拡充して提供していく予定です。


【株式会社ストロボ 会社概要】


商号:   株式会社ストロボ
代表者:  代表取締役社長 下山哲平
所在地:  東京都港区麻布十番1-5-10(受付4階)
URL:   https://www.strobo-inc.jp/
事業内容: デジタルマーケティング事業
      メディア&コンテンツ開発事業
      ベンチャー投資育成事業
企業プレスリリース詳細へ
PR TIMESトップへ
本コーナーの内容に関するお問い合わせ、または掲載についてのお問い合わせは株式会社 PR TIMES ()までご連絡ください。製品、サービスなどに関するお問い合わせは、それぞれの発表企業・団体にご連絡ください。

関連記事(PRTIMES)

横浜市立大学医学部医学科同窓会 倶進会