スポーツ・アウトドア 医療・医薬・福祉

日本メダルラッシュが今大会も期待!パラクライミング世界選手権が9月にロシア・モスクワにて開催!

日本パラクライミング協会(JPCA)
日本選手権(2021年3月開催)にて選出されたパラクライミング日本代表選手が、9月15日(水)から17日(金)に開催されるパラクライミング世界選手権に出場します。


過去大会の決勝戦の様子
「日本のパラクライマーが一番輝くアスリートで有り続けるために。」をミッションに掲げ、国内障害者クライミング競技を統括する、一般社団法人日本パラクライミング協会(東京都武蔵野市・共同代表鈴木直也・小林幸一郎、以下 JPCA )は、9月15~17日にロシア・モスクワにて開催されるパラクライミング世界選手権に、日本選手を派遣します。

年度調整を含み、2011年から2年に1度開催されてきた同大会では、すべての大会で日本は金を含む複数メダルを獲得し、初開催から10年目の節目となる今大会でも活躍が大いに期待されます。
過去大会のメダリストの様子
前回2019年7月フランス・ブリアンソン大会では、金メダル3個を含むメダル7個を日本に持ち帰ることができました。今回のパラクライミング日本代表チーム、前回大会以上との呼び声が高い精鋭を派遣し、一層の活躍が期待されるパラクライマーにぜひご注目ください!

2028年のパラリンピック大会(米国・ロサンゼルス開催)においては、国際統括団体の国際スポーツクライミング連盟(International Federation Sports Climbing)が正式に種目化を目指すことを表明しており、今夏東京オリンピックで大いに盛り上がったスポーツクライミングのみならず、クライミング競技全体が新たな発展に向かっています。

<2021年度パラクライミング世界選手権ロシア・モスクワ大会出場予定選手>
2021年度日本代表選手は、 代表選考大会の結果を踏まえ、日本パラクライミング協会より15名が発表され、世界選手権は以下8名の日本代表選手が出場予定です。


日本代表選手(撮影:宮地信樹)


視覚障害 男子B3 蓑和田 一洋 (ナビゲーター 會田 亮子)
視覚障害 男子B2 會田 祥 (ナビゲーター 宮本 容幸)
視覚障害 男子B2 濱ノ上 文哉 (ナビゲーター 田中 星司)
視覚障害 男子B1 小林 幸一郎 (ナビゲーター 白井 唯)
下肢切断 女子AL2 渡邉 雅子
下肢切断 男子AL2 結城 周平
上肢切断 男子AU2 安良岡 伸浩
神経障害男子 RP2 岡田 卓也

※各障害の程度に応じて分類されるクラスは、 現地でのクラス分け(クラシフィケーション)により変更となる場合があります。
※視覚障害クラスは、競技中にホールドの位置や形を伝えるナビゲーターとパートナーを組んで登ります。

<パラクライミングについて>
障害にも様々なものがあり、パラクライミングの競技クラスには視覚障害・切断・神経障害の3つがあり、さらにその中で障害の程度に応じたクラス分けが行われます。

■視覚障害クラス
先天的または後天的に視覚に障害があり、日常生活や就労等において不自由を強いられている方を対象とします。クラス分けは光覚や視力・視野によってB1・B2・B3クラスに分けられ、B1クラスが視覚障害のなかで最も障害の程度が重いクラスになります。

■切断クラス
病気や事故等で手足を切断された方を対象とします。切断部位や切断肢の数によってAL-1・AL-2・AU-1・AU-2の4つにクラスに分けられ、数字が小さい方が障害の程度が重いクラスになります。(AL-1の方がAL-2より障がいが重いクラスとなり、AU-1の方がAU-2より障がいが重いクラスになります。)

■神経障害クラス
神経に何らかの障害を有し、麻痺等によって手足が動かしにくい方を対象とします。障害の程度に応じてRP-1・RP-2・RP-3の3つのクラスに分けられ、RP-1クラスが神経障がいのなかで最も障がいの程度が重いクラスになります。

2年に1度、国際スポーツクライミング連盟(IFSC)主催にてパラクライミング世界選手権大会が開催されています。過去の日本人選手の活躍はめざましく、2018年オーストリア・インスブルック大会では、金メダル2個を含む4個のメダルを、2019年フランス・ブリアンソン大会では金メダル3個を含む7個のメダルを日本に持ち帰っています。


<日本パラクライミング協会について>
日本パラクライミング協会(JPCA)は、日本における競技スポーツとしての障害者クライミングを統括しています。パラクライミング競技の普及を通じたスポーツ文化の普及と振興を図ることを目的とし、障害者の心身の健全な発達と、障害に対する社会の理解促進に寄与します。
2021年3月日本代表選手権(撮影:宮地信樹)
日本選手権大会をはじめとする競技会の開催のみならず、国際大会への選手派遣、指導者の養成、パラクライミング競技の普及・発展及び啓発に関する事業を行っています。国際スポーツクライミング連盟が目指すパラクライミングのパラリンピック正式種目化が実現する日を願い、その日のために選手育成や競技の発展に努めます。

JPCAでは現在、世界選手権ロシア大会に向けたはメディア取材、協会スポンサーを募集しています。
企業プレスリリース詳細へ
PR TIMESトップへ
本コーナーの内容に関するお問い合わせ、または掲載についてのお問い合わせは株式会社 PR TIMES ()までご連絡ください。製品、サービスなどに関するお問い合わせは、それぞれの発表企業・団体にご連絡ください。

関連記事(PRTIMES)