美容・健康

~潤い豊かな美しい日々を、からだの中から~ 乳酸菌サプリメントが「菌活」×「美活」をWで徹底サポート!アクシージア ヴィーナスレシピ 「ラクト カプセル」登場

株式会社アクシージア
2021年9月22日(水)新発売

 株式会社AXXZIA〈アクシージア〉(本社:東京都新宿区、代表取締役:段 卓)は、健康と美容をテーマにしたサプリメントシリーズ“ヴィーナスレシピ”から、「菌活」×「美活」のWサポートで内側から美しさを引き出す乳酸菌サプリメント「ラクト カプセル」を2021年9月22日(水)に発売します。




 今回新たに発売する「ラクト カプセル」は、健康と美容をサポートする3種の乳酸菌*1,*2,*3を配合。“プロバイオティクス”といわれる生きた善玉菌の力と、善玉菌をサポートする食品栄養素 “プレバイオティクス”の効果、この2つを組み合わせた“シンバイオティクス処方”により、からだ環境を健やかに整えます。 1日目安量2粒で、約1,200億以上の乳酸菌が摂取可能。さらに美容成分として、セラミドをプラスし、内側から輝くからだへ導きます。
 また、耐酸性の特殊加工カプセルで、生きた乳酸菌がしっかり腸まで届きます。
 アクシージア ヴィーナスレシピ シリーズは、キレイのためのインナーケアを実現し、女性の美容ライフを応援します。
*1有胞子性乳酸菌 *2乳酸菌末 *3乳酸菌末(サーモフィラス)


製品概要




ヴィーナスレシピ ラクト カプセル
<乳酸菌含有加工食品>
60粒入¥5,184(¥4,800)

「菌活」(腸内菌による健康ケア)×「美活」(体内からの美容ケア)をWでサポートする乳酸菌サプリメント。3種の乳酸菌を配合した“プロバイオティクス”と乳酸菌をサポートする食品成分“プレバイオティクス”、この2つを組み合わせた“シンバイオティクス処方”により、からだ環境を健やかに整えます。さらに美容成分のセラミドをプラスし、内側から輝くからだへ導きます。

【お召し上がり方】
1日1回2粒を目安に、お好きなタイミングで水かぬるま湯でお飲みください。


製品特長





<プロバイオティクス~3種の乳酸菌~>
■ラクリスTM-S*1  1日分(2粒)で2億個配合!
「芽胞(がほう)」という殻のような部分を持っているため、菌体自体が守られています。

それにより熱や酸に強く、生きたまま腸へ届きます。


■植物性ナノ型乳酸菌*2 1日分(2粒)で1,200億個配合!
健康長寿で知られる長野県木曽地方の伝統食「すんき漬け」由来の乳酸菌。
目まぐるしい時代を生きる現代人が陥りがちな生活環境の変化とたたかいます。


■ヒアルロン酸産生乳酸菌*3 1日分(2粒)で6,6億個配合!
母乳由来の乳酸菌。からだのあらゆる部分に存在し、
人間のからだに必要不可欠なヒアルロン酸を作り出す力をもつ善玉菌です。

<プレバイオティクス~乳酸菌の栄養~>
■腸内菌を助ける2種の糖
ラクト カプセルには、牛乳に含まれる乳糖から作られたガラクトオリゴ糖と、
サトウキビから作られたフラクトオリゴ糖が配合されています。

■善玉菌を助ける2種の食物繊維
100%腸内細菌と相性が良いイヌリンと、天然のデンプンから生まれた
難消化性デキストリンの2種の水溶性食物繊維が善玉菌をサポートします。

<そのほかにもラクト カプセルならではのこだわり>
美容成分セラミド配合

内側からキレイのサポートを叶える、コメ由来のセラミドを配合。

3種の乳酸菌がしっかり腸まで届く耐酸性カプセル
体内の厳しい環境にも負けず、生きた乳酸菌をしっかり腸まで届けることができる素材のカプセルを採用。



ブランド説明

ヴィーナスレシピシリーズ
「女神のような美しさへのレシピ」をお客様に届けたいという想いを込めた、美容と健康をテーマにしたサプリメントシリーズ。キレイのためのインナーケアを実現し、女性の美容ライフを応援します。

アクシージアとは
AXXZIA(アクシージア)は、2011年にエステサロン専売スキンケアブランドとして誕生しました。2016年に「目もとエステのエッセンスをホームケアへ」というコンセプトで開発された<ビューティーアイズ>シリーズは、中国を含むアジアで大ヒット。現在、中国、香港、台湾、シンガポールなどのアジア各国をはじめ、アメリカ、カナダ、オーストラリア、ロシアなどでも展開しています。日本国内では、直営店舗の「AXXZIA GINZA SIX店」をはじめ、百貨店やバラエティショップなど多くの店舗で、みなさまにご好評をいただいています。
企業プレスリリース詳細へ
PR TIMESトップへ
本コーナーの内容に関するお問い合わせ、または掲載についてのお問い合わせは株式会社 PR TIMES ()までご連絡ください。製品、サービスなどに関するお問い合わせは、それぞれの発表企業・団体にご連絡ください。

関連記事(PRTIMES)