美容・健康

【研究情報】「熟成ホップエキス」の化粧品原料開発と新たな機能を発見

株式会社ファンケル
― ファンケルとキリンホールディングスの共同研究成果 ―

株式会社ファンケル(本社:神奈川県横浜市/代表取締役社長 CEO 島田和幸 以下ファンケルと表記)は、キリンホールディングス株式会社(本社:東京都中野区/代表取締役社長 磯崎功典 以下キリンと表記)との間で、2019年の資本業務提携を契機にさまざまな共同開発を進めています。 両社は、キリンが独自に開発した「熟成ホップエキス」について、化粧品の原料化と新たな機能に関する共同研究を行ってきました(以下、熟成ホップエキスを用いた化粧品の原料を「熟成ホップエキス含有化粧品原料」と表記)。このたび、「熟成ホップエキス」の化粧品原料化の成功と、新たな機能として「毛穴の状態改善効果」があることを発見しましたのでお知らせします。 なお、「熟成ホップエキス」に関する化粧品原料開発と新機能に係る両技術について、両社共同で特許を出願中です。


<研究方法・結果>
毛穴悩みの一つとして、「角栓のつまり」が挙げられます。角栓は、古い角質と皮脂が混ざりあったもので、角栓が毛穴に詰まったままでは、炎症などの肌トラブルが起こりやすい状態になっています。そこで、角質と皮脂のそれぞれに対する「熟成ホップエキス含有化粧品原料」の作用について調べました。
その結果、精製水に比べて、開発した「熟成ホップエキス含有化粧品原料」は角質の主な成分であるケラチンが約3倍膨潤することを確認しました。このことから、角質が柔らかくなり、角栓が除かれやすくなることが期待されます(図1)。



次に、「熟成ホップエキス含有化粧品原料」の皮脂の酸化防止効果を確認するために、皮脂の構成成分の一つであるリノール酸に添加し、過酸化脂質の生成度を測定しました。何も添加しない場合(コントロール/control)と過酸化脂質生成度を比較した結果、「熟成ホップエキス含有化粧品原料」はリノール酸の過酸化脂質度を約1/14に抑制しました。これは一般的な脂質の酸化防止剤であるBHT・BHA(※)、α-トコフェロールなどと比較しても同等の酸化防止効果があると考えられます(図2)。

以上のことより、開発した「熟成ホップエキス含有化粧品原料」は、角栓のできる要因である角質と皮脂の両方にアプローチすることが分かりました。
この原料を化粧品に添加することで、毛穴の状態を健やかに保つことが期待されます。

<研究背景・目的>


キリンは、ヨーロッパで古くから薬用ハーブとして生活の中で親しまれている「ホップ」の健康機能に着目した研究開発を、2000年初頭から続けており、独自の新素材「熟成ホップエキス」を開発しました。キリンはこれまでの研究で、「熟成ホップエキス」が体脂肪抑制効果1)や認知機能改善効果2)を持つことを確認し、キリンビール株式会社(本社:東京都中野区/代表取締役社長 布施孝之)、INHOP株式会社(本社:東京都中野区/代表取締役社長 金子裕司)などで同素材の食品への応用を進めてきました。
このたび、ファンケルとキリンの共同研究の中で、「熟成ホップエキス」の化粧品への応用に向けて、これまでに確認されていない新たな美容機能についての発見と同素材の化粧品原料化への取り組みを進めました。
1) Nutr J. 2016 Mar 9;15:25. 2) J Agric Food Chem. 2020 Jan 8;68(1):206-212. 

<今後の展望>
今後も、両社で「熟成ホップエキス含有化粧品原料」の機能研究をさらに進めていきます。また、毛穴に対する機能性を応用し、洗浄剤やスキンケア製品など幅広い製品へ生かす検討を行うとともに、「熟成ホップエキス含有化粧品原料」をファンケルの2021年の主力化粧品のリニューアルにも採用する予定です。


【用語説明】
(※)BHT・BHA
ジブチルヒドロキシトルエン(BHT)、ブチルヒドロキシアニソール(BHA)の略であり、一般的なパーソナルケア製品や食品を安定に保存するために使用される酸化防止剤
企業プレスリリース詳細へ
PR TIMESトップへ
本コーナーの内容に関するお問い合わせ、または掲載についてのお問い合わせは株式会社 PR TIMES ()までご連絡ください。製品、サービスなどに関するお問い合わせは、それぞれの発表企業・団体にご連絡ください。

関連記事(PRTIMES)