広告・マーケティング 医療・医薬・福祉

世界のジェネリック注射剤市場規模の調査ー製品タイプ別、分子タイプ別、アプリケーション別(腫瘍学、感染症、糖尿病、血液疾患、心血管疾患など)、投与経路別、流通チャネル別、地域別―予測2022-2030年

Kenneth Research
Kenneth Researchは調査レポート「世界のジェネリック注射剤市場:世界的な需要の分析及び機会展望2030年」2021年08月 20日 に発刊しました。レポートで提供される主要な産業洞察は、市場の既存のシナリオに関して読者に市場の概要についてのより良いアイデアを提供します。さらに、レポートには、市場の成長に関連する現在および将来の市場動向に関する詳細な議論が含まれています。 レポートのサンプルURL: https://www.kennethresearch.com/sample-request-10347518


世界のジェネリック注射剤市場は、2022年に371憶米ドルの市場価値から2030年末までに721憶米ドルに達すると予測されます。また、予測期間中に10%のCAGRで拡大すると予測されます。




調査レポートの詳細内容について;https://www.kennethresearch.com/report-details/generic-injectable-market-/10347518

ジェネリック注射剤は、投与量、強度、性能、使用目的、副作用、および投与経路の点で、ブランド注射剤と生物学的に同等の医薬品です。それらはイノベーター薬と同じ有効成分、用量、強度、一貫性、およびタイプを持っているので、それらは安全で効率的です。ジェネリック注射剤は製造がより困難ですが、その研究開発期間はより安価でより短いものです。ジェネリック医薬品メーカーは、ブランド医薬品メーカーとは異なり、研究開発やマーケティングに数百万ドルを投資する必要はありません。さらに、経口ジェネリックとは対照的に、ジェネリック注射剤業界への参入者の数は少なく、その結果、価格デフレが少なくなり、利益率が高くなります。

慢性疾患の有病率の上昇は、ジェネリック注射剤の研究開発の発展を促しています。静脈内(IV)および筋肉内(IM)の薬物投与の人気は、緊急治療の選択肢の必要性に応えて成長しました。ジェネリック注射薬には、ライセンスの迅速化、生産パイプラインでの生物学的医薬品の増加、注射薬の提供に対する需要の高まりなど、さまざまなメリットがあります。ワクチン接種、モノクローナル抗体、ペプチド、免疫グロブリン、および抗体の医薬品販売の機会は、費用効果や健康状態の改善などの要因によって強化されています。

ジェネリック注射剤は、現在、ブランド薬よりも費用効果の高い薬として広く受け入れられるようになっています。これらの傾向の結果として、ジェネリック注射剤の採用率は増加しています。家族の病歴や肥満など、さまざまな原因が、先進国と発展途上国の両方で糖尿病などの生活習慣病の有病率の増加に貢献しています。糖尿病の発生率の上昇は、その治療に関連する医療費を上昇させます。WHOの統計によると、糖尿病の有病率は、患者数の増加により、2000年の117 百万人から2030年には422 百万人に増加すると予測されています。

世界のジェネリック注射剤市場のセグメンテーション洞察

世界のジェネリック注射剤市場、製品タイプ別(モノクローナル抗体、免疫グロブリンジェネリック注射剤、インスリンジェネリック注射剤、血液因子ジェネリック注射剤、ペプチド抗生物質ジェネリック注射剤、ワクチンジェネリック注射剤、化学療法剤ジェネリック注射剤、その他)、分子タイプ別(小分子ジェネリック注射剤、大分子ジェネリック注射剤)、アプリケーション別(腫瘍学、感染症、糖尿病、血液疾患、中枢神経系疾患、心血管疾患、その他)、投与経路別、流通チャネル別、地域別などセグメントによって分割されています。

高度な医療施設に対する世界中の国の政府の必要性の高まり、および医療への支出の増加により、の予測期間中に市場は、大幅なCAGRで成長すると予想されています。さらに、現代の医療施設の開発のための研究開発の増加も、グローバルマーケットの成長に貢献するのに役立つことがさらに推定されています。世界銀行の統計によると、2017年には、GDPの合計9.896%が現在の医療費として世界中で観測されています。

世界のジェネリック注射剤市場レポートは、北米、ラテンアメリカ、ヨーロッパ、アジア太平洋、中東およびアフリカを含む地域に関する詳細な調査と分析にも焦点を当てています。

北米は、確立されたインフラストラクチャと研究開発費の増加により、市場シェアの点で世界をリードする地域です。一方、アジア太平洋地域も2022ー2030年の予測期間中に最大の成長率を示すと予想されます。 製薬セクターにおける政府支出の成長などの要因は、アジア太平洋地域全体のジェネリック注射剤市場に有利な成長見通しを生み出します。

世界のジェネリック注射剤市場は、地域に基づいてさらに区分されます。


北米(米国およびカナダ)市場規模、Y-O-Y成長、機会分析。
ラテンアメリカ(ブラジル、メキシコ、アルゼンチン、ラテンアメリカのその他の地域)市場規模、Y-O-Y成長及び機会分析。
アジア太平洋(中国、インド、日本、韓国、インドネシア、マレーシア、オーストラリア、ニュージーランド、アジア太平洋)市場規模、Y-O-Y成長及び機会分析。
中東及びアフリカ(イスラエル、GCC(サウジアラビア、アラブ首長国連邦、バーレーン、クウェート、カタール、オマーン)、北アフリカ、南アフリカ、中東およびアフリカのその他の地域)市場規模、Y-O-Y成長及び機会分析。

一方、ヘルスケア業界では、主に世界中に広まったグローバルなパンデミックCOVID-19の恩恵を受けています。世界中で多くの命を奪われている現在のパンデミックにより、ヘルスケア業界では多くの機会が生み出されています。業界はまた、世界的なパンデミックのために、いくつかの新しいプレーヤーからの参加を観察しました。

世界のジェネリック注射剤市場の主要企業

このレポートは、世界のジェネリック注射剤市場におけるSamsung Biologics Co Ltd、Aurobindo Pharma Limited、Sun Pharmaceutical Industries Ltd.、Novartis AG、Merck & Co. Inc.、Cipla Ltd、Pfizer Inc、Fresenius Kabi、Sanofi S.A、AstraZeneca Plcなどキープレーヤーにさらに焦点を当てています。

レポートのサンプルURL: https://www.kennethresearch.com/sample-request-10347518

Kenneth Research会社概要
Kenneth Researchは、マルチクライアントの市場調査レポートのディストリビューターで、ビジネスプロフェッショナルが将来の拡張に向けたビジネスプランの戦略を立てるのを支援します。シンジケートされた市場調査レポートの大規模なデータベースの存在とレポートのカスタマイズの範囲の助けを借りて、プラットフォームは、業界の専門家が最終目標を達成するための幅広い機会を提供します。Kenneth Researchは、消費財や食品、ヘルスケア、情報通信技術、エネルギーと電力、化学など、さまざまなレベルの業界にサービスを提供しています。
企業プレスリリース詳細へ
PR TIMESトップへ
本コーナーの内容に関するお問い合わせ、または掲載についてのお問い合わせは株式会社 PR TIMES ()までご連絡ください。製品、サービスなどに関するお問い合わせは、それぞれの発表企業・団体にご連絡ください。

関連記事(PRTIMES)