医療・医薬・福祉

木下グループ、埼玉県の高齢者施設等の職員を対象としたPCR検査、約5万4000件を受託【実施期間】2021 年 8 月 18 日~9 月 8 日

株式会社木下グループ
東京都の高齢者施設職員向けにも 3 カ月間の約 60 万件の PCR 検査を受託

株式会社木下グループ(東京都新宿区、グループCEO 木下直哉)は、埼玉県が高齢者施設などの職員を対象に実施するPCR検査、約5万4000件を当社にて受託することが決定しましたので、お知らせします。 この度実施するPCR検査は、埼玉県内にある約1,500箇所の高齢者施設に従事する職員が対象です。 実施期間は2021年8月18日~9月8日です。本件の詳細は( https://www.pref.saitama.lg.jp/a0603/shisetsu_pcr.html )をご覧ください。 なお、木下グループでは東京都と連携して、都内の高齢者施設でもPCR検査を受託しています。7月5日~9月30日の3ヵ月間で、最大でおよそ60万件のPCR検査を実施予定です。( https://www.fukushihoken.metro.tokyo.lg.jp/kourei/hoken/kaigo_lib/pcrkit.html )


木下グループでは、政府や地方自治体と連携し、高精度のPCR検査を安価で提供する「木下グループ新型コロナPCR検査センター」を全国に15店舗展開しています。同検査センターは、木下工務店、木下不動産、木下のリフォーム、木下抗菌サービス、医療法人社団 和光会など、グループ内の事業ノウハウを結集して実現しました。木下グループでは、みなさまの安心・安全な毎日と、一日も早い経済回復のため、新型コロナウイルスにグループ全体で取り組んでいます。

<直近の実績に関して>
木下グループでは、今年2月のプロ野球春季キャンプに合わせて読売巨人軍が沖縄・那覇に開設したPCR検査センターの運営をサポート、9球団のほかJリーグの4チーム、現地の球場やホテルスタッフ、報道関係者など合計8,000人以上のPCR検査を実施しました。また、ANAセールスと共同でPCR検査付きの旅行パッケージも展開、そのほか日本財団による「高齢者施設で働く方への定期的な無料PCR検査」(1日約5,000件)の運営サポートや、内閣官房の新型コロナウイルス感染症対策である「羽田空港等から北海道・沖縄県内の空港及び広島・福岡・鹿児島空港へ向かう便の搭乗者を対象とした無料のPCR検査・抗原定量検査を行って感染状況をモニタリング」への協力なども行っています。現在では、各店舗および企業団体向けの集配式検査など併せて、1日あたり約50,000件のPCR検査を実施し、グループ全体ではこれまでに合計で500万件以上の検査を実施しました。

■木下グループ新型コロナPCR検査センター: https://covid-kensa.com/

■会社概要

社 名: 株式会社 木下グループ
設 立: 1990年10月
代表者: 木下 直哉 (代表取締役社長兼グループCEO)
本 社: 東京都新宿区西新宿6-5-1
URL: https://www.kinoshita-group.co.jp/

企業プレスリリース詳細へ
PR TIMESトップへ
本コーナーの内容に関するお問い合わせ、または掲載についてのお問い合わせは株式会社 PR TIMES ()までご連絡ください。製品、サービスなどに関するお問い合わせは、それぞれの発表企業・団体にご連絡ください。

関連記事(PRTIMES)