医療・医薬・福祉 企業向けシステム・通信・機器

1本のワクチンも、無駄にしない ワクチン余剰マッチングシステムの試験運用開始

アルカディアシステムズ株式会社
~試験運用に参加いただける医療施設を募集~

医療システムソリューション等を提供するアルカディア・システムズ株式会社(本社:大阪市淀川区)は医療法人なごみ会 岸辺くすのき透析クリニック(吹田市)、福岡県福岡市東区の医療法人やまびこ会 福岡東ほばしらクリニック(福岡市東区)等と協力し、簡単な入力だけで、キャンセル待ち希望者と余ったワクチンを自動でマッチングするシステム(ワクチン余剰マッチングシステム:VAMCS ヴァンクス)を開発。8月に複数施設で試験運用を実施予定、9月には全国で展開を図る予定です。 試験運用を経て全国の医療施設で運用が進むよう、報道機関に皆様におかれましては、広くご紹介いただき、利用する医療機関、利用者が集まるようご協力いただければ幸甚です。


報道関係各位
2021年8月23日
アルカディア・システムズ株式会社

現在、ワクチン不足が顕在化し、1本でも貴重なワクチンですが、一般接種が進むにつれて急なキャンセルが出た場合、接種対象者を確保することは難しい状況となっています。また、キャンセル待ちを運用している施設も、電話連絡やキャンセル待ちリストの管理など業務負荷が増えるため、取り組みたくても取り組めない施設も多いのが現状です。
そこで、協力施設の指導の下、簡単なワクチンの余剰登録をするだけで、メールで自動マッチングするシステム(ワクチン余剰マッチングシステム:VAMCS ヴァンクス)を開発しました。

本システム紹介URL: https://vamcs.jp


VAMCSの概要

システムの全体構成
キャンセル待ちを希望する人が、VAMCSに登録し、一人5施設のキャンセル待ち施設を登録。
医療施設がワクチンの余剰登録をするとキャンセル待ちの順番に自動でメールを送信。
15分毎に次の人へとマッチングするまでメールを送信。その時に医療施設に来院できる人をマッチングします。


キャンセル待ち希望者の流れ
1.個人情報登録
必要事項を入力します。


2.キャンセル待ちする施設の登録
地図上で、キャンセル待ちできる施設が表示されます。一人当たり5施設まで登録することができます。



3.マッチングメールへの応諾
施設が余剰登録するとキャンセル待ちリストの上位の希望者に対して、メールでお知らせが送信されます。
有効期限内(メール到着から15分以内)にシステムに応諾の入力をすることで接種予約が完了します。




4.接種する医療施設へ
接種する医療施設にてワクチンを接種していただきます。


5.メールに応諾できない場合
自動メールは15分毎に次々と制限時間(施設が設定)まで送信されます。
ワクチンは希釈後6時間で利用できなくなるため、すぐに応諾できる方をマッチングできるようにしています。

<医療施設の流れ>
1.施設情報登録
2.余剰ワクチンの登録
「希釈時間」「受付終了時間」「ワクチン種類」「余剰数(シリンジ単位)」を入力するだけでマッチングが始まります。


3.応諾結果の確認
自動マッチングの結果はリアルタイムで確認が可能です。



試験運用の概要

<試験運用の開始>
 8月17日現在、下記の施設で試験運用中。(申込順)
 (1)福岡東ほばしらクリニック 様 (福岡県福岡市)
 (2)岸辺くすのき透析クリニック 様 (大阪府吹田市)
 (3)横田クリニック 様 (大阪府大阪市)
 (4)下地診療所 様 (沖縄県宮古島市)
 (5)大正くすのきクリニック 様 (大阪府大阪市)
 (6)一般財団法人 医療情報健康財団 様(福岡県福岡市)
 (7)中馬病院 様(兵庫県尼崎市)

<試験運用への参加施設の募集>
現在、試験運用に参加いただける施設を募集しております。
試験運用いただける場合は、本システムを無償でご利用いただき、システムについてのご意見をいただきたいと考えております。(9月以降も無償提供)
試験運用に参加いただける施設は下記のメールアドレスにご連絡ください。
 ▶ support@vamcs.jp
詳細の内容をメールにてご返信いたします。


今後の計画

本番運用開始>
2021年9月より本番運用を開始します。
メールに加えて、LINEでもお知らせを受け取れるように開発予定です。

システムの利用について
システムの利用について、接種希望者は無料で利用できます。
医療施設は、月額2,000円(税抜)でご利用できます。
より多くの施設に利用いただくことで、1本でもワクチンを無駄にしないようにするための価格設定としております。


VAMCSのネーミングについて名前に込めた想い

英語表記:Vaccines available matching circle system for COVID-19としています。
Circleは循環、円、和を意味しますので、余剰ワクチンをマッチングして循環させることを表現しておりますが、このシステムが、みんなで協力して新型コロナウイルスとの闘いに打ち勝てるように願いを込めて付けました。
一施設、一人でも多くの方々がご利用いただくことにより、有効なシステムとなりますので、報道関係に取り上げていただくことで、皆様のこのシステムが普及するきっかけになれば幸いです。


アルカディア・システムズ株式会社について

1988年の創業以来、ITの分野に特化し、医療現場で役に立つソリューションを提供。
2021年2月に東京都透析医会、東京都臨床工学技士会と医工連携として、DIEMAS(緊急時透析情報共有マッピングシステム)を開発。他に自社の医療系パッケージシステムとして、CEIA(医療機器管理システム)とSeraph(透析業務支援システム)がある。

<会社概要>
●会社名:アルカディア・システムズ株式会社(Arcadia Systems Inc.)
●所在地:大阪府大阪市淀川区西中島6丁目1番1号 新大阪プライムタワー20階
●設立:1988年5月12日
●代表取締役:小幡忠信
●事業内容:医療システムソリューション、ヘルスケア事業、技術支援、システムソリューション事業、
●コーポレートサイト:https://arc-mec.com/ 

本リリースに関するお問い合わせ先
アルカディア・システムズ株式会社  担当:和田知也
TEL:06-6390-0051 E-Mail: support@vamcs.jp



企業プレスリリース詳細へ
PR TIMESトップへ
本コーナーの内容に関するお問い合わせ、または掲載についてのお問い合わせは株式会社 PR TIMES ()までご連絡ください。製品、サービスなどに関するお問い合わせは、それぞれの発表企業・団体にご連絡ください。

関連記事(PRTIMES)