住宅・建築・建設 医療・医薬・福祉

デジタルサイネージを活用したシニア向けイベント配信

株式会社ファミリーネット・ジャパン
-茨城県牛久市に建つ「サンミットひたち野東ステーションフロント」へ新たな付加価値を提供-

サンヨーホームズが供給するシニア向け分譲マンション入居者へアクティブシニア向けサービスの試験提供を8月27日より開始します。




サンヨーホームズ株式会社(代表取締役社長:松岡久志、本社:大阪市西区、以下「サンヨーホームズ」)は、株式会社ファミリーネット・ジャパン(代表取締役:黒川健、本社:東京都港区、以下「FNJ」)とともに、サンヨーホームズが供給するシニア向け分譲マンション「サンミットひたち野東ステーションフロント」入居者へアクティブシニア向けサービスの試験提供を8月27日より開始します。

シニア向け分譲マンション[サンミットひたち野東ステーションフロントについて]
「げんきなみらいにつながる暮らし」をコンセプトに、入居者専用レストランや大浴場をはじめフィットネスルームなど充実した共用設備や、総合病院との医療連携や24時間有人によるサポートも提供するシニア向け分譲マンションです。
JR常磐線「ひたち野うしく」駅へ専用デッキで直結し都心までの移動もスムーズな立地であるため、2020年末のご入居開始以来、「アクティブシニア」と表される趣味やセカンドライフに対して、意欲的に活動する高齢者層からの問い合わせを多く頂戴しています。
そのため両社は入居者コミュニティの魅力を高める付加価値サービスを共同で検討し、入居者の日々の暮らしや健康寿命延伸に役立つソフトサービスを試験提供する事としました。


[提供するサービス概要]
マンション内に設けられたコンシェルジュカウンターにFNJが提供するデジタルサイネージを設置し、日々のマンション掲示板としての用途にとどまらず、アクティブシニア層が興味・関心を持つ「お出かけイベント情報」を配信します。
入居者はマンション入退館のタイミングで気軽に足を止め、「お出かけイベント情報」をチェックし、自身の嗜好ものや入居者同士楽しめそうなイベントなどを気軽に参加申込ができます。各種イベントは、年間約2,500件を超えるシニア向けイベントを長年にわたって手掛ける一般社団法人日本セカンドライフ協会(理事長:水越征雄、事務局:東京都千代田区)と株式会社ファミリーネット・ジャパンが提携し入居者へ発信します。
デジタルサイネージはタッチパネル式で、高齢者の方でも直感的な操作を可能にしています。また、常駐するコンシェルジュが必要に応じて操作をサポートし、デジタル機器に不慣れな入居者でも安心してご利用頂けます。

[今後の展開]
今回の試験提供は2023年7月までを予定しています。試験期間中、利用者アンケートや座談会の開催を通じて、入居者の健康促進の向上度合い等を検証していく計画です。
また両社は、同試験の事例を踏まえながら他物件への提供を検討していきます。
企業プレスリリース詳細へ
PR TIMESトップへ
本コーナーの内容に関するお問い合わせ、または掲載についてのお問い合わせは株式会社 PR TIMES ()までご連絡ください。製品、サービスなどに関するお問い合わせは、それぞれの発表企業・団体にご連絡ください。

関連記事(PRTIMES)