美容・健康

「安藤百福賞 発明発見奨励賞受賞」で注目の素材「キチンナノファイバー」を配合した日本初のサプリメント「ナノゼリー」を発売。

富士バイオ株式会社
鳥取大学とキトサンサプリのパイオニア富士バイオの共同研究実施

富士バイオ株式会社(静岡県富士市横割5-13-11、代表取締役社長:亀井清至)は、注目の新素材「キチンナノファイバー」を配合したスティックゼリータイプのサプリメント「ナノゼリー」を、2019年2月27日より同社インターネットショッピングサイト(FBサプリ https://www.fb-sup.com/ )にて販売開始しました。


日本初キチンナノファイバー配合サプリメント【ナノゼリー】
開発の背景
「ナノゼリー」の主成分「キチンナノファイバー」は、カニ殼から抽出したキチンを、直径約10ナノメートル(髪の毛の1万分の1)というサイズまで微細に加工した動物性の食物繊維です。この成分の研究は主に鳥取大学で進められ、同地ではカニの水揚げが日本一ということもあり、廃棄処理に頭を悩ませていたカニ殼の有効な利用方法として、食品以外にも医療、化粧品や農業などの幅広い分野での応用が期待されています。
また、研究の第一人者である伊福伸介教授(鳥取大学大学院工学研究科)は、本成分の食品への活用をテーマとした業績が認められ、本年度の「安藤百福賞 発明発見奨励賞」を受賞するなど、今後の新たな食品開発へと期待が寄せられています。(安藤百福賞の授賞式は、東京で3月12日開催 http://www.ando-zaidan.jp/html/syoku_nr2018.pdf

弊社では、1986年にキチン・キトサン配合のサプリメントを世界で初めて製品化しており、そのノウハウをもって2016年から鳥取大学との共同研究や、同大学発のベンチャー企業らと協同で、新素材の製品化に向けた開発を進めてきました。

商品の特徴
今回発売した「ナノゼリー」にはキチンナノファイバーの他、表面キトサン化キチンナノファイバー」「植物性ナノ型乳酸菌といった、お腹で働く成分を中心に、ストレスの多い現代人の生活に活躍が期待されているGABA(ギャバ)を配合することで、身体の内側と心の両側面から、総合的な健康維持増進を目的とするサプリメントとして、日々子育てや仕事に頑張る女性を中心にお役立ていただけるよう企画しています。

また、キトサンはダイエット食品としても人気のある成分です。「表面キトサン化キチンナノファイバー」は、プラスに荷電しているというキトサンだけが持つ特徴的な性質も維持していますので、従来のキトサンで蓄積された様々な機能性を損なうことなく、美容の面でも効果を発揮できると考えています。

商品の概要
商品名:ナノゼリー
形状:スティックタイプのゼリー
内容量:300g(10g×30包)
有効成分:(キチンナノファイバー、表面キトサン化キチンナノファイバー):各30mg、植物性ナノ型乳酸菌:50mg、GABA:50mg
摂取量:1日1~3包
価格:6,000円+消費税
販売サイト:FBサプリ https://www.fb-sup.com/SHOP/251543/251542/list.html
食べやすい乳酸菌飲料風味、スティックゼリータイプ
会社概要
商号:富士バイオ株式会社
代表者:代表取締役 亀井清至
所在地:〒416-0944 静岡県富士市横割5-13-11
設立:1971年5月
資本金:2千万円
事業内容:キチン・キトサンに特化したサプリメントと化粧品の企画販売。1986年世界初のキチン・キトサン入り健康食品「カニパック」を発売。
日本キチン・キトサン学会賛助会員、東京都医師協同組合連合会指定業者、公益財団法人日本健康・栄養食品協会会員。
URL:http://www.fujibio.co.jp/

お客様からのお問い合わせ先
富士バイオ株式会社
TEL:0120-5-22810(平日9:00~18:00,土日祝休)
Mail : ask@fujibio.co.jp
企業プレスリリース詳細へ
PRTIMESトップへ
本コーナーの内容に関するお問い合わせ、または掲載についてのお問い合わせは株式会社 PR TIMES ()までご連絡ください。製品、サービスなどに関するお問い合わせは、それぞれの発表企業・団体にご連絡ください。

関連記事(PRTIMES)

横浜市立大学医学部医学科同窓会 倶進会